神戸山口組を裏切った組。 神戸山口組でまたしても大御所が引退…山健組にも「分裂」の危機感高まる

五代目山健組「信賞必罰」と絆會「常在戦場」…神戸山口組離脱の両組織が組指針を同日発表

歴代組長 氏名 在任期間 備考 初代 - 2代 1925年 - 山口春吉の実子 3代 - 4代 - 組長 5代 - 二代目組長 6代 2005年 - 組長、二代目総裁 歴代若頭 山口組における「」は、「組長」に次ぐナンバー2の立ち位置にあたり、にいう「理事長」、にいう「」や「」、にいう「」に相当する。 五代目(2018年~): 執行部 [ ] 役職 氏名 率いる三次団体 本拠地 組長 平野勇治 二代目極心連合橋本会 足立区北千住 若頭 西川良男 六代目健竜会 兵庫県神戸市兵庫区 若頭補佐 中橋勝久 中橋組 長崎県長崎市 若頭補佐 藤森吉晴 二代目松藤組 愛知県名古屋市中区 若頭補佐 水田忠好 三代目村正組 兵庫県姫路市 本部長 物部浩久 三代目 岡山県岡山市中区 その他の組員 [ ] 舎弟 [ ]• 山田浩二(愛誠会 会長) 幹部 [ ]•。 佐々木勇仁 佐々木組組長 若中 [ ]• 四代目 舎弟頭補佐・森尾卯太男(会長) - 後に六代目山口組若中 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]. 平成30年度 - 一燈照隅(一人ひとりが一隅を照らすことになれば、人の和が成り立つこと) 構成 [ ] 役職 氏名 二次団体 本部 組長 兵庫県神戸市 副組長 二代目 大阪府大阪市 若頭 寺岡修 兵庫県淡路市 最高顧問 池田孝志(金孝志) 岡山県岡山市 総本部長 正木年男(朴年男) 福井県敦賀市 本部長 毛利善長 大阪府吹田市 舎弟頭補佐 藤原健治 三代目 岡山県玉野市 舎弟頭補佐 太田守正 大阪府大阪市 若頭補佐 剣政和(笹昭) 二代目 大阪府大阪市 若頭補佐 山本彰彦 二代目 愛媛県松山市 若頭補佐 中田広志 五代目 兵庫県神戸市 顧問 奥浦清司(金哲清) 大阪府東大阪市 舎弟 岡本久男 二代目 兵庫県神戸市 舎弟 宮下和美 二代目 兵庫県神戸市 舎弟 須ノ内祥吾 二代目 大阪府大阪市 舎弟 安岡俊蔵 大阪府大阪市 舎弟 竹森竜治 四代目 大阪府大阪市 舎弟 大澤忠興 三代目 茨城県石岡市 幹部 高橋久雄 京都府京都市 若中 藤田恭道(藤田恭右) 二代目 大阪府大阪市 若中 小嶋恵介 二代目 大阪府堺市 若中 青木和重 北海道札幌市 若中 仲村石松 三代目古川組 兵庫県尼崎市 出典 [ ] []• 概要 [ ] 警察当局の資料によれば構成員の総数は(平成17年)頃に約4,000人 と推定され、本部直参は約78人、構成員・準構成員ともに約2,000人ずつの大勢力となっていた。

12
弾が体内で軌道を変える 事件当日、池田組では4年前の5月31日に六代目側・三代目弘道会 竹内照明会長=愛知 傘下の山本英之組員 のちに脱退 によって射殺された髙木昇若頭の法要を、岡山市内の墓所で執り行っていた。

神戸山口組の一角がまたしても崩れる…最高幹部が引退、二代目宅見組にも動きが

。 。

3

神戸山口組・井上邦雄組長の胸中は――酒梅組・吉村総裁“実刑判決”余波 (2021年2月7日)

。 。 。

8

「若頭の刺傷からガタガタし始めた」名門・山健組が神戸山口組から独立宣言《勾留中の組長が指令》

。 。

7

神戸山口組・井上邦雄組長の胸中は――酒梅組・吉村総裁“実刑判決”余波 (2021年2月7日)

19
。 。

神戸山口組を裏切った組

11