呪術 廻 戦 夢 小説。 呪術廻戦|夢物語

『呪術廻戦の彼らと…? 【短編】』

五条さんはあっという間に化け物を倒して、私に話をした 曰く、この世には負の感情が具現化した化け物である呪霊がいて、人を襲う、また、その呪霊を狩ることを生業とする、呪術師という職業があるという 呪霊は呪力という力を持っている呪術師でしか倒せないが、私にはその力があり、物を動かしていたのは私の力だという 五条さんは私に呪術師になってほしいらしく、私を勧誘してきた 私はその質問にはいと答えた、なぜなら今回のことで実感したからだ、今私が生きているのは現実なのだと 私はずっと夢見心地だった、希望を持ち、なにもかも思い通りに行く気になっていた、だが違った、現実なのだ だから私は呪術師になることにした、本気で生きたいからだ、五条さん曰く、呪術師にならなければ腐った上層部とやらに無理矢理呪術師にされるらしい だが、そんなことは嫌だ、もう流されるまま中途半端に生きるのは嫌なのだ、だから、本気で呪術師を目指すことにした.。 。

にゃん【呪術廻戦】

。 。 。

12

プロのぶりっ子、始めました。【呪術廻戦】

。 。

8

わたしの魂はバグってるー2【呪術廻戦】

17
。 。

わたしの魂はバグってるー2【呪術廻戦】

20

最近、呪術廻戦で夢小説(?)や夢絵(?)を書かれてる方達が事...

。 。 。

14
。 。

最近、呪術廻戦で夢小説(?)や夢絵(?)を書かれてる方達が事...

。 。