上 から 読ん でも 下 から 読ん でも 同じ 言葉。 ことば遊び5回文

ことば遊び5回文

回文 単語限定なんですよね? 知っているものだけちょっと並べてみます・・ ちょっと以前メモをしたノートを発見しましたので) ちなみにですが#1さんがおっしゃるように回文は単語も含めて「palindromes」と呼びますよ。 私が中学生の頃、英語の授業で、英文、「 To be to be ten made to be(トウ ビ トウ ビ テン メイド トウ ビ)」とはどういう意味か? との問題が出され、四苦八苦したことがあります。 御宝(おたから)でもあり、多くは、米俵、宝貨を積んだ帆掛船、 宝船の絵に 七福神を描き、 回文歌(かいぶんうた)、「 ながきよの とをのねぶりの みな めざめ なみ のりぶねのおと のよきかな(長き夜の 遠の眠りの 皆目覚め 波乗り船の 音の良きかな)」などを書き添えました。

16
回文 単語限定なんですよね? 知っているものだけちょっと並べてみます・・ ちょっと以前メモをしたノートを発見しましたので) ちなみにですが#1さんがおっしゃるように回文は単語も含めて「palindromes」と呼びますよ。 吉原の妓楼(ぎろう)大文字屋の主、村田市兵衛(1754~1828)は、狂名を加保茶元成(かぼちゃもとなり)といったが、ある人が 放屁をした時、かたえの人が腹をかかえて笑い、これを 回文の歌に詠めと注文すると、 へ々々々々々々々々々々々々々々々々 へ々々々々々々々々々々々々々々々々、と詠んだという。

回文(かいぶん、言葉遊び)、上から読んでも下から読んでも同音(和歌、俳句、和文、英文)、七福神宝船(初夢)と回文歌(ながきよの とをのねぶりの)、とは(2011.8.24): 歴史散歩とサイエンスの話題

英文にも回文があり、その最も有名なのは、「 ABLE WAS I ERE I SAW ELBA(訳は、エルバ島を見るまでは不可能ということを知らなかった)」 これは、ナポレオンの言葉をもじったものです。 。

「このライオンおいらの子?」 「関係ないケンカ」 「理科係」 「昼飯の楽しめる日」 「夜、ニンジン煮るよ」 「ムシ鳴かず、悲しむ」 「けったいな仔猫、鳴いたっけ」 「ん、どうしよう・・・よし!うどん」 「ヨロシクしろよ!」 「軽い海豚」 ちょっと大人向き(?)に・・・『』内のか回文です。

ことば遊び5回文

俳句では、「岸に咲く 色気も軽い 草にしき( きしにさく いろけもけろい くさにしき)」、「啄木鳥の 飛ぶや小薮と 軒つづき( きづつきの とぶやこやぶと のきつづき)」、「消ゆる子の 片目に見たか のこる雪( きゆるこの かたみにみたか のこるゆき)」、などが代表的なものです。 その他、「 Madam, I'm Adam (マダム、私はマダムです)」は、よく知られている英文の回文です。

6
吉原の妓楼(ぎろう)大文字屋の主、村田市兵衛(1754~1828)は、狂名を加保茶元成(かぼちゃもとなり)といったが、ある人が 放屁をした時、かたえの人が腹をかかえて笑い、これを 回文の歌に詠めと注文すると、 へ々々々々々々々々々々々々々々々々 へ々々々々々々々々々々々々々々々々、と詠んだという。 (参考文献) 新村出編: 広辞苑、岩波書店(1991); 樋口清之監修: 生活歳時記、p.57、七福神の由来、p.195、最も長い回文、三宝出版(1994). (参考資料) 七福神の神使(神使の館): . (追加説明) 七福神(しちふくじん)とは、恵比寿(えびす、日本)、大黒(だいこく、インド)、毘沙門(びしゃもん、インド)、弁天(べんてん、インド)、布袋(ほてい、中国)、福禄寿(ふくろくじゅ、中国)、寿老人(じゅろうじん、中国)の七人の神様です。

上 から 読ん でも 下 から 読ん でも 同じ 言葉

, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,. この文は、ローマ字読みすればよく、「トベ トベ テンマデ トベ(飛べ 飛べ 天まで 飛べ)」が名訳!との言葉遊びが正解であったことを思い出します。

6
最も長い 回文は、江戸時代、1661年(寛文元年)、 水車集(紙屋川水車集、第一、詞書)にある、「はれけき先の つま香を求めむ 色白い梅とも 岡松の木 咲きけれは( はれけきさきの つまかをもとめむ いろしろい むめとも をかまつ のき さきけれは) 」というもので、41文字もあります。 最も長い 回文は、江戸時代、1661年(寛文元年)、 水車集(紙屋川水車集、第一、詞書)にある、「はれけき先の つま香を求めむ 色白い梅とも 岡松の木 咲きけれは( はれけきさきの つまかをもとめむ いろしろい むめとも をかまつ のき さきけれは) 」というもので、41文字もあります。

上 から 読ん でも 下 から 読ん でも 同じ 言葉

日本には、昔から、「竹藪焼けた( たけやぶやけた)、竹屋が焼けた( たけやがやけた)」、「磨かぬ鏡( みがかぬかがみ)」、「私負けましたわ( わたしまけましたわ)」、「ダンスがすんだ( だんすがすんだ)」など、私が小学生の頃にもよく口ずさんだ回文があります。

5

回文(かいぶん、言葉遊び)、上から読んでも下から読んでも同音(和歌、俳句、和文、英文)、七福神宝船(初夢)と回文歌(ながきよの とをのねぶりの)、とは(2011.8.24): 歴史散歩とサイエンスの話題

。 。

。 。