サピア ウォーフ の 仮説。 #1328. '''サピア=ウォーフの仮説'''の検証不能性

サピア=ウォーフの仮説:Sapir

。 — Mandelbaum, 1951 批判 [ ] たとえば『言語を生みだす本能』 The Language Instinct では(言語本能説に立ち)人の思考は普遍的な心的言語で行われるものである、人は、生得的に持つルール(文法)の上に、母語の文法を習得していくのである、と述べられている。 "A boy meets a girl means a girl meets a boy. 4、編者キャロル 「サピア=ウォーフの仮説」の出典は結局 1956 年に、 John B. それがロマンさ! 笑 言語によって変わるなら、 マルチリンガルは思考をどの言語に影響されるのか? 両親が別の言語を母語としていて、物心ついた頃には2か国語を習得している子どもは、成長したらどちらの言語を思考の根本とするのか? 最も主要に使われる、その言語の単語や文法形式によって思考は形成されるのだろうか。

Murray, Edward Sapir and the Chicago School of Sociology, in: New Perspectives in Language, Culture, and Personality: Proceedings of the Edward Sapir Centenary Conference Ottawa, 1—3 October 1984 Edited by William Cowan, Michael Foster and E. サピア=ウォーフの仮説の検証不能性」 にあるように,そもそも決着をつけられないタイプの問題かもしれないのだが,言語,認知,世界観,文化といった項目がいかなる相互関係にあるのかに関する哲学的思索を促す壮大な論点として,今も人々に魅力を放ち続けている.一度じっくり考えてもらいたい. [ ] Powered by based on. Dionysos: Archetypal Image of Indestructible Life. 空のドラム缶 ガソリンを入れるのに使っていた空のドラム缶( empty gasoline drum)があり、実際にはガソリンが気化した燃焼性のガスで充満していたにもかかわらず、そのそばでタバコを吸って事故が起きた。 "A boy meets a girl means a girl meets a boy. Carroll によって選択されてまとめられた ""Language , Thought and Reality" という論文集である。

世界の言語には,どのような親族名称のパターンがあるでしょうか

4、編者キャロル 「サピア=ウォーフの仮説」の出典は結局 1956 年に、 John B. さらに、その後、フンボルトが『諸言語の民族的性格について』(1822)や『人間言語構造の多様性と人類の精神的発展へのその影響について Ueber die Verschiedenheit des menschlichen Sprachbaus und ihren Einfluss auf die geistige Entwicklung des Menschengeschlechts』 (1830-35年)を著し、ヴァイスゲルバーが『母語の言語学』(1963)の中で、母語が人間の精神内部に形成する中間世界について述べているのも、言語相対論の姿勢である。

119). 第3に,かりに相関関係が検証できたとしても,相関関係がすなわち因果関係ではない.A と B が相関していたとしても,A が原因で B が結果なのか,あるいはその逆なのかは,別に検証しなければならない.通常,時間的に先立つものが原因とされるが,言語と文化の場合,どちらが時間的に先立つのかを知ることはできない(服部,pp. サピア=ウォーフの仮説:Sapir-Whorf hypothesis サピア=ウォーフの仮説 Sapir-Whorf hypothesis 解説: 言語が人間の認識を形作るという学問上の見解である。 — Mandelbaum, 1951 批判 [ ] たとえば『言語を生みだす本能』 The Language Instinct では(言語本能説に立ち)人の思考は普遍的な心的言語で行われるものである、人は、生得的に持つルール(文法)の上に、母語の文法を習得していくのである、と述べられている。

「サピア・ウォーフの仮説」が隠しつづける何か

The worlds in which different societies live are distinct worlds, not merely the same world with the different labels attached. さらに興味深いことは選集の最後に置かれた、表題と一語だけ違う論文 "Language , Mind and Reality" について、これは非専門家向けであるから、言語学の用語に忠実ではないが、専門家でない人々に向けて言語学を理解させようというとっぴで創造的な構想を持ったことこそがウォーフの偉大さを示している、という評価をつけている。

17
Whorf "Language , Mind and Reality" 1941 ハヤカワ " Language in Action" 1941 杉本鉞子 『お鏡お祖母さま』 1943 山川菊栄 『武家の女性』 柳田国男への謝辞 1945 太平洋戦争 終結 1946 Ruth Benedict "The Chrysanthemum and the Sword" 1948 ベネディクト 『菊と刀』 1951 ベネディクト 『文化の諸様式』 1953 朝鮮戦争 終結 1956 J. 「言語か方言か」の記事セット」 に引き続き,英語学(社会言語学)のオンライン授業に向けた準備の副産物として hellog 記事セットを紹介する(授業用には解説付き音声ファイルを付しているが,ここでは無し). ・ サピア=ウォーフの仮説 は,最も注目されてきた言語学上の論点の1つである.本ブログでも折に触れて取り上げてきた話題だが,今回の授業用としては,主に語彙の問題に焦点を絞って記事を集め,構成してみた. 大多数の人々にとって,言語と文化が互いに関わりがあるということは自明だろう.しかし,具体的にどの点においてどの程度の関わりがあるのか.場合によっては,まったく関係のない部分もあるのではないか.今回の議論では,言語と文化の関係が一見すると自明のようでいて,よく考えてみると,実はさほどの関係がないかもしれないと思われるような現象にも注目し,同仮説に対するバランスを取った見方を提示したつもりである. いまだに決着のついていない仮説であるし,「 1328. Murray, Edward Sapir and the Chicago School of Sociology, in: New Perspectives in Language, Culture, and Personality: Proceedings of the Edward Sapir Centenary Conference Ottawa, 1—3 October 1984 Edited by William Cowan, Michael Foster and E. Cambridge: Cambridge University Press 1988. は1976年の『ディオニューソス』の英語訳を次のような序文で紹介した: The interdependence of thought and speech makes it clear that languages are not so much a means of expressing truth that has already been established, but are a means of discovering truth that was previously unknown. 言語相対性理論 ~サピア=ウォーフの仮説~ 基礎演習 豊村ゼミ 1999.11.30 発表者 松尾 勉 司会 中嶋 正美 私達が何かを考えるときには頭の中で無意識であっても言語を使用している。 Cambridge: Cambridge University Press 1988. サピアがシカゴの社会学者たちと良好な関係にあったこと、同 化に対するシカゴ学派の一般的枠内でのことではあるが英語以外の言語で書かれたアメリカ人の日記に関するロバート・パークの労作に示されている言語に対す る関心、ならびにG・H・ミードの社会哲学において言語に認められた重要性といったことを考えあわせると、何らかの形の社会言語学があの時点で生起しな かったのは意外というほかはない」(ヴァンカン、1999:171からの引用) 【文献】• 言語相対性理論 ~サピア=ウォーフの仮説~ 基礎演習 豊村ゼミ 1999.11.30 発表者 松尾 勉 司会 中嶋 正美 私達が何かを考えるときには頭の中で無意識であっても言語を使用している。

言語的相対論

3 wherein the formative text is cited as: Humboldt, W. だから冒頭に使った〈 meet 〉は当然〈会う・マミえる・見つめる〉の意味であって、〈見かけた〉や〈見えた〉ならば〈 saw 〉を使うことになる。 文法におけるジェンダーや動物の認識 言語相対論/言語決定論/サピア・ウォーフ仮説の違い ざっくり言うと、言語相対論の中には 「強い仮説」と 「弱い仮説」とあるのですが、 前者の「強い仮説」を言語決定論ということが多いです。 表1:ユピック・エスキモーの親族名称 (宮岡伯人『エスキモー 極北の文化誌』 p83を基に作成) さらに,その中の表にある11,12,13,14をみて,腰が砕けそうになりました。

10
国立研究協議会・ 心理学・人類学部門議長「パーソナリティと文化に関する委員会」 1932 「文化がパーソナリティにおよぼす影響につい て」国際セミナー Cultural Anthropology and Psychiatry, 1932 1933 アメリカ言語学会会長 1934 アメリカ学士院会員 The Emergence of the Concept of Personality in a Study of Culture, 1934 Personality, in Encyclopedia of Social Science ,1934 1937 持病の心臓病悪化 The Contribution of Psychiatry to an Understanding of Behavior in Society, 1937 1938 アメリカ人類学会会長 1939 心臓病で死亡(2月4日、享年55歳) 1897 マサチューセッツ州のウィンスロップに生まれる(April 24, 1897 in Winthrop, Massachusetts) 1918 MIT卒業(化学工学)ハートフォード火災保険会社()で防火技師として働く 1930 he received a grant to study the Nahuatl language in Mexico; on his return home he presented several influential papers on the language at linguistics conferences. Their diversity is a diversity not of sounds and signs but of ways of looking at the world. Whorf "Language , Mind and Reality" 1941 ハヤカワ " Language in Action" 1941 杉本鉞子 『お鏡お祖母さま』 1943 山川菊栄 『武家の女性』 柳田国男への謝辞 1945 太平洋戦争 終結 1946 Ruth Benedict "The Chrysanthemum and the Sword" 1948 ベネディクト 『菊と刀』 1951 ベネディクト 『文化の諸様式』 1953 朝鮮戦争 終結 1956 J. さらに、その後、フンボルトが『諸言語の民族的性格について』(1822)や『人間言語構造の多様性と人類の精神的発展へのその影響について Ueber die Verschiedenheit des menschlichen Sprachbaus und ihren Einfluss auf die geistige Entwicklung des Menschengeschlechts』 (1830-35年)を著し、ヴァイスゲルバーが『母語の言語学』(1963)の中で、母語が人間の精神内部に形成する中間世界について述べているのも、言語相対論の姿勢である。

言語相対性理論 ~サピア=ウォーフの仮説~

は1976年の『ディオニューソス』の英語訳を次のような序文で紹介した: The interdependence of thought and speech makes it clear that languages are not so much a means of expressing truth that has already been established, but are a means of discovering truth that was previously unknown. The fact of the matter is that the "real world" is to a large extent unconsciously built up on the language habits of the group. サピア=ウォーフの仮説の検証不能性」 にあるように,そもそも決着をつけられないタイプの問題かもしれないのだが,言語,認知,世界観,文化といった項目がいかなる相互関係にあるのかに関する哲学的思索を促す壮大な論点として,今も人々に魅力を放ち続けている.一度じっくり考えてもらいたい. [ ] Powered by based on. 3 wherein the formative text is cited as: Humboldt, W. 123--24). 以上のように,Whorf の強い仮説は検証不能であるから,科学の立場からは興味深い仮説ではないということになる.ただし,同仮説を,科学的な検証に耐えるように適切に再定式化することは可能かもしれない. なお,服部 125 は,同仮説は,哲学的には興味深い仮説であり続けていると締めくくっている.それは,「私たちの文化的経験を可能ならしめるものは何かという哲学的な問いに対する哲学的答え」である,と. ・ 服部 裕幸 『言語哲学入門』 勁草書房,2003年.. それはキャロルがウォーフの Hopi 語への分析をどのように礼賛しようとも、日本語への貢献が難しかった以上、土着の Hopi 族自身への貢献が優れたものであったと推量すべき積極的理由はないということでもある。

10
On language: The diversity of human language-structure and its influence on the mental development of mankind P. Their diversity is a diversity not of sounds and signs but of ways of looking at the world. Whorf "Linguistics as Exact Science " Technology, Review Dec. Carroll によって選択されてまとめられた ""Language , Thought and Reality" という論文集である。

#1328. '''サピア=ウォーフの仮説'''の検証不能性

サピア=ウォーフの仮説:Sapir-Whorf hypothesis サピア=ウォーフの仮説 Sapir-Whorf hypothesis 解説: 言語が人間の認識を形作るという学問上の見解である。

6
国立研究協議会・ 心理学・人類学部門議長「パーソナリティと文化に関する委員会」 1932 「文化がパーソナリティにおよぼす影響につい て」国際セミナー Cultural Anthropology and Psychiatry, 1932 1933 アメリカ言語学会会長 1934 アメリカ学士院会員 The Emergence of the Concept of Personality in a Study of Culture, 1934 Personality, in Encyclopedia of Social Science ,1934 1937 持病の心臓病悪化 The Contribution of Psychiatry to an Understanding of Behavior in Society, 1937 1938 アメリカ人類学会会長 1939 心臓病で死亡(2月4日、享年55歳) 1897 マサチューセッツ州のウィンスロップに生まれる(April 24, 1897 in Winthrop, Massachusetts) 1918 MIT卒業(化学工学)ハートフォード火災保険会社()で防火技師として働く 1930 he received a grant to study the Nahuatl language in Mexico; on his return home he presented several influential papers on the language at linguistics conferences. ウォーフ他 訳 池上嘉彦 1995年 脚注 [ ]• ---An Introduction to the Study of Speech. あるいは〈方法について〉の哲学概念である〈 mold ・ model 〉〈 pat ・ patch 〉〈 cast ・ casting 〉〈 star ・ staring 〉などの総称だからだ。