チュパカブラ 正体。 【チュパカブラ】中南米の吸血をする未確認生命とは何なのか?その正体が判明した!?

「チュパカブラ」家畜襲う謎の吸血生物の正体。なぜUFOと関連付けられるのか

もしかしたらその過程においてチュパカブラに関する実験などもおこなっていたのかも しれません ここまでは私の憶測も入れてのお話しなのですが、近年になって、チュパカブラの正体として 「ある生物」の存在が有力視されています それは、なんとコヨーテなのだそうです コヨーテが疥癬という皮膚の病気に感染すると、毛が抜け落ちてチュパカブラのような外見になるのだそうです さらに、疥癬に感染したコヨーテは体力も落ちて狩猟能力が低くなるので、家畜を狙うようになると言われています なので、チュパカブラの正体はコヨーテだ ということなのです しかし、疥癬に感染したコヨーテだけが家畜を襲っていたとは考えられないですね。 静岡のゴラム 2017年の8月1日にSNS上に とある謎の生物の写真が投稿されました その生物は人型をしていて、灰色の肌に少しだけ毛が生えており、大きな目はとび出ているようにも見えます その姿は、映画ロードオブザリングに登場する不気味な姿をしたクリーチャーである 「ゴラム」にそっくりだと話題になりました その「ゴラムのような生物」の死体が発見されたのは静岡県牧之原市に存在する静波海岸だそうです この海岸はレジャースポットとして人気で、サーフィンのスポットとしても人気があるのだそうです 「静岡のゴラム」が発見されたのは、SNSに投稿された日の前日である2017年7月31日でした 発見者の男性がサーフィンをしに訪れていたところ、浜に転がっていた謎の生物の死体を発見してしまったのです そして、男性はスマートフォンで撮影した写真を友人に送ったところ、あまりにも不気味な見た目の謎の生物だ ということで、 発見者の男性の友人がSNSに投稿したのでした 写っていた謎の生物の見た目のインパクトが凄まじくそれゆえに、あっという間にSNS上で拡散され、多くの人がその投稿に反応しました しかし奇妙なことに そのSNSの投稿は突如として削除され、投稿をしていたSNSのアカウントもIDが変えられてしまったのです 「これは、もしかしたら表には出てはいけない何かだったのかもしれない」とか、「どこかの施設から脱走して力尽きた 実験生物なのではないか」 というような憶測が飛び交いました さらに、日本に昔から伝わる妖怪である「河童」や「ヒョウスベ」なのではないか という説もありました 河童は皆さんもご存じだと思いますが、「ヒョウスベ」という妖怪は知っていましたか ヒョウスベは河童と同じように彼岸の時期になると、川と山を往来したりするなど、共通点があり似ているのですが、その存在は河童よりも古くから伝えられているとされています ひょーひょーという鳴き声を出すことから「ヒョウスベ」と呼ばれるようになったそうです ヒョウスベは奇妙で不気味な笑い声を上げるのですが、それにつられて自分も笑ってしまうと高熱が出て死んでしまうそうです。

棒状の体に羽のようなものが複数ついているその姿はまるで、約5億2,500万年前から5億500万年前の間に海中に存在していた 古代の節足動物である 「アノマロカリス」に似ていました アノマロカリスは古代の海において 「捕食者」というピラミッドの上部に存在しており、体長は数センチという小さなものから、 2メートルという巨大なアノマロカリスの化石も発見されています スカイフィッシュも同様で、数センチ程度のものから、大きいのだと30メートル程のものも存在したそうです また、スカイフィッシュの飛行速度は280キロ以上にもなるのだそうです。

「チュパカブラ」家畜襲う謎の吸血生物の正体。なぜUFOと関連付けられるのか

彼のチュパカブラに関する5年もの調査記録の集大成ともいえる本、「Tracking the Chupacabra: The Vampire Beast in Fact, Fiction and Folklore(チュパカブラの追跡。 。 非常に大きい足跡が残されており、ビッグフットとも呼ばれているイエティは、二足歩行をしており、身長は3メートル程にもなるといいます ヒマラヤの高地に住むシェルパ族でエベレスト登山のガイドを務めている人たちは、皆「イエティは存在する」と言うのだそうです そんなシェルパやヒマラヤの人々に伝わる 「イエティの痕跡」から採取したDNAを解析したところ、イエティの正体は、ホッキョクグマであると判明したのです 解析されたDNAは古代のホッキョクグマのものと一致していたのです もともと、ヒマラヤヒグマという種類が存在するのですが、クマは、生息域が近いと交配して混ざることがあるそうで、ホッキョクグマとヒマラヤヒグマが混ざり合い雑種となった物が イエティとして目撃されていた可能性もあります これまでに見つかっていた「イエティの骨」と伝えられている物も、解析するとクマである場合が多いそうです 確かにクマは直立しますし、立ちあがった時の身長も2メートルは優に超えて、3メートル以上の個体も発見されています 雪深いヒマラヤで、巨大なクマを発見したら、恐ろしさと同時に神々しさのようなものも感じるのでしょうか 見てみたい気もしますが、遭遇したくはないですね. 恐ろしいですよね しかし、静岡のゴラムの正体として最も有力なのは「アカゲザル」なのだそうです アカゲザルは特定外来生物に指定されており、繁殖力がとても強く在来種であるニホンザルとも混じり合ってしまっているのだそうです たしかに、海外で発見された「静岡のゴラム」には尻尾がありますし、脚の形なんかもサルですよね そして、肌が灰色で毛が抜けてしまっているのは「疥癬」という皮膚病にかかっているからではないか と言われています チュパカブラ 世界的に有名なUMAであるチュパカブラ スペイン語で「チュパ」は「吸う」という意味で 「カブラ」は「ヤギ」という意味です その名の通り、ヤギや家畜の血液を吸うという恐ろしいUMAなのです 主に南米での目撃情報が多く、1995年の2月頃からプエルトリコで目撃され始め、その後にメキシコやアルゼンチン、チリにおいても目撃情報が相次ぎました さらに、それらの南米での目撃情報のもっと前である1970年代のアメリカでは、「キャトルミューティレーション」と呼ばれる家畜の集団不審死事件が多発していたのですが、 その犯人はチュパカブラなのではないか と言われているのです その「キャトルミューティレーション」では前日まで健康だった牛や鶏などの家畜たちが一夜にして全身の血液を抜かれ、死んでしまうのです 身体には噛まれたような跡があったり、レーザーのような物で切られたような跡があったのだといいます さらに、キャトルミューティレーションが発生する前後には、周辺でUFOが多数目撃されていたことから、「チュパカブラはエイリアンなのではないか」とも言われていました もう一つは、「アメリカの実験で生まれた生物兵器」という説です 別の動画でもお話ししていますが、アメリカは東西冷戦時に、UFOに関する極秘計画をおこなっていました。

5
リスナーの皆さんの中にも、UMAの正体はいつまでも謎のままがいい! 様々な考察や議論をするのが面白い! という方もいると思います もちろん、私もその中の一人なのですが現代の科学や技術が進化していくにつれて解明される物や事象が多いのも事実なのです 逆に、現代の技術を持ってしても未だに解明できない事も多いのです。 無毛か、毛がかなり薄く、 脊髄 ( せきずい )(背骨)が盛り上がってるような感じ。

伝説のUMA「チュパカブラ」の正体は犬だった!?|@DIME アットダイム

結果、動物が死後に放置された場合、血液は体内の低くなっている場所に 溜 ( た )まり、そこで通常の血液成分(ようするに赤色の原因成分)は分解されたり、あるいは地面に染み込んでいったりして、見事に消えてしまう感じになることが判明している。 酒豪なのでしょうか 岐阜県では毎年 「ツチノコフェスタ」というイベントが開催されており、参加者たちが山菜採りなどをしながツチノコを捜索しています 捕獲者には賞金が出されるとの事で、2020年は賞金130万円だったそうです そんな国民的UMAであるツチノコの正体は、アオジタトカゲなのだと言われています アオジタトカゲはインドネシアやパプアニューギニアの草原に生息しているトカゲなのですが、あるのか無いのかわからないくらいに手足が非常に小さいので、 見た目はツチノコそのものなのです 日本でツチノコについての目撃情報が出始めたのは1970年代の始めなのですが、アオジタトカゲがペットとして輸入されるようになったのも同じ時期なのです 逃げ出したアオジタトカゲを発見した人が、その外見の奇妙さに驚いて 「ツチノコ」だと言ったのが始まりなのではないでしょうか イエティ ネパールやインド北部、チベットに跨る巨大なヒマラヤ山脈では、昔から雪男 イエティの存在が伝えられてきました。

3
ツチノコ 日本代表のUMAと言えばツチノコですよね 名前の由来は、「横槌」というハンマーに似て胴が太い形状であるため と言われています ツチノコが普通のヘビと異なる点は、いくつかあって、 まずは形ですね 胴体が太く中央部分が膨らんだような形状をしています そして、瞼があるそうです。 そして、後に残される被害動物の遺体には、2つか3つくらい針で刺したような、いわゆる 穿刺痕 ( せんしあと )だけが 傷痕 ( きずあと )として残り、血液は全てなくなっているというのが典型的。

【チュパカブラ】中南米の吸血をする未確認生命とは何なのか?その正体が判明した!?

。 。 。

10
。 。

【UMA】チュパカブラの目撃情報と正体

5
。 。

吸血UMA“チュパカブラ”の正体判明か (2019年6月28日)

。 。 。

4

チュパカブラ 正体

。 。

チュパカブラとは!?その正体が明らかに!?UMAの真実を大暴露

18
。 。

【2018最新版】チュパカブラの正体と捕獲映像を公開!

。 。

2