カミュ 記憶 喪失。 ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

誰か・・ 誰か、ひとひとり目の前で殺さねば!! カミュ: ・・・アルデバランなど、どうだ? 一同: (内心で)・・適任だ・・ アルデ:ば・・馬鹿を言うなっ。

11
こんな馬鹿な木偶の坊のひとりやふたり・・ 最も神に近いと言われる私の小宇宙をもってすれば、元に戻すのはたやすい事。だが、 真打ちは満を持して最後に登場するものだ。 ムウ:何だかんだ勿体を付けて、 結局手を貸すつもりはないと言う事ですね。

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

で・・ サガ:(なんとなく 続きを予想して、冷や汗をかきながら)・・・・で・・? カミュ:・・で、私と氷河でミロを 冷凍保管して、氷にしてここまで光速でやってきたのだ。 。 いきなり会話に加わってきた、新たな声の主の方を向いて。 一同: ・・・・シャカ・・・・!!! アルデ:(内心で)またまたやっかい至極な男が現れた・・(滝汗) カミュ:シャカよ、精神波なら、お前も得意なのではないか?お前の技はどれも 妖しい宗教の呪いがかけられてるのだろう? シャカ:ふっっっ・・・。

2
シャカ: まだそんな世迷い言を・・それならば 私が君のその最後の迷いを断ち切ってやろう!!・・・天宝輪印・・・お~~~むっっ!!! (いきなり) ぱあぁぁ~~~んんっっっ・・・ サガ: うわぁーーーーっっっ!!! シャカの攻撃がサガの頭上に落ち、サガがその場にうずくまる。一同が静かに見守る中・・サガの髪の色が、じわじわと変色してゆく・・ シャカ:さあ、さっさと出てきたまえ、 黒い方。そしてミロに精神攻撃をしかけるのだ。 竜宮城から戻ったら、周りがみんな若返ってた。 サガ:お前ら・・・(怒) 氷河:それで・・サガ、どうするんです?頭に衝撃を与えても、ミロの馬鹿さ加減は悪くなる一方だったのですが? 黄金最年長・・もとい黄金最強の誉れも高いサガの小宇宙が、攻撃的に高まってゆくのをかたわらで感じて。師の身に危険が迫りつつあると察した氷河が、慌ててサガの関心を逸らす。 サガ:う、む・・そうだな・・(考え込む)すでにお前たちがシベリアで、何度も試してみたのなら、同じ事をやっても意味がないな。

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

。 。 。

15

記憶喪失

。 。

5
。 。

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

。 。 。

4

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

。 。

記憶喪失

4
。 。

記憶喪失

5
。 。

記憶喪失

13

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

。 。 。

10
。 。

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

。 。 。

19
。 。

ドラクエ11 カミュが妹・マヤとのエピソードで性格イケメン過ぎ?

5
。 。