「日本人論」再考 (講談社学術文庫)。 「日本人論」再考 (豆瓣)

「日本人論」再考 (豆瓣)

『日本人のこころ』 2008年 『死をみつめて生きる 日本人の自然観と死生観』 2012年• 日本人論研究 [ ] 日本人論を研究した著作報告 [ ]• 萌の朱雀 小説・評論 [ ] 小説 [ ]• 『ジャポンヤ:イスラム系ロシア人の見た明治日本』 (小松香織、小松久男訳) 第三書館、1991年 - 徒による明治後期の日本人考(1909年来日)• 日本文化構造学研究会による総合構造的な日本人論の登場 [ ] ・2017年 『日本文化「自然の構造」』 日本文化構造学による日本文化の総合理論。

7
目次(「BOOK」データベースより) 第1部 「日本人論」の不安(「日本人論」が必要であった理由/「富国強兵」-日清・日露の高揚期/「近代の孤児」-昭和のだらだら坂)/第2部 「日本人論」の中の日本人たち(臣民ー昭和憲法による民主主義的臣民/国民ー明治憲法による天皇の国民/「市民」-タテ社会と世間 ほか)/第3部 これからの日本人論(これまでに日本人論が果たした役割/これからの日本人と日本人論) 著者情報(「BOOK」データベースより) 船曳建夫(フナビキタケオ) 1948年東京生まれ。

chat.natura.com.br: 「日本人è«

"Japan through American Eyes:The Journal of Francis Hall, Kanagawa and Yokohama, 1859-1866" edited by F. (Engelbert Kaempfer、 - 、)『廻国奇観』 、『日本誌』 (1690年来日)• (Anoldus Montanus van Bergen、 - 、)『日本誌』(別名『日本遺使紀行』『東インド会社遺使録』『オランダ東インド会社日本帝国遺使紀行』『オランダ連合東インド会社の日本皇帝への主要なる遺使』)• (ラフカディオ・ハーン、Lafcadio Hearn、 - )『知られざる日本の面影』 (1890年来日)• Dale)『日本的独自性の神話』(1986年)、ハルミ・ベフ『イデオロギーとしての日本文化論』(1984年)、対日貿易戦略基礎理論編集委員会『公式日本人論-『菊と刀』貿易戦争篇』(1987年)、山崎正和『文化開国への挑戦 日本の世界史的実験』(1987年)、『日本問題』(米外交誌『』、1986年)、カレル・G・ファン・ウォルフレン『日本 権力構造の謎』(1989年)、ジェームズ・ファローズ『日本封じ込め-強い日本 vs 巻き返すアメリカ』(1989年) 大久保喬樹による戦後日本文化論の特徴 [ ] 2003年、は『日本文化論の系譜-「武士道」から「『甘え』の構造」まで』の中で、日本文化論の特徴的なタイプとして、次の2つのタイプを挙げる。 Dale『The Myth of Japanese Uniqueness』(Macmillan、1991年)• 『茶の本』(『THE BOOK OF TEA』) に付いて日本の調査をしたのをきっかけに日本に目覚めた著者が、全盛時代の欧米に、を通して自己充足の在り方を投げかけた書。 Dale『The Myth of Japanese Uniqueness』 Macmillan• 『Cultural Nationalism in Contemporary Japan: A Sociological Enquiry』(Routledge、1995年)• 『』(『BUSHIDO:THE SOUL of JAPAN - Another of the History of the Intercourse between the U. and Japan』 The Leeds and Biddle Company ) をに持ち、で、として日本とで活動をした著者が、日本の理念・慣習について問われ、逡巡した後その源は武士道だと行き着き、これを解説、説明する書。

7
主要な日本人論の著作 [ ] 年代順・主な日本人論 [ ]• 、 杉本良夫とマオアによる日本人論の特徴 [ ] 1982年、とロス・マオアは、日本人論の多くは以下の3つの根本的主張を共有していると指摘している:• 『菜の花の沖』 1979年 - 1982年(「」での連載) (新装版1〜6 文春文庫 2000年)• 日本を描いた文芸 [ ] 映画で描かれたもの [ ] 外国映画 [ ]•。 『沈黙 改版』 1966年 (新潮文庫 2003年)• 野村総合研究所の調査による日本人論の出版数・分類 [ ] 1978年のの調査 によると、1946年から1978年の間に「日本人論」というジャンルに分類される書籍が698冊出版されている。

ヨドバシ.com

著者紹介 船曳 建夫 フナビキ タケオ 1948年東京生まれ。

18
土居健郎『続「甘え」の構造』 2001年 思想 [ ]• National Portrait Gallery, London 参考文献 [ ]• 『勇魚(いさな)』上下 文春文庫 1992年 評論 [ ]• 207 - 237 VI 西欧近代社会モデル対伝統日本心性• 2000年 『「日本人論」の中の日本人』() 上巻 ザビエルから幕末の日本人論について 下巻 福沢諭吉から現代の日本人論について• 『「日本人論」再考』 2003年 インターネット上にある日本人論(外部リンク) [ ]• Raphael Pumpelly, 1870 - アメリカ人冒険家による1860年初期の日本(1861年来日)• 青木保による戦後日本人論の変容 [ ] 、は、「戦後日本」の「と」を整理して振り返りたいとして 、『「日本文化論」の変容 戦後日本の文化とアイデンティティー』を著した。 -アメリカ映画 2013年 日本映画 [ ]• 2010年 『日本文化論のインチキ』 比較文化論を研究する著者が、「あらゆる日本文化論がインチキだと言っているのではない」 が、は学問では とし、個々の論 個々の説 を取り上げ、これらは評論であって学問ではないと論ずる。

『英文収録 日本の覚醒』(岡倉 天心,夏野 広):講談社学術文庫|講談社BOOK倶楽部

9
。 。

日本人論

17
。 。

ヨドバシ.com

。 。 。

13

『「日本人論」再考』(船曳 建夫):講談社学術文庫|講談社BOOK倶楽部

12

船曳建夫

。 。

6
。 。

「日本人論」再考/船曳建夫/〔著〕 本 : オンライン書店e

。 。

17

船曳建夫

。 。 。

7
。 。

chat.natura.com.br: 「日本人è«

。 。

1