東電 吉田 所長。 原発事故9年、吉田所長の宿命と旧経営陣の無罪

「所員の9割が離脱していた」 。 「吉田調書」が教える「東電撤退事件」

- 東京電力執行役員 原子力・立地本部福島第一安定化センター福島第一原子力発電所長 兼 立地地域部福島第一原子力調査所所長(改組)• ごめんな」 と それを見た曳田さんの奥さんは 「お父さん(曳田さん)が、吉田さんをたった一人にするわけがないよね」 といい、奥さんですら二人が生死を共にすることは当然のことのように思っていたことがうかがえます。

「吉田調書」 [ ] 詳細は「」を参照 (政府事故調)は、2011年に13回、延べ28時間あまりにわたって吉田に聴き取りをおこない、全7編約50万字一問一答形式の「聴取結果書」をとりまとめた。 劇中では福島第一原発1、2号機の当直長・伊崎利夫として 津波に襲われ sbo (ステーションブラックアウト) (原子力施設における全電源喪失状態) により放射能が撒き散らされるのを 何とか防ごうと奮闘する現場での指揮官の役です。

吉田昌郎

Sponsored Link 映画Fukushima 50 伊崎利夫のモデルとなった伊沢郁夫氏と曳田史郎氏 伊沢郁夫氏とは? 生い立ち その生い立ちを調べてみました。

吉田昌郎「F09 2 柏崎刈羽原子力発電所の評価の状況 F09 中越沖地震の柏崎刈羽原子力発電所への影響評価と学会としての今後の取り組み,先端技術フォーラム,21世紀地球環境革命の機械工学:人・マイクロナノ・エネルギー・環境 」『年次大会講演資料集』第2008巻、日本機械学会、2008年、 155-156頁、 :、。

「爆発したら死んじゃうんだぜ」 注水巡り吉田所長: 日本経済新聞

小森明生, 吉田昌郎, 吉井良介「討論セッション 開発中の技術 日本の原子力発電の現状と将来の展望 第20回世界エネルギー会議 WEC ローマ大会特集 -- 日本からの登壇者・参加者からのご報告 」『動力』第57巻、日本動力協会、2008年2月、 35-48頁、 、。

Sponsored Link 最後に 今回は フクシマフィフティで 事故の最前線で指揮をする重要な 伊崎利夫について その人物像モデルになった二人のことをまとめました。

福島第一原発「10年目の真実」…じつは「吉田所長の“英断”海水注入」は、ほぼ“抜け道”に漏れていた(NHKメルトダウン取材班)

Sponsored Link 曳田史郎氏とは? 吉田所長が最も信頼していた人物こそ 部下であり友人である第2復旧班長の曳田史郎氏(56)でした。 福島第一原子力発電所事故への対応 [ ] 「」も参照 3月にとそれに伴うが起こり、現場で陣頭指揮を執った。

19
しかし 実際には 「伊崎利夫」という人間はおらず、 後述する 伊沢郁夫氏と曳田史郎氏の二人を掛け合わせた架空の人物だったそうです。

日本を救った男-吉田昌郎元所長の原発との壮絶な闘いと死

3

「所員の9割が離脱していた」 。 「吉田調書」が教える「東電撤退事件」

9
。 。

吉田所長の死因は、被爆なんですか??

。 。

18
。 。

調書は語る 吉田所長の証言 (10) 逃がした対策の機会 自然を侮り 利益優先

。 。

14
。 。

映画Fukushima 50の伊崎利夫とは?モデルとなった伊沢郁夫氏と曳田史郎氏について

。 。

福島核災害を「美談」に仕立て上げた映画『Fukushima50』が描かなかったもの « ハーバー・ビジネス・オンライン

。 。

13

日本を救った男-吉田昌郎元所長の原発との壮絶な闘いと死

。 。

18

映画Fukushima 50の伊崎利夫とは?モデルとなった伊沢郁夫氏と曳田史郎氏について

。 。 。

。 。