岡山 県 時短 要請。 岡山県時短要請協力金(第4期:6月21日~6月30日)について

要請拒否の7店に時短命令 岡山県発表、店名リストも公表:山陽新聞デジタル|さんデジ

3 本人確認書類 4 振込先口座が確認できる書類(通帳の写し) 6 施設の写真(外観写真及び内観写真) 8 施設の営業実態が確認できるもの 9 時短営業等を行ったことが分かる貼り紙を貼付した店頭の写真 この台紙に貼り付けて提出してください。 1)申請書 2)誓約書 3)代表者の本人確認書類(写) 法人の場合は履歴事項全部証明書 個人の場合は運転免許証など 4)営業許可証(写) 5)振込口座、名義人の確認書類 6)店舗の売上高の確認ができるもの 法人の場合は法人税確定申告書別表一(一)、法人事業概況説明書(月別売上高)の写し など 個人の場合は確定申告書B第一表、青色申告決算書(月別売上高) など 前年度、前々年度の店舗の売上高、月別売上高が確認できるものをご用意ください。 )が、休業又は酒類及びカラオケ設備の提供を取りやめて営業時間を5時~20時までに短縮すること (2) 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等が休業すること (3) 元々の営業時間が5時~20時を超えている酒類及びカラオケ設備を提供しない飲食店等が、営業時間を5時~20時までに短縮すること。

5
申請手続き等 受付期間 令和3年7月1日(木曜日)から8月31日(火曜日) (当日消印有効) 申請要領、申請書類等 申請書類等はこちらからダウンロードできます。

要請拒否の7店に時短命令 岡山県発表、店名リストも公表

(1)電子申請 (2)郵送申請(令和3年9月3日(金曜日)消印有効) 申請書類を次の宛先に簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送してください 【宛名】〒700-0821 岡山市北区中山下1-8-45 NTTクレド岡山ビル8階 「岡山県時短要請協力金(第6期)早期支給申請受付係」 あて 申請書類 を参照の上、次の申請書類を提出してください。 1)申請書 2)誓約書 3)代表者の本人確認書類(写) 法人の場合は履歴事項全部証明書 個人の場合は運転免許証など 4)営業許可証(写) 5)振込口座、名義人の確認書類 6)店舗の売上高の確認ができるもの 法人の場合は法人税確定申告書別表一(一)、法人事業概況説明書(月別売上高)の写し など 個人の場合は確定申告書B第一表、青色申告決算書(月別売上高) など 前年度、前々年度の店舗の売上高、月別売上高が確認できるものをご用意ください。 ) 2 次の 1 ~ 3 のいずれかを満たし、要請期間中の全ての日において、全面的に協力すること 1 元々の営業時間が5時~20時を超えている酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等(カラオケボックスや酒類の持ち込みを認めている飲食店を含む。

16
)が、休業又は酒類及びカラオケ設備の提供を取りやめて営業時間を5時~20時までに短縮すること (2) 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等が休業すること (3) 元々の営業時間が5時~20時を超えている酒類及びカラオケ設備を提供しない飲食店等が、営業時間を5時~20時までに短縮すること。

岡山県時短要請協力金(第6期:8月14日~9月12日)について【岡山市・倉敷市】

2 次の全てを満たすこと ・食品衛生法の一部を改正する法律による改正前の食品衛生法第52条(改正後にあっては第55条)に基づく飲食店又は喫茶店の営業を行う店舗(テイクアウト、宅配を除く、カラオケボック ス含む) 令和3年8月26日以前から営業していること ・ 業種別ガイドライン等を遵守し、感染防止対策を徹底していること ・ 岡山県暴力団排除条例(平成22年岡山県条例第57号)に規定する暴力団員又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係にある者でないこと 【併給制限】 休業等の期間に関し、この協力金と「月次支援金」の重ねての受給はできません。 改正前 改正後 申請手続き等 受付期間 令和3年9月中旬からの受付開始を予定しています。 3 本人確認書類 4 振込先口座が確認できる書類(通帳の写し) 7 施設の写真(外観写真及び内観写真) 9 施設の営業実態が確認できるもの 10 時短営業等を行ったことが分かる貼り紙を貼付した店頭の写真 この台紙に貼り付けて提出してください。

1)申請書 2)誓約書 3)代表者の本人確認書類(写) 法人の場合は履歴事項全部証明書 個人の場合は運転免許証など 4)営業許可証(写) 5)振込口座、名義人の確認書類 6)店舗の売上高の確認ができるもの 法人の場合は法人税確定申告書別表一(一)、法人事業概況説明書(月別売上高)の写し など 個人の場合は確定申告書B第一表、青色申告決算書(月別売上高) など 前年度、前々年度の店舗の売上高、月別売上高が確認できるものをご用意ください。 ) ・ 業種別ガイドライン等を遵守し、感染防止対策を徹底していること ・ 岡山県暴力団排除条例(平成22年岡山県条例第57号)に規定する暴力団員又は暴力団員と社会的に 非難されるべき関係にある者でないこと 【併給制限】 協力金の支給対象月と、同月の国の「月次支援金」の重ねての受給はできません。

『 岡山県時短要請協力金について(第6期:8/20~9/12) 』※ 緊急事態措置適用に伴う情報更新 【 岡山県 産業労働部 産業企画課 】

)が、休業又は酒類及びカラオケ設備の提供を取りやめて営業時間を5時~20時までに短縮すること (2) 酒類又はカラオケ設備を提供する飲食店等が休業すること (3) 元々の営業時間が5時~20時を超えている酒類及びカラオケ設備を提供しない飲食店等が、営業時間を5時~20時までに短縮すること。 1)申請書 2)誓約書 3)代表者の本人確認書類(写) 法人の場合は履歴事項全部証明書 個人の場合は運転免許証など 4)営業許可証(写) 5)振込口座、名義人の確認書類 6)店舗の売上高の確認ができるもの 法人の場合は法人税確定申告書別表一(一)、法人事業概況説明書(月別売上高)の写し など 個人の場合は確定申告書B第一表、青色申告決算書(月別売上高) など 前年度、前々年度の店舗の売上高、月別売上高が確認できるものをご用意ください。

改正前 改正後 申請手続き等(本申請) 受付期間 令和3年9月中旬からの受付開始を予定しています。 。

岡山県時短要請協力金について

。 。 。

2
。 。

岡山県時短要請協力金(第6期:8月20日~9月12日)【その他区域(岡山市・倉敷市以外)】

6
。 。