沖縄 芝居。 沖縄芝居顕彰碑

沖縄芝居顕彰碑

責任重大なのよね」 C「でもまあ、良和君は目上の人を立てることが自然とできてるから大丈夫」 佐辺母「あら、Cさんはそう思うの?」 C「先生方も若い家元を盛り上げるように動いてくれるんじゃないかな」 佐辺母「そうしていただけるように頑張らないとねっ!」 C「大先生はそのあたりをお考えの上で良和君を家元に指名されたはずだから」 佐辺母「うん、そうよね」 と話は続き、だんだんといい気分になってきた佐辺母は、そこらへんをゴソゴソやって、私のビニール袋に次々と何かを投げ込んでいました。 くらさらぬ 忍で来やる 御門に出ぢめしやうれ 思ひ語ら じってしていられなくて ひそかにやってきました 門においでください 思いを語りましょう 続いて右手の歌碑。 。

ハールー小の答えは、 聞けば仲里や 花の本てもの 咲き出らば一枝 持たちたぼうれ この歌詞が後に仲里節の一節となりました(仲里節由来記)。 — 沖縄の風景 coralway39 「せんする節」 京の小太郎が作たんばい 尻ほげ破れ手籠緒すげて 板片目貫ち乗い来たる 京太郎が作ったのは 尻に穴が空いた 破れ手籠に緒をつけたもの 板切れに穴を通したもの(馬)に乗って来た 組踊「高平良万歳」で、兄弟が親の仇をうつために、当時の人気芸人、京都の小太郎に成りすまし、敵に近づいてゆく場面に使われる唄です。

琉舞・組踊・芝居

。 。 。

7
。 。

琉舞・組踊・芝居

1

沖縄芝居顕彰碑

。 。 。

沖縄芝居顕彰碑

8
。 。

琉舞・組踊・芝居

。 。

琉舞・組踊・芝居

。 。

13
。 。

琉舞・組踊・芝居

。 。 。

4
。 。