日航 機 墜落 事故。 「日常どんなに大事か」 父亡くした娘、今年も山へ―日航機墜落事故から36年:時事ドットコム

日航機墜落事故、 真実を語って、自殺を装い 殺された自衛隊員もいる ! 青木吉太郎

尾翼はボックス・ビーム構造 box beam structure で作られていて、桁 spar 、小骨 rib 、縦通材 stringer 、外板 skin で構成される。 以上、一部転載終わり -------------------------------------------------------------- 関連記事 新 日本の黒い霧 日本航空123便ジャンボジェット機墜落事故の真相、その他の未解決事件、 改竄された歴史について考える。

16
54分25秒:123便は東京APCに現在地を尋ね、「羽田から55マイル 89 km 北西で、から25マイル 40 km 西」と知らされた。 (ウ) ドーム型後部圧力隔壁の修理方法の再評価 すべての現有機について修理の有無及び修理状況の検査を行い、航空局及びボ ーイング社へ報告した(A-85-136及び139、AD85-22-12、 ボーイング社電報並びに航空局文書空検第747号関連)。

「日航機」御巣鷹山墜落 搭乗を間一髪逃れた人々の人生

(原著 ) 関連項目 [ ]• (ウ) ボーイング式747及び767型機の後部圧力隔壁のフェール・セーフ性の再 評価 現設計の後部圧力隔壁の疲労試験及び損傷許容試験を1986年3月、強化型 後部圧力隔壁の同試験を1986年7月に完了した(A-85-135及び13 8関連)。

2
またアメリカは、「年次改革要望書」という形で、毎年、日本に資金を要求 しており、大臣や、官僚の人事にまで、口を出しています! さらに驚くことに、最近では、首相官邸の中に、原子力安全規制委員会の 一室があり、アドバイザーがつめていますが、 目的は首相の恫喝と、日本のコントロールです! 内政干渉の極めつけであり、このような例は、世界に一つとしてありません! 今にして思えば、何しろ日本は、1980年代は、実質、世界一の経済大国でした! ジャパンマネーは、世界中で猛威を振るっており、世界経済は戦々恐々と していました。 」 引用:青山透子著『日航123便の新事実 目撃証言から真相に迫る』より ここまでもかなり、疑惑が深まる話が出て来たわけだが、ここでさらにネット上にリークされた、 疑惑の深まる恐ろしい話をしておこう・・ ・ 実はこの事故のあとから、 自衛隊員の不可解な自殺が増加したと言われている・・・ この事故の前の 1981年頃と比べて、この 日航機墜落事故の翌年1986年の自衛隊員の自殺者数が73パーセントも増加しているのじゃ(汗) その数、 年間で90名・・・ 最初に不可解な自殺者が出たのは 1986年7月で、この時は 2人の航空自衛隊員だったそうじゃ・・・ さらに同じ年の 9月12日と14日に航空自衛隊員が2人自殺したという・・・ 恐ろしいことに、ここから 不可解な謎の自衛隊員の自殺者数増加が始まったようじゃ(汗) そして、この1986年9月12日に 自殺したという自衛隊員は友人に2枚の写真を預けたそうじゃ・・・ ちなみにその2枚の写真は 日航機墜落事故後にリークされているぞい?! ちょっと 衝撃的な写真なので閲覧注意だが、下の写真はその友人がリークしたという1986年7月に起こった 最初の自衛隊員自殺者2人の写真じゃ・・・ おそらくこれは 自殺した自衛隊員が発見された直後の写真だと思うが、不可解なことに あの高さから首を吊っているのに、足下には台になるものがなにもないのじゃ(汗) このことから、これは 自殺に見せかけた暗殺だったのではないかと言われている?!(汗) もしも彼らが自殺ではなかったとするならば、 一体、何のために消されてしまったのか?! ネット上では、もしかしたら彼らは・・・ 「JAL123便墜落事故の真相を内部告発しようとしたために殺されたのでは?!」 とも言われている・・・ そして2枚目の写真だが・・・ 実はこれによってさらにJAL123便の垂直尾翼が破壊されたのは、自衛隊の無人標的機が原因だったのではという疑惑が深まることになったようじゃ?! その写真とは下記のものじゃ・・・ これは上でも紹介した被害者遺族のひとりである 小田周二氏のブログに書かれていたことだが、当時の 自衛隊百里基地の司令官だった人物がJAL123便に異常事態が発生した際に、戦友に向けてこんな連絡をしたそうじゃ・・・ その内容とは・・・ 「えらいことをした・・・」 「民間機に標的機を当ててしまった・・・」 「今、戦闘偵察機2基を発進させた・・・」 もしかしたら、この司令官はこの時、かなり動揺していたのかも知れないの(汗) 気持ちを落ち着かせるために、苦楽をともにした 戦友に話を聞いてもらいたかったのかも知れん・・・ なにかあった時、誰かに話を聞いてもらうだけで、妙に落ち着くこともあるからの(汗) まあ、このようなことからも墜落にいたったJAL123便の垂直尾翼破損の原因が自衛隊の無人標的機の衝突にあったとする疑惑が深まることになったと言うわけじゃな・・・. 映画 [ ] 『』 公開。

日航機墜落事故、 真実を語って、自殺を装い 殺された自衛隊員もいる ! 青木吉太郎

実は最初、この都市伝説は扱うべきかどうか迷ったのだが、どうにも調べていくうちにかつてないほど・・・ 「この都市伝説には真実が隠されているのでは?!」 と思えてきてしまっての~(汗) しかも、この都市伝説は 日本でもかなり多くの人が信じていたりもする(汗) もちろん、この都市伝説が すべてが正しいと言うわけではないだろうし、 肯定派と同じくらい否定派もいる(汗) しかし、この事故に関しては 明らかに不審な点も多く、何らかの隠蔽があったことは確かだとも言われている・・・ また否定派の中においても・・・ 「噂がすべて真実とは思えないが、何らかの隠蔽はあるだろう」 と言っている者も見受けられるのじゃ(汗) ちょっと待てってばよ~、子ザルちゃ~ん(汗) だから、この都市伝説を扱うかどうか迷ったんだって~!(汗) 著者はどちらかと言うと愛国的な思考の持ち主だし、自衛隊の方々には 尊敬の気持ちすらあったりするんだよ~?(汗) 知り合いに自衛官だった人もいるしの~(汗) だから別に 自衛隊を貶めたいとか、そう言う意図はまったくないってことだけは解って欲しいのじゃ~(汗) 誤解しないでおくれ~(汗) だけど、この日航機墜落事故に関してはホントに 不可解な点が多いんじゃよ~(汗) そこに ズバリ切り込んでいるのが今回、ご紹介したい都市伝説なわけで、これが かつてないほど、真実味を感じられると言うことなのじゃ(汗) だから記事にしてみたいと思ったわけなんじゃ~(汗) それでは、この『日本航空123便墜落事故』の概要を伝えていくぞい! この事故が起こったのは、 1985年8月12日 18時56分30秒じゃ・・・ 事故が起こってしまった航空機は、羽田発・関西伊丹空港行きの 日本航空123便であった・・・ ここからはJAL123便と言っていくからの(汗) このJAL123便に使われていた機体は、米ボーイング社製造の・・・ 『ボーイング747SR-46型機』 1974年1月に製造された機体じゃ! 事故を起こしたのは米ボーイング社製の機体と言うのは覚えておくのじゃぞ! この都市伝説では割と 重要なポイントだからの! この日、JAL123便に搭乗していた人数は 乗客乗員合わせて『524名』・・・ 操縦席にいたのは・・・ 高濱 雅己 機長(総飛行時間12423時間41分) 佐々木 祐 副操縦士(総飛行時間3963時間34分) 福田 博 航空機関士(総飛行時間9831時間03分) この3名じゃ! そうじゃな~・・・ この3人は 当時、日本航空きっての精鋭だったと言われているぞい(汗) 当日、JAL123便は定刻より4分遅れて滑走路に入り、 18時12分に羽田空港を離陸した・・・ 離陸した直後のJAL123便は問題なく飛行を続けていたが・・・ しかし、その12分後の 18時24分頃、相模湾上空を巡航高度の24000フィート 7200メートル に向けて上昇中、23900フィートを通過した辺りで 緊急事態が発生した?! 突然の衝撃音とともにJAL123便は機体のバランスを崩し、なんと 操縦不能に陥ってしまったそうじゃ?! のちにこの事故の調査委員会が発表したところによれば、この時、JAL123便の 垂直尾翼は垂直安定板の下半分のみを残して破損してしまったそうじゃ?! 垂直尾翼と言うのは、下記画像の部分のことじゃぞ! それではJAL123便が 羽田空港を離陸してから、長野と群馬の県境付近にある 御巣鷹山へ墜落するまでの飛行経路について、伝えていくぞい! ざっくりとだが、上の図が墜落した JAL123便の飛行経路じゃ! 緑のラインが実際の飛行経路じゃぞい! 上の図を見ながら、確認してみての! 18時12分、羽田空港を飛び立ったJAL123便は、東京湾上空を抜けて、 伊豆方面に向かい相模湾上空を飛行していった・・・ 18時24分異常発生、突然の衝撃音とともにJAL123便は、 相模湾上空でコントロールを失った・・・ その後、JAL123便はダッチロール、フゴイド運動と呼ばれる 不安定な飛行状態に陥ってしまった・・・ そんな不安定な飛行状態のままであったが、JAL123便は 18:47分頃に横田基地飛行場に最接近していた?! この時、米軍の 横田基地飛行場では、すでにJAL123便の 異常事態を察知しており、緊急での 着陸受け入れ体制が整っていたと言われている・・・ そして、そのことは JAL123便にも無線連絡がなされていたそうじゃ・・・ この時に上手く横田基地飛行場へ緊急着陸を試みることが出来ていたら、これほどの被害にはならなかったかも知れない・・・ だが、この時、無情にも風の影響によってJAL123便は 横田基地とは反対の方向へ流されてしまった のではと公式には言われている・・・ そして、 18時56分、最終的にJAL123便は群馬県多野郡上野村付近にある 御巣鷹山の尾根へ墜落してしまった・・・ これがJAL123便が羽田空港を飛び立ったあとの飛行経路とざっくりとした、その後の状況じゃな・・・ 著者は最初、これらの本を書いた人物について良く知らず、またぞろ陰謀論者的な人なのかと思ってしまった(汗) しかし、すぐにそれは自分の思い違いだと言うことに気づいた(汗) 調べて見るとなんと、この 2人は日航機墜落事故の関係者だったことがわかったぞい(汗) 上の 『524人の命乞い 日航123便乗客乗員怪死の謎』の著者 『小田周二』さんと言う方は、この事故で 次男 小田浩二さん(当時15歳)、長女 小田陽子さん(当時12歳)と親戚の3名、 中上岑子さん(当時37歳)中上義哉さん(当時12歳)中上佳代子さん(当時10歳)を亡くしているそうじゃ・・・ つまり、この 事故の被害者遺族と言うことじゃな・・・ 下の 『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』の著者 『青山透子』さんと言う方は、元日本航空国際線客室乗務員で彼女が国内線時代には 事故機のクルーと同じグループで乗務しており、 この事故で 尊敬していた先輩たちを亡くしてしまった そうじゃ・・・ その後、彼女は東京大学大学院博士課程を修了し、 博士号を取得してこの 事故の真相究明に挑んだそうじゃ・・・ この2人の著者は、 どちらも大切な人を亡くしたこともあり、事故後は かなり本気でこの事故にまつわる不可解な疑惑の解明に取り組んでいるようじゃぞい(汗) この記事を書いている著者も、実際に本を読んでみたところ、なんと 事故当時のことを実名を明かした上で語っている人たちの証言を載せているのじゃ(汗) そう言ったこともあって、この都市伝説には 真実味があるのではないかと思ったわけじゃな(汗) この垂直尾翼と言うのは、言わば 航空機全体を安定させるのに欠かせない重要なパーツじゃ! 垂直尾翼によって、安定性が保たれ、さらに 方向舵によるコントロールをもつかさどる重要な部分じゃ(汗) この図の中に格子状の網掛け部分があるのが解ると思うが、その部分が 墜落現場である御巣鷹山中から発見された部分じゃ・・・ つまりJAL123便は相模湾上空で最初の爆発音と共に発生した異常事態の際には、その 格子の網掛け部分以外は方向舵も垂直尾翼のほとんども吹き飛んでしまっていたことが解る・・・ そんな状態であったと言うことは、差し詰めJAL123便は 糸の切れた凧のような感じで、まったくコントロールが効かなかっただろう・・・ 事実、JAL123便は、異常事態発生後、 上下左右にフラフラと不安定に飛び続けたようだしの~・・・ そのことからも 垂直尾翼がなくなれば、たとえ左右の翼が無事でも航空機にとっては致命的と言えるのじゃな(汗) こうなってしまえば、あとは左右の翼についた エンジン出力の強弱だけで不時着するまで堪えるしかなくなるわけじゃ(汗) ふむ・・・ ここから少々、きな臭い話になるのだが、実は相模湾上空でJAL123便に 異常事態が発生した時のボイスレコーダーにどうにも不可解な音声が残されているのじゃ・・・ その音声では異常発生直後、非常事態を知らせる 緊急救難信号「スコーク77」が発動されている・・・ そして、そのあとに 高濱機長の声と思われる音声で・・・ 「オレンジエア」 と言う言葉が残されているのじゃ?! この部分について、のちの事故調査委員会では、 なぜか「オールエンジン」と発言していたと説明があったが、実際の音声を聴いてみると、どう見ても オレンジエアと言っているようにしか聞こえないのじゃ(汗) 実際にこの音声をアップしている動画があったので、まずは聞いて見て欲しい! ちょうど、 16~17秒辺りに問題の「オレンジエア」と言っている箇所があるぞい(汗) そうじゃろ?(汗) ネット上に広くささやかれているこの都市伝説では、 この部分がどうにも不可解だと言われている・・・ なぜ事故調査委員会は、 「オレンジエア」としか聞こえないものを「オールエンジン」だと説明したのか? 実はこの音声部分は あとから、流出してしまう形で表に出て来たと言われているが、そうなるともしかしたら 最初から隠蔽する意思があったのかも知れないの・・・ そして、これは 隠蔽の事実があることにいらだちを覚えた内部告発者によって、リークされたものなのかも知れないぞい(汗) ここで上であげた 本当の事故原因の根拠に繋がるわけだが、このJAL123便に乗っていた 高濱機長は実は元海上自衛隊員であったことが確認されている・・・ そんな彼は、もしかしたら、この 物体の正体がわかったのではないかとも言われている・・・ 一説には、このオレンジエアと言うのは、 海上自衛隊内で使われる上記のファイヤビーやチャカツーと言ったリモートコントロール式の 無人標的機を示す隠語だったのではないかとも言われている・・・ あるいは単純に オレンジ色のエアークラフト(飛行機)をさす言葉として発したのかも知れない・・・ いずれにしろ、 オレンジエア = 自衛隊の無人標的機と考えれば、この事故の原因は事故調査委員会が発表したものではなく、 本当は自衛隊の無人標的機が誤ってぶつかってしまったためと言う可能性が出てくることになるわけじゃな(汗) ふむ・・・ 実はこのほかにも、まだ疑惑の根拠はあるぞい(汗) 上記の写真は 事故現場から回収されたと言うネガフィルムに写っていたものだが、そこには 何らかの飛翔体が写っている?! まるでUFO写真のように見えるが、この写真の出どころは 事故当時、JAL123便の右側最後部ドア近くの座席に座っていた乗客のひとりが写していたもののようで、 事故後にその遺族が公開した写真だそうじゃ・・・ この写真は複数枚連続して写しているようで、おそらく 異常事態発生時の衝撃音の直後に窓から慌てて外の様子を写したのだろうと言われている・・・ そして、これを右側後部の座席から写したとすると、ちょうど 当時のJAL123便と護衛艦まつゆきとの位置関係とも合致してくる(汗) このことからも、自衛隊の無人標的機が衝突してしまったとする 疑惑に拍車がかかるわけじゃな(汗) そして、さらに この疑惑の信憑性を裏付けるような証言があるのじゃ・・・ これは静岡県藤枝市に住んでいたと言う 『小林美保子』さんと言う方の証言だが、彼女は 事故当時、上空を飛んでいるJAL123便を目撃したと言う・・・ その小林美保子さんの証言は、以下のものじゃ・・・ これは上記で紹介した青山透子さんの著書 『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』にも掲載されているぞい(汗) ・事故当時のJAL123便の目撃者「小林美保子」さんの証言 「それはですね。

『 シーズン6第5話 「 TERRIFIED OVER TOKYO」(邦題「日本航空123便墜落事故」)』 本内容は「事故を検証」する観点で作成されたため、上記「メーデー! 」 「(JAL123便の)乗員も米軍基地への着陸を希望していた」 と、こう言うわけじゃな(汗) つまり、JAL123便が横田基地空域辺りに来るまでのあいだのやり取りで、 横田基地飛行場への着陸希望を出して、さらに 横田基地管制はその許可もしていたと言うことじゃ・・・ しかし、結局、着陸せずに、しかもまったく逆の方に飛んでいってしまうと言うのは、明らかに何かがおかしいと言うわけじゃな(汗) ふむ・・・ 実はその謎を解き明かすかも知れない不可解な事実があるのじゃ?! それはの・・・ 「JAL123便と横田基地管制とがやり取りしているフライトレコーダー音声データがまったく出てきていない」 と言うことじゃ・・・ アントヌーチ氏の証言では、 JAL123便は米軍基地への着陸を希望していた・・・ さらに 横田基地管制の方でも、それを許可していた・・・ つまり、ここで 横田基地とJAL123便とのあいだに何らかのやり取りがあったことはたしかなはず・・・ にも関わらず、その音声データがまるでないのじゃ?! ここで 2つ目の疑惑に繋がってくるわけだが、もしかしてこの時・・・ 「JAL123便は横田基地管制から着陸許可をもらったあと、基地飛行場へ向かおうとしていたのではないか?!」 「しかし、その時に追尾していた自衛隊機に阻止され、反対の方角へ向かわされてしまったのではないか?!」 「音声データを公開してしまえば、そのことがハッキリと解ってしまい都合が悪いから、事故調査委員会はわざとその部分をカットし隠蔽したのではないか?!」 この都市伝説では、こう言った疑惑が持たれているわけじゃ(汗) 実際に音声を聞いてみると、断片的に横田基地管制からの音声は出てきているが、たしかに 肝心の部分がすっぽりと抜け落ちてしまっている印象を受ける(汗) さらになぜか横田基地管制からの音声データが入っている部分の前後から・・・ 『まるで継ぎはぎにつなぎ合わせたかのように会話が成り立っていないやり取りに終始している』 と言ったような指摘もなされているぞい(汗) そもそも、この音声データ自体、 英語になったり、日本語になったり、 途中からは羽田管制と日本語でのやり取りになったはずなのに、なぜか 急に英語に戻ったり、はたまた敬語になったり、質問も答えもないのに急に了解と言っていたりと一体、 誰と誰が会話しているのかも解らず、 まったく前後の脈絡もない部分も多く、明らかに不審な点が多い と言われている(汗) この点については 肯定派否定派双方ともに意見が一致する場面も多く、 明らかにおかしいと疑念を抱く者も多いようだぞい(汗) アントヌー チ氏が言うには・・・ 「たしかにJAL123便の高濱機長が横田基地への着陸を希望していた通信を軍用機から聞いていた」 と証言しているようだが、その部分の音声データもすっぽり抜けてしまっているようだしの(汗) この都市伝説では、このような状況からも・・・ 「JAL123便が無事に横田基地飛行場へ不時着してしまっては困る、都合の悪い何かがあったのではないか?!」 「だから、追尾していた自衛隊機は横田基地飛行場への着陸を阻止したのではないか?!」 と、まことしやかに噂されているぞい(汗) これを踏まえて、実際に音声データを確認して見ると、たしかに少しおかしいと言うことに気づくのではないかの?(汗) 動画では大体、4:40~の大月付近に入った辺りからの音声じゃな(汗) この音声を良く聞くと、やはり横田基地飛行場付近では不審な点が多く、たしかにあるはずの横田管制とJAL123便とのやり取りもすっぽりと抜けてしまっているように思えるの(汗) さらに不可解な点は羽田管制からの 「羽田にコンタクトしますか?」の問いかけに機長は・・・ 「このままでお願いします」 と言う回答をしているが、ここはあからさまにおかしい(汗) ここで新たな疑惑が出てくるが・・・ もしかしたら、この会話の前には JAL123便と横田基地管制とのやり取りがあり、そこで横田基地飛行場への緊急着陸を決めていたのではないか?! だから高濱機長は・・・ 「羽田ではなく、このまま横田基地飛行場への緊急着陸でお願いします」 と言う意味で 「このままでお願いします」と言ったのではとも思えてくる(汗) なのに、なぜ逆方向へ向かってしまったのか?! この音声データを良く聞くと、ちょうど横田基地方面から 反対方向へ急旋回する辺りで、不自然に音声が切り替わっている ことが解る・・・ そしてその後、すぐに高濱機長の声で・・・ 「これはダメかもわからんね」 と言う声が聞こえてくるが・・・ この部分に関して、この都市伝説では、さらにこんな疑惑がささやかれているぞい(汗) 「高濱機長はこの時、横田基地飛行場への緊急着陸を望んでいたが、それを追尾する自衛隊機に阻止されてしまったため思わず、これはダメかもわからんねと本音を吐露してしまったのではないか?!」 と言うわけじゃな(汗) さらに一説には・・・ 「下手をするとこの時、追尾する自衛隊機に横田基地飛行場への緊急着陸をしようとしたら、撃墜も辞さないと脅されていたのではないか?!」 と疑う者までいるのじゃ(汗) いずれにしても、この部分の音声は、実に不可解で あからさまに、その前後をカットしたような感じじゃ・・・ 実際、 この部分には疑惑の目を向ける人が大勢いて 、何かしらの 隠蔽があるのは間違いないと断定する者も多い(汗) たしかに 誰が聞いても不可解に感じるからの(汗) 念のため、もう一度、動画を張っておくぞい! 動画内ではちょうど、6:30~の部分じゃ(汗) そうじゃの~(汗) あとは証言をした アントヌーチ氏が嘘をついていると言う可能性だが、わざわざ事故後10年も経ってから、 嘘をついてまで証言する必要性を思いつかない(汗) 考えられるとしたら、 「何かしらの組織を貶めたかったのか?」と言うことだが、 それなら広域に配られるほかの民間紙にリークした方が良さそうなものじゃ(汗) 最初に証言が表に出されたのは、 米軍人向けのコミュニティー紙で、 かなり狭い範囲にしか配られない(汗) その上、この 新聞の性質上、内容は米軍上層部も把握していたとも思われる(汗) と言うことはつまり、 米軍側も黙認という消極的な形ではあるが、証言を認めていたとも思える・・・ 事実、のちに米軍側からこの アントヌーチ証言を否定するような発表はされていない(汗) つまり新聞の性質上、 米軍側も内容を事前に把握しており、さらにまったく 事実無根なら、通常すぐに米軍側で否定されるはずと言うことじゃ(汗) これらのことを鑑みるに、この アントヌーチ証言は極めて、信憑性が高いと言えるようじゃぞ?! ふむ(汗) さらに疑惑の深まる事実として、この フライトレコーダー音声データのオリジナルは日本航空に今も保管されているが、不可解なことに 日本航空内部でも完全に非公開となっているようなのじゃ(汗) 安全対策のために使われることもなく、 日航職員でもまったく触れることが出来なくなっている(汗) 何も疑われるようなことをしていないのなら、 堂々と表に出すべきだと思うが、なぜか 頑なまでに隠されている?! 実は 被害者遺族たちは、この オリジナルの音声データの公開を何十年も求め続けているようだが、 まったく取り合ってもらえないそうじゃ・・・ これでは何かあると 疑ってくださいと言っているようなものじゃな(汗) こうなってくると、のちの 事故調査委員会や日航の一部関係者、 下手をすると国家ぐるみで何かしらの隠蔽をおこなっている可能性が高いと判断せざる負えなくなる(汗). 当ブログ記事より一部引用 日航機墜落事故で亡くなった人の遺書とメモ書き 河口博次 さん(52) 兵庫県芦屋市。

日航機墜落事故(日航ジャンボ機墜落事故)の概要

そして、前後方向加速度 LNGG が検出されているのは、補助動力装置 APU が破壊され噴出した空気の反作用と考えるのが自然であるとしている。 日本航空123便墜落事故 1985年8月12日 プラザ合意 1985年9月22日 ジャップ経済の地獄は、バブル崩壊ではなく、実はプラザ合意から始まってる。 「『隔壁リベット一部不貫通』 ボ社 欠陥修理認める 墜落日航機」『読売新聞 夕刊 』、1985年9月7日、1面。

18
(カ) 技術スタッフへのメモランダムの発行 1986年6月3日、各ACO(Aircraft Certification Office)に所属す る技術スタッフに対し、航空機の重要な主要構造の修理に関するメモランダムを 発行した(A-85-140関連)。

日航ジャンボ機墜落の日、何が起きたのか。航空史上最悪の事故を写真で振り返る【8.12から36年】

事故後のJAL [ ] 欠番 [ ] 羽田 - 伊丹線往路「JAL123便 JL123 」という便名は、1985年(昭和60年)9月1日のダイヤ以降にとなった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• FRIDAY 講談社 1985年9月6日号 36 : pp. 参考文献 [ ] 事故調査報告書 [ ]• 91—92 付録5 付図-1 DFDR拡大図 事故調査報告書についての解説• DFDRには機首上げ角度20度 - 機首下げ15度、機体の傾き右60度 - 左50度の動きが記録されていた。 アメリカの戦闘機のパイロットは、1発目で墜落しなかったものですから! そこで、2発目を右の上空から左側の主翼にミサイルを打ち込んだのです! これにはジャンボ機もたまらずに、墜落してしまいました! 落ちた飛行機の損壊状況は、左側の主翼の付け根の損壊が 一番ひどかったのですね。

19
恐い 恐い 恐い 助けて 気もちが悪い 死にたくない まり子 村上良平さん(43) 千葉県柏市。

日航機墜落事故、 真実を語って、自殺を装い 殺された自衛隊員もいる ! 青木吉太郎

当時は未だ衛星中継システム SNG:Satellite News Gathering が導入されておらず、フジテレビは墜落現場からヘリコプターに中継電波を飛ばし、ヘリからテレビ局に伝送する「ヘリスター」と呼ばれるシステムを使って伝送した。

10

日航機墜落事故 新聞見出しに見る記録 1985年8月13日~12月31日

18時35分ごろ、同機は富士山の西方約35キロメートルの地点付近の高度23, 000フィートで右へ変針して東へ向かい、その後18時38分ごろ、富士山の北北 西7キロメートル付近から左へ変針して北東に向かって飛行し、次いで18時41分 ごろ山梨県大月市付近の高度21,000フィートから、約3分間でほぼ360度右へ 変針するとともに高度17,000フィートまで降下した。 捜索・救難活動における問題点 [ ] 自衛隊への派遣要請の遅れ [ ] 東京空港事務所長からへの災害派遣要請は、航空自衛隊からの再三の要請督促を受けた後の20時33分に行われた。 さようなら 須美子 みき 恭子 賢太郎 18・45 機体は水平で安定して 酸素が少ない気分が悪るい 機内よりがんばろうの声がする 機体がどうなったかのかわからない 18・46 着陸が心配だ スチュワーデスは冷せいだ 対馬祐三子 さん(29) 東京都目黒区。

7
『衝撃の瞬間 特別編「小さなミス」』 『日曜大惨事ファイル 衝撃の瞬間6「日本航空123便墜落事故」』 『2 点検の不備』 上記「ナショジオ」の「メーデー! 3マイル 南南西2km 04時39分 航空自衛隊救難隊 KV-107ヘリコプター 上空より墜落現場確認 三国山西約3km 扇平山北約1km 南西3km 05時00分 陸上自衛隊 HU-1Bヘリコプター 日の出とともに上空より墜落現場確認 三国山北西約2km 南南東1km以下 05時33分 航空自衛隊 KV-107ヘリコプター 上空より墜落現場確認 三国峠方位340度3km 北北東1km 05時37分 長野県警察 ヘリコプター 上空より墜落現場確認 08時30分 長野県警察 ヘリコプター 墜落現場に機動隊員2名ラペリング降下 09時00分 陸上自衛隊 ヘリコプター 墜落現場に空挺団員降下:陸路で捜索隊到着 陸上からの救難活動の遅れ [ ] 各航空機による墜落場所の測位位置図 地上からは、、、の各県警が墜落現場の捜索にあたった。