打ち上げ花火 歌詞。 DAOKO×米津玄師

打上花火 歌詞『DAOKO×米津玄師』

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う 夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった 「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って 笑う顔に何ができるだろうか 傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動 焦燥 最終列車の音 何度でも 言葉にして君を呼ぶよ 波間を選び もう一度 もう二度と悲しまずに済むように はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が きっとまだ 胸に住んでいた 手を伸ばせば触れた あったかい未来は ひそかに二人を見ていた パッと花火が 夜に咲いた 夜に咲いて 静かに消えた 離さないで もう少しだけ もう少しだけ このままで あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった. 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 君の髪の香りはじけた 浴衣姿がまぶしすぎて お祭りの夜は胸が騒いだよ はぐれそうな人ごみの中 「はなれないで」出しかけた手を ポケットに入れて握りしめていた 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 子供みたい金魚すくいに 夢中になって袖がぬれてる 無邪気な横顔がとても可愛いくて 君は好きな綿菓子買って ご機嫌だけど 少し向こうに 友だち見つけて 離れて歩いた 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 神社の中 石段に座り ボヤーッとした闇の中で ざわめきが少し遠く聞こえた 線香花火マッチをつけて 色んな事話したけれど 好きだって事が言えなかった 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 空に消えてった 打ち上げ花火. daoko forever friendsの歌詞! Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will be near you... What I did do though was edit it so that it properly links to his page on here too though, rather than just show his name. But it was first released as a single under DAOKO's name for example, on iTunes , and said music video was released on DAOKO's youtube channel. 過ぎ去った時をただ思い出す あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった またしても、もう一度あの夏の日のことを思い出します。 He did write and produce the song, as credited in the description of the youtube video.. あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う 夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった 「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って 笑う顔に何ができるだろうか 傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動 焦燥 最終列車の音 何度でも 言葉にして君を呼ぶよ 波間を選び もう一度 もう二度と悲しまずに済むように はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が きっとまだ 胸に住んでいた 手を伸ばせば触れた あったかい未来は ひそかに二人を見ていた パッと花火が 夜に咲いた 夜に咲いて 静かに消えた 離さないで もう少しだけ もう少しだけ このままで あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった. S Sorry for being off-topic but I had to ask! Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye We'll always be forever friends Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will believe you... Some people handle love and never try I can almost fly with your wings To set me higher One day we'll see the world And through the grey have faith in our hands... Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye We'll always be forever friends Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will believe you... 君 kimi にもらったこんな nimorattakonna 景色 keshiki も mo いつか itsuka 忘 wasu れてしまうのだろう reteshimaunodarou 君 kimi と to 笑 wara ったこんな ttakonna 瞬間 syunkan も mo 打 u ち chi 上 a げ ge 花火 hanabi ろうそくの rousokuno 色 iro ゆらゆら yurayura 揺 yu れた reta 君 kimi の no 横顔 yokogao 僕 boku の no 気持 kimo ちもゆらゆら chimoyurayura 揺 yu れて rete 消 ki えてなくなる etenakunaru 今 ima を wo 燃 mo やして yashite 真夏 manatsu の no 太陽 taiyou 祭 matsu りの rino 後 ato の no 寂 sabi しげな shigena 風 kaze 手 te を wo 振 fu る ru 君 kimi の no 後 ushi ろ ro 姿 sugata を wo 何 nani も mo 言 i えずに ezuni 別 waka れた reta 夜 yoru の no はかなげな hakanagena 空 sora 永遠 eien になれ ninare 真夏 manatsu の no 太陽 taiyou 消 ki えないで enaide 消 ki えないで enaide ココロ kokoro の no 中 naka 焼 ya き ki 付 tsu けて kete 忘 wasu れないで renaide 消 ki えないで enaide ありのままの arinomamano 瞬間 syunkan を wo 雪降 yukifu る ru 町 machi の no 空 sora に ni 咲 sa いてた iteta 季節外 kisetsuhazu れの reno 打 u ち chi 上 a げ ge 花火 hanabi ココロ kokoro の no 中 naka で de 響 hibi き ki 合 a う u 音 oto 君 kimi にもらった nimoratta 大切 taisetsu な na モノ mono 消 ki えないで enaide 消 ki えないで enaide ココロ kokoro の no 中 naka 焼 ya き ki 付 tsu けて kete 忘 wasu れないで renaide 消 ki えないで enaide ありのままの arinomamano 感覚 kankaku を wo 泣 na かないで kanaide 泣 na かないで kanaide まだ mada 僕 boku が ga 隣 tonari に ni 居 i るのに runoni 忘 wasu れないで renaide 消 ki えないで enaide ありのままの arinomamano 瞬間 syunkan を wo いつか itsuka 忘 wasu れてしまうのかな reteshimaunokana? 君 kimi にもらったこんな nimorattakonna 言葉 kotoba も mo いつか itsuka 忘 wasu れてしまうのだろう reteshimaunodarou 大切 taisetsu だったこんな dattakonna 想 omo いも imo. When the river flows Off to part us both Only heaven knows I will be a boat to sail around you Melody never say good-bye I will be near you... Some people handle love and never try I can almost fly with your wings to set me higher Someday we'll see the world And through the grey have faith in our hands... あの 日見渡 ひみわたした 渚 なぎさを 今 いまも 思 おもい 出 だすんだ 砂 すなの 上 うえに 刻 きざんだ 言葉君 ことばきみの 後 うしろ 姿 すがた 寄 より 返 かえす 波 なみが 足元 あしもとをよぎり 何 なにかを 攫 さらう 夕凪 ゆうなぎの 中日暮 なかひぐれだけが 通 とおり 過 すぎて 行 ゆく パッと 光 ひかって 咲 さいた 花火 はなびを 見 みていた きっとまだ 終 おわらない 夏 なつが 曖昧 あいまいな 心 こころを 解 とかして 繋 つないだ この 夜 よるが 続 つづいて 欲 ほしかった 「あと 何度君 なんどきみと 同 おなじ 花火 はなびを 見 みられるかな」って 笑 わらう 顔 かおに 何 なにができるだろうか 傷 きずつくこと 喜 よろこぶこと 繰 くり 返 かえす 波 なみと 情動 じょうどう 焦燥最終列車 しょうそうさいしゅうれっしゃの 音 おと 何度 なんどでも 言葉 ことばにして 君 きみを 呼 よぶよ 波間 なみまを 選 えらびもう 一度 いちど もう 二度 にどと 悲 かなしまずに 済 すむように はっと 息 いきを 飲 のめば 消 きえちゃいそうな 光 ひかりが きっとまだ 胸 むねに 住 すんでいた 手 てを 伸 のばせば 触 ふれたあったかい 未来 みらいは ひそかに 二人 ふたりを 見 みていた パッと 花火 はなびが(パッと 花火 はなびが) 夜 よるに 咲 さいた( 夜 よるに 咲 さいた 夜 よるに 咲 さいて( 夜 よるに 咲 さいて) 静 しずかに 消 きえた( 静 しずかに 消 きえた) 離 はなさないで( 離 はなれないで) もう 少 すこしだけ(もう 少 すこしだけ) もう 少 すこしだけ このままで あの 日見渡 ひみわたした 渚 なぎさを 今 いまも 思 おもい 出 だすんだ 砂 すなの 上 うえに 刻 きざんだ 言葉君 ことばきみの 後 うしろ 姿 すがた パッと 光 ひかって 咲 さいた 花火 はなびを 見 みていた きっとまだ 終 おわらない 夏 なつが 曖昧 あいまいな 心 こころを 解 とかして 繋 つないだ この 夜 よるが 続 つづいて 欲 ほしかった あの ano 日見渡 himiwata した shita 渚 nagisa を wo 今 ima も mo 思 omo い i 出 da すんだ sunda 砂 suna の no 上 ue に ni 刻 kiza んだ nda 言葉君 kotobakimi の no 後 ushi ろ ro 姿 sugata 寄 yo り ri 返 kae す su 波 nami が ga 足元 ashimoto をよぎり woyogiri 何 nani かを kawo 攫 sara う u 夕凪 yuunagi の no 中日暮 nakahigu れだけが redakega 通 too り ri 過 su ぎて gite 行 yu く ku パッ paxtu と to 光 hika って tte 咲 sa いた ita 花火 hanabi を wo 見 mi ていた teita きっとまだ kittomada 終 o わらない waranai 夏 natsu が ga 曖昧 aimai な na 心 kokoro を wo 解 to かして kashite 繋 tsuna いだ ida この kono 夜 yoru が ga 続 tsudu いて ite 欲 ho しかった shikatta 「 あと ato 何度君 nandokimi と to 同 ona じ ji 花火 hanabi を wo 見 mi られるかな rarerukana」 って tte 笑 wara う u 顔 kao に ni 何 nani ができるだろうか gadekirudarouka 傷 kizu つくこと tsukukoto 喜 yoroko ぶこと bukoto 繰 ku り ri 返 kae す su 波 nami と to 情動 joudou 焦燥最終列車 syousousaisyuuressya の no 音 oto 何度 nando でも demo 言葉 kotoba にして nishite 君 kimi を wo 呼 yo ぶよ buyo 波間 namima を wo 選 era びもう bimou 一度 ichido もう mou 二度 nido と to 悲 kana しまずに shimazuni 済 su むように muyouni はっと hatto 息 iki を wo 飲 no めば meba 消 ki えちゃいそうな echaisouna 光 hikari が ga きっとまだ kittomada 胸 mune に ni 住 su んでいた ndeita 手 te を wo 伸 no ばせば baseba 触 fu れたあったかい retaattakai 未来 mirai は ha ひそかに hisokani 二人 futari を wo 見 mi ていた teita パッ paxtu と to 花火 hanabi が ga( パッ paxtu と to 花火 hanabi が ga) 夜 yoru に ni 咲 sa いた ita( 夜 yoru に ni 咲 sa いた ita 夜 yoru に ni 咲 sa いて ite( 夜 yoru に ni 咲 sa いて ite) 静 shizu かに kani 消 ki えた eta( 静 shizu かに kani 消 ki えた eta) 離 hana さないで sanaide( 離 hana れないで renaide) もう mou 少 suko しだけ shidake( もう mou 少 suko しだけ shidake) もう mou 少 suko しだけ shidake このままで konomamade あの ano 日見渡 himiwata した shita 渚 nagisa を wo 今 ima も mo 思 omo い i 出 da すんだ sunda 砂 suna の no 上 ue に ni 刻 kiza んだ nda 言葉君 kotobakimi の no 後 ushi ろ ro 姿 sugata パッ paxtu と to 光 hika って tte 咲 sa いた ita 花火 hanabi を wo 見 mi ていた teita きっとまだ kittomada 終 o わらない waranai 夏 natsu が ga 曖昧 aimai な na 心 kokoro を wo 解 to かして kashite 繋 tsuna いだ ida この kono 夜 yoru が ga 続 tsudu いて ite 欲 ho しかった shikatta. 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 君の髪の香りはじけた 浴衣姿がまぶしすぎて お祭りの夜は胸が騒いだよ はぐれそうな人ごみの中 「はなれないで」出しかけた手を ポケットに入れて握りしめていた 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 子供みたい金魚すくいに 夢中になって袖がぬれてる 無邪気な横顔がとても可愛いくて 君は好きな綿菓子買って ご機嫌だけど 少し向うに 友だち見つけて 離れて歩いた 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 神社の中 石段に座り ボヤーッとした闇の中で ざわめきが少し遠く聞こえた 線香花火マッチをつけて 色んな事話したけれど 好きだって事が言えなかった 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 君がいた夏は 遠い夢の中 空に消えてった 打ち上げ花火 空に消えてった 打ち上げ花火. Forever Friends(DAOKO)の歌詞 Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will be near you Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will be near you Some people handle love and never try I can almost fly with your wings to set me higher Some day we'll see the world And through the grey have faith in our hands Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye We'll always be forever friends Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will believe you When the river flows Off to part us both Only heaven knows I will be a boat to sail around you Melody never say good-bye I will be near you Some people handle love and never try I can almost fly with your wings to set me higher One day we'll see the world And through the grey have faith in our hands Till the river ends DAOKOの歌詞情報. 君 きみにもらったこんな 言葉 ことばも いつか 忘 わすれてしまうのだろう 大切 たいせつだったこんな 想 おもいも いつか itsuka 忘 wasu れてしまうのかな reteshimaunokana? Some people handle love and never try I can almost fly with your wings to set me higher Someday we'll see the world And through the grey have faith in our hands... Some people handle love and never try I can almost fly with your wings To set me higher One day we'll see the world And through the grey have faith in our hands... When the river flows Off to part us both Only heaven knows I will be a boat to sail around you Melody never say good-bye I will be near you... あの 日 ひ 見渡 みわたした 渚 なぎさを 今 いまも 思 おもい 出 だすんだ 砂 すなの 上 うえに 刻 きざんだ 言葉 ことば 君 きみの 後 うしろ 姿 すがた 寄 より 返 かえす 波 なみが 足元 あしもとをよぎり 何 なにかを 攫 さらう 夕凪 ゆうなぎの 中 なか 日暮 ひぐれだけが 通 とおり 過 すぎて 行 いく パッと 光 ひかって 咲 さいた 花火 はなびを 見 みていた きっとまだ 終 おわらない 夏 なつが 曖昧 あいまいな 心 こころを 解 とかして 繋 つないだ この 夜 よるが 続 つづいて 欲 ほしかった 「あと 何度 なんど 君 きみと 同 おなじ 花火 はなびを 見 みられるかな」って 笑 わらう 顔 かおに 何 なにができるだろうか 傷 きずつくこと 喜 よろこぶこと 繰 くり 返 かえす 波 なみと 情動 じょうどう 焦燥 しょうそう 最終 さいしゅう 列車 れっしゃの 音 おと 何度 なんどでも 言葉 ことばにして 君 きみを 呼 よぶよ 波間 なみまを 選 えらび もう 一度 いちど もう 二度 にどと 悲 かなしまずに 済 すむように はっと 息 いきを 飲 のめば 消 きえちゃいそうな 光 ひかりが きっとまだ 胸 むねに 住 すんでいた 手 てを 伸 のばせば 触 ふれた あったかい 未来 みらいは ひそかに 二人 ふたりを 見 みていた パッと 花火 はなびが 夜 よるに 咲 さいた 夜 よるに 咲 さいて 静 しずかに 消 きえた 離 はなれないで もう 少 すこしだけ もう 少 すこしだけ パッと 光 ひかって 咲 さいた 花火 はなびを 見 みていた きっとまだ 終 おわらない 夏 なつが 曖昧 あいまいな 心 こころを 解 とかして 繋 つないだ この 夜 よるが 続 つづいて 欲 ほしかった パッと 花火 はなびが 夜 よるに 咲 さいた 夜 よるに 咲 さいて 静 しずかに 消 きえた 離 はなれないで もう 少 すこしだけ もう 少 すこしだけ あの ano 日 hi 見渡 miwata した shita 渚 nagisa を wo 今 ima も mo 思 omo い i 出 da すんだ sunda 砂 suna の no 上 ue に ni 刻 kiza んだ nda 言葉 kotoba 君 kimi の no 後 ushi ろ ro 姿 sugata 寄 yo り ri 返 kae す su 波 nami が ga 足元 ashimoto をよぎり woyogiri 何 nani かを kawo 攫 sara う u 夕凪 yuunagi の no 中 naka 日暮 higu れだけが redakega 通 too り ri 過 su ぎて gite 行 i く ku パッ paxtu と to 光 hika って tte 咲 sa いた ita 花火 hanabi を wo 見 mi ていた teita きっとまだ kittomada 終 o わらない waranai 夏 natsu が ga 曖昧 aimai な na 心 kokoro を wo 解 to かして kashite 繋 tsuna いだ ida この kono 夜 yoru が ga 続 tsudu いて ite 欲 ho しかった shikatta 「 あと ato 何度 nando 君 kimi と to 同 ona じ ji 花火 hanabi を wo 見 mi られるかな rarerukana」 って tte 笑 wara う u 顔 kao に ni 何 nani ができるだろうか gadekirudarouka 傷 kizu つくこと tsukukoto 喜 yoroko ぶこと bukoto 繰 ku り ri 返 kae す su 波 nami と to 情動 joudou 焦燥 syousou 最終 saisyuu 列車 ressya の no 音 oto 何度 nando でも demo 言葉 kotoba にして nishite 君 kimi を wo 呼 yo ぶよ buyo 波間 namima を wo 選 era び bi もう mou 一度 ichido もう mou 二度 nido と to 悲 kana しまずに shimazuni 済 su むように muyouni はっと hatto 息 iki を wo 飲 no めば meba 消 ki えちゃいそうな echaisouna 光 hikari が ga きっとまだ kittomada 胸 mune に ni 住 su んでいた ndeita 手 te を wo 伸 no ばせば baseba 触 fu れた reta あったかい attakai 未来 mirai は ha ひそかに hisokani 二人 futari を wo 見 mi ていた teita パッ paxtu と to 花火 hanabi が ga 夜 yoru に ni 咲 sa いた ita 夜 yoru に ni 咲 sa いて ite 静 shizu かに kani 消 ki えた eta 離 hana れないで renaide もう mou 少 suko しだけ shidake もう mou 少 suko しだけ shidake パッ paxtu と to 光 hika って tte 咲 sa いた ita 花火 hanabi を wo 見 mi ていた teita きっとまだ kittomada 終 o わらない waranai 夏 natsu が ga 曖昧 aimai な na 心 kokoro を wo 解 to かして kashite 繋 tsuna いだ ida この kono 夜 yoru が ga 続 tsudu いて ite 欲 ho しかった shikatta パッ paxtu と to 花火 hanabi が ga 夜 yoru に ni 咲 sa いた ita 夜 yoru に ni 咲 sa いて ite 静 shizu かに kani 消 ki えた eta 離 hana れないで renaide もう mou 少 suko しだけ shidake もう mou 少 suko しだけ shidake. S Sorry for being off-topic but I had to ask! あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う 夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった 「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って 笑う顔に何ができるだろうか 傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動 焦燥 最終列車の音 何度でも 言葉にして君を呼ぶよ 波間を選び もう一度 もう二度と悲しまずに済むように はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が きっとまだ 胸に住んでいた 手を伸ばせば触れた あったかい未来は ひそかに二人を見ていた パッと花火が 夜に咲いた 夜に咲いて 静かに消えた 離さないで もう少しだけ もう少しだけ このままで あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった.。 君 きみにもらったこんな 景色 けしきも いつか 忘 わすれてしまうのだろう 君 きみと 笑 わらったこんな 瞬間 しゅんかんも 打 うち 上 あげ 花火 はなび ろうそくの 色 いろ ゆらゆら 揺 ゆれた 君 きみの 横顔 よこがお 僕 ぼくの 気持 きもちもゆらゆら 揺 ゆれて 消 きえてなくなる 今 いまを 燃 もやして 真夏 まなつの 太陽 たいよう 祭 まつりの 後 あとの 寂 さびしげな 風 かぜ 手 てを 振 ふる 君 きみの 後 うしろ 姿 すがたを 何 なにも 言 いえずに 別 わかれた 夜 よるの はかなげな 空 そら 永遠 えいえんになれ 真夏 まなつの 太陽 たいよう 消 きえないで 消 きえないで ココロの 中 なか 焼 やき 付 つけて 忘 わすれないで 消 きえないで ありのままの 瞬間 しゅんかんを 雪降 ゆきふる 町 まちの 空 そらに 咲 さいてた 季節外 きせつはずれの 打 うち 上 あげ 花火 はなび ココロの 中 なかで 響 ひびき 合 あう 音 おと 君 きみにもらった 大切 たいせつなモノ 消 きえないで 消 きえないで ココロの 中 なか 焼 やき 付 つけて 忘 わすれないで 消 きえないで ありのままの 感覚 かんかくを 泣 なかないで 泣 なかないで まだ 僕 ぼくが 隣 となりに 居 いるのに 忘 わすれないで 消 きえないで ありのままの 瞬間 しゅんかんを いつか 忘 わすれてしまうのかな? あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う 夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった 「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って 笑う顔に何ができるだろうか 傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動 焦燥 最終列車の音 何度でも 言葉にして君を呼ぶよ 波間を選び もう一度 もう二度と悲しまずに済むように はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が きっとまだ 胸に住んでいた 手を伸ばせば触れた あったかい未来は ひそかに二人を見ていた パッと花火が 夜に咲いた 夜に咲いて 静かに消えた 離さないで もう少しだけ もう少しだけ このままで あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった. daoko forever friendsの歌詞! Hold me like a friend Kiss me like a friend Say we'll never end Searching for the colors of the rainbow Melody never say good-bye I will be near you... 過ぎ去った時をただ思い出す あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ 砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿 パッと光って咲いた 花火を見ていた きっとまだ 終わらない夏が 曖昧な心を 解かして繋いだ この夜が 続いて欲しかった またしても、もう一度あの夏の日のことを思い出します。

16
。 。

打上花火 歌詞「DAOKO × 米津玄師」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

6

DAOKO×米津玄師 打上花火 歌詞

。 。 。

16

DAOKO×米津玄師『打上花火』歌詞の意味・解釈と考察

。 。

13

打上花火 歌詞『DAOKO×米津玄師』

。 。 。

。 。

DAOKO

DAOKO

。 。

1

夏祭り 歌詞/Whiteberry

2

DAOKO×米津玄師『打上花火』歌詞の意味・解釈と考察

11
。 。