国際 興業 バス 路線 図。 国際興業バスの路線/系統一覧

【7/1開業】国際興業バス新路線・浦15系統の沿線を辿る

(十和田観光電鉄) (平成14年)12月 - (平成20年)1月までと共同運行していた 深夜急行路線「ミッドナイトアロー」 [ ] ミッドナイトアロー成増・朝霞台 国際興業では、一般路線の深夜バスとは別に、池袋・大宮両駅を起点とする中距離の深夜急行バスを運行している。 武浦80:武蔵浦和駅 - 美女木 - 戸田車庫 同年秋からは、移管した上記路線以外の一部路線の運行管理業務の受託も開始した。 西川63(二代):西川口駅西口 - 中町一丁目 - 北町五丁目 - 市立病院 - 蕨駅西口 1990年5月16日に西川口・蕨両駅から市立病院への足として新設されたが、1998年7月16日に廃止された。

5
南浦01(二代):南浦和駅西口 - 白幡坂上 - 大里 - 武蔵浦和駅 - 沼影新道- 田島通り - 田島団地 - 田島 - 浦和駅西口 1985年10月1日の埼京線開通によって武蔵浦和駅経由へ経路変更したが、利用客の減少から1999年5月16日に廃止された。 東都乗合自動車 [ ] (昭和10年)、との共同出資により 東都乗合自動車を設立。

国際興業バス 路線図 赤01

西川63-2:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 北町五丁目 - 芝富士一丁目 - 蕨駅西口 1990年5月16日に西川63(2代)と共に新設された市立病院非経由・芝富士一丁目経由の路線だが、1998年7月16日に親路線と同時に廃止された。 このページをご覧いただくと、赤01の地図上の場所、赤01が停まるバス停の一覧や運行する事業者の名前が分かり … 南浦52南浦和駅 東台先回り 細野循環国際興業バスのバス路線. 南浦05:南浦和駅西口 - 白幡坂上 - 沼影 - 曲本 - 下笹目 - 高島平駅 都内乗り入れ路線を対象に実施された再編によって、1990年5月16日に廃止された。

16
これら度重なる意匠変更により、車両前面は「ロゴ無し」・「Kokusai Bus」ロゴ(初期ノンステップ)・「Kokusai Kogyo」ロゴの3種類、非公式側表記が「国際興業バス」・「スバ業興際国」、後面は「国際興業バス」・「Kokusai Bus」ロゴ(初期ノンステップ)・「Kokusai Kogyo」ロゴの3種類があった。 川52 三代 西口 - 喜沢橋 - - 浅間橋 - 氷川町三丁目 - 根木橋 - 笹目 - 下笹目 2020年3月27日廃止。

国際興業バスの路線図、時刻表、運賃・定期、高速バス

西川60:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 五差路 - 下笹目 - 美女木 - 戸田車庫• 武蔵浦和・池袋~東京ディズニーリゾート線 武蔵浦和・池袋 - 廃止路線 [ ]• 一方浦15系統はここからいよいよ新規単独 こちらも市役所の前、それも正面ロータリーの前を通るのですが、 なんと 停留所一切なし! その理由については後程推察してみましょうか。

また、同じく東急傘下を離脱したとは東都乗合自動車時代から交流を深め、(昭和24年)に両社共同管轄の池袋駅 - (現:池11)を立ち上げ、にはを経由する - - 赤羽駅(現:赤31)を開設した。

Bus Service Map (Useful bus network maps around Tokyo)

鳩ヶ谷自動車 [ ] 埼玉県内では、(大正5年)に 鳩ヶ谷自動車が創業。

同日には王子駅 - 池袋駅にも路線が開通し(国際興業バス池袋営業所 王子駅 - 板橋駅線参照)、池袋と板橋区・北区の連絡が強化されている。

国際興業バスの路線/系統一覧

前身事業者の統合 [ ] 板橋乗合自動車 [ ] (大正8年)、 板橋乗合自動車が創業。 Sorry, our maps are only available by Japanese Language. 埼玉県日高市: - のみ受託 車両 [ ] 概説 [ ] 車番は基本的に4桁で表記され、超小型車や貸切など車両数が少ないタイプは3桁(上一桁が0の省略と考えればよい)でまとめられる。 来月7月1日より、新路線として [浦15]西口~西堀氷川トンネル経由~桜区役所線が開業します! から桜区役所方面へ向かう路線はこれまでにも西堀経由・六間道路経由…と複数ありますが、浦15系統は他路線と異なり 町谷本太線および大谷場高木線の一部…2019年3月開通 を通り、所要時間・定時性とも優れたルートを通るのが特徴です。

16
蕨駅 - 芝循環線 [ ]• 南浦01:西口 - 公会堂入口 - - 入口 -• (元年) - 深夜急行バス(西口 - 東口)が運行開始。 周辺に路線を有しており、当初は 王子乗合自動車商会から継承した - 板橋役場 - の路線を運行していたが、その後に埼玉県内でも中山道に沿って浦和・大宮へ路線を延伸していった。

池袋駅から19系統、国際興業バスが最新版の「バス路線案内」公開し配布も

蕨駅 - 南浦和駅線 [ ]• 南浦83:南浦和駅西口 - 辻五反田 - 武蔵浦和駅 - 曲本 - 戸田車庫 2003年11月16日に南浦和駅発着の出入庫を南浦80に統一するため、廃止された。

6
川52(初代):川口駅西口 - 飯塚三丁目 - 宮町 - 喜沢南 - 五差路 - 戸田市役所 1975年10月1日に西川口駅発着へ変更された。

ヤフオク!

武浦10:西口 - 県庁前 - 別所六丁目 - 西口 - 沼影 - 田島団地 朝夕運行• 路線図作成に用いているAdobe Acrobat は Version X です。 浦和駅 - 武蔵浦和駅 - 田島団地線 [ ]• 浦10:浦和駅西口 - 県庁前 - 中浦和駅 - 田島 - 西浦和駅入口 - 田島団地 浦和駅から田島・西浦和駅を経由し、西浦和駅南側に広がる田島団地へ向かう。 埼玉高速鉄道線の開業に伴う再編 [ ] (平成13年)3月28日に( - )が開業したため、川口・鳩ヶ谷両営業所管内で創設以来となる大規模再編を実施した。

13
蕨50:西口 - 芝園団地 - 芝富士一丁目 - 北町五丁目 - 文蔵一丁目 - 西口• 赤73(深夜バス) 国際興業: 時刻表 : 系統図 : 詳細検索 [赤羽駅西口] 日大病院: 赤57: 国際興業: 時刻表 : 系統図 : 詳細検索 [赤羽駅西口] 練馬駅: 赤01: 国際興業: 時刻表 : 系統図 : 詳細検索 : 検索結果ページ: 1 2 次へ. 西川口駅 - 北戸田駅・下笹目線 [ ]• 乗車券類 [ ] 定期券 [ ]• 戸52:戸田公園駅 - 浅間橋 - 氷川町三丁目 - 根木橋 - 笹目 - 下笹目 開設時は戸田市役所までの運行だったが、西川口駅発着に変更されて1996年頃に現在の経路となり、2002年11月16日に戸田公園駅折返しの戸52が新設された。 武蔵浦和駅 - 下笹目線 [ ]• 西川55:西川口駅西口 - 中町二丁目 - 戸田高校 - 蕨市役所 - 蕨駅西口• 南浦08(初代):南浦和駅西口 - 辻五反田 - 大里 - 白幡坂上 - 南浦和駅西口(六辻循環)• 増14(二代):成増駅北口 - 赤塚四丁目 - 吹上新道 - 笹目橋 - 下笹目• これにより千葉県内各図の約10年ぶりの全面描き直しを完了 これ以前の 2000年2月14日 の1コーナーから独立、Bus Service Mapホームページ開設 (おことわり) 地名・停留所名について、JIS規格の変更等の影響により、実際の地名・停留所名と異なる字体で表示されることがあります。

国際興業バス

- 鳩ヶ谷車庫 - - 間を運行開始。

11
西川63:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 上戸田地域交流センター - 開通前は西川51が戸田市内中心部へ向かう系統の幹線格だったが、1985年10月1日に埼京線が開業すると、当初の駅設置予定位置が中央通りより外れたため利用者が減少した。 西川58:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 五差路 - 戸田市役所 - 戸田高校 - 下笹目 1985年10月1日の埼京線開通によって西川50・52・58が全て統合され、現在は西川62として運行している。

池袋駅から19系統、国際興業バスが最新版の「バス路線案内」公開し配布も

現行路線 [ ] 赤羽駅 - 南浦和駅線 [ ]• 南浦11(初代):南浦和駅西口 - 上谷 - 伊刈消防署 - 川口北スポーツセンター - 川口市立医療センター• 荒川大橋経由の赤23より早く西新井・赤羽両駅へ到着できることから、全線乗り通す乗客などで終日に渡って混雑しているため、赤羽駅 - 椿二丁目までは赤26(赤羽駅 - 舎人団地:川口担当)と8-10分間隔で交互で運行されている。 並走する 戸52 戸田公園駅 - 氷川町三丁目 - 下笹目 に統合• まず方向のバス停が野球グランドの道路挟んで反対側 桜区役所方面乗り場はちょっと西に進んで子供向け広場 写真左手 の目の前 そしてすぐに新幹線・の高架をくぐり… その目の前が「西堀氷川トンネル」 トンネルの上がであるが故のでしょうが、個人的にはここのの工事に時間を費やしてたような、そんな印象です。 西川60-2:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 五差路 - 下笹目 - 道満グリーンパーク - 美女木 - 戸田車庫 1985年10月1日の埼京線開通によって西川57・57-2から系統番号変更。

12
増14-2:成増駅北口 - 吹上新道 - 笹目橋 - 下笹目 - 道満グリーンパーク - 戸田車庫 - 蕨駅西口• 蕨81:蕨駅西口 - 市立病院入口 - 北町五丁目 - 法華田 - 戸田車庫 蕨市役所経由の蕨80と市立病院入口経由の蕨81から形成する。

国際興業バス

さらに、 - 庚申塚、 - - 、 - - などの路線を開設した。

8
営業所および営業路線 [ ] 営業所、案内所 [ ] 国際興業の乗合バス営業所は下記の通り、東京都内に4ヶ所、埼玉県内6ヶ所の計10ヶ所がある。

国際興業バスの路線/系統一覧

浦81:浦和駅西口 - 県庁前 - 大里 - - 沼影 - 曲本 - 美女木 - 戸田車庫(朝・夜間運行) 以前は市立病院経由(浦19)と北町四丁目経由(浦19-2)の2路線が交互に運行されていたが、国道と市役所通りを結ぶ市道が渋滞になりやすいこともあり、2003年11月16日、浦19が廃止、代わりに蕨81が新設されている。 西川57-2:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 五差路 - 根木橋 - 下笹目 - 道満グリーンパーク - 美女木 - 戸田車庫 1985年10月1日の埼京線開通によって、西川60・60-2に系統番号変更。 西川51:西川口駅西口 - 中町一丁目 - 五差路 - 根木橋 - 笹目 - 下笹目 1985年10月1日に西川61へ系統番号変更の上、運行中。

浦和羽田線: - 西口 - 西口 - 羽田空港(東京空港交通と共同運行)• 南浦和駅 - イオンモール北戸田線 [ ]• 赤01: 国際興業: 時刻表 : 系統図 : 詳細検索 [練馬北町車庫] , , , , , , , , , , , , , ,• 蕨56:蕨駅西口 - 中央浄水場 - 上戸田稲荷 - 戸田橋 - 高島平操車場 1985年10月1日の埼京線開通によって赤07(赤羽駅 - 蕨駅)を分断し、残した蕨方を系統番号変更して新設した。 川53-2:川口駅西口 - 川口六丁目 - 喜沢橋 - 戸田公園駅 - 下笹目 - 彩湖・道満グリーンパーク - 戸田車庫 1996年頃に新設された、川口から戸田公園を経由する川52の出入庫路線。
南浦和駅 - 細野循環線 [ ]• 西川63(初代):西川口駅西口 - 中町一丁目 - 福祉センター - 戸田公園駅 - 下笹目 1985年10月1日の埼京線開通によって新設されたが、僅か1年後の1986年12月10日に廃止された 蕨駅 - 戸田車庫線 [ ]• 浦50:東口 - 太田窪 - 細野 - 太田窪五丁目 - 二十三夜坂下 - 小谷場 - 西口• 武浦80:武蔵浦和駅 - 沼影 - 曲本 - 美女木 - 戸田車庫(平日朝夕運行)• 国際興業バスの路線バス 名前順 350路線 さいたま東営業所~アーバンみらい[春野図書館] 高島平操車場~四葉町 高島平操車場~徳丸西 与野本町駅~白鍬電建住宅 与野本町駅~与野西中学校 与野本町駅~与野公園入口 光が丘駅~練馬北町車庫 光が丘駅~池袋駅東口 光が丘駅~練馬北町車庫 光が丘駅~光が丘IMA 北朝霞駅~下宗岡二丁目 下宗岡四丁目~北朝霞駅 北朝霞駅~下宗岡二丁目 北朝霞駅~南与野駅西口 北浦和駅西口~埼玉大学[大学構内乗場] 北浦和駅西口~白鍬電建住宅 北浦和駅東口~さいたま新都心駅東口 北浦和駅東口~上木崎 北浦和駅東口~さいたま新都心駅東口 北浦和駅東口~領家二丁目[浦和区] 北浦和駅西口~西浦和車庫 北浦和駅西口~新中里三丁目 高麗川駅~埼玉医大 高麗川駅~埼玉医大保健医療学部 高麗川駅~埼玉医大国際医療センター 埼玉医大国際医療センター~高麗川駅 飯能駅~埼玉医大 飯能駅~埼玉医大国際医療センター 南与野駅西口~埼玉大学[大学構内乗場] 下大久保~南与野駅西口. (昭和63年) - 国際興業初の・八重洲南口 - 線(現・)、運行開始
南浦08:西口 - 根岸橋 - 辻五反田 - 六辻 - 根岸五丁目 - (高架下) - 沼影 - 田島団地 比較的短距離路線だが、武蔵浦和駅周辺の渋滞のために遅延することもある 2020年3月27日の改正で川口駅西口 - 戸田公園駅間「川52 三代 」が廃止になった