引張 試験 片。 DIN EN ISO 6892

JISZ2241:2011 金属材料引張試験方法

239000000057 synthetic resin Substances 0. 239000011248 coating agent Substances 0. 1 S L 〜 o o 5. 切欠き底部の応力集中係数は小 さすぎると疲労き裂発生位置を特定し難く、大きすぎる とき裂発生寿命が極端に短くなり伝播寿命だけが支配的 となる上、切欠き寸法が小さくなり化学研磨の際のブラ ッシングを行い難くなる。

22 Z 2241:2011 管状試験片の原断面積Soを求めるための厚さは,管端部の円周を等分する3か所以上につい て測定した値の平均値とする。 注記 図8 b 参照 3. 【構成】 (1)長さ方向に繰り返し荷重が与えられる 鋼製疲労試験片を製造する方法において、鋼材から採取 され、長さ方向中央部に長方形断面を有する平行部を配 し、当該平行部の上側一面のみに長さ方向と直角に溝状 の切欠きを加工し、当該切欠きの底部に機械的研磨を施 し、更に重量%濃度で1%以上5%以下のフッ化水素酸 を含有する過酸化水素水中で、当該切欠きを研磨する化 学的研磨を加えることを特徴とする、片側切欠き付き引 張疲労試験片の製造方法、(2)前記化学的研磨の後 に、重量%濃度で1%以上3%以下の硝酸を含有するエ タノールを用いて前記切欠きを腐食することを特徴とす る前記(1)記載の片側切欠き付き引張疲労試験片の製 造方法。

引張試験

Description 【0007】ところで、従来の引張疲労試験片の形状 は、面対称あるいは軸対称になるような設計がなされて おり、丸棒平滑、角棒平滑、丸棒円周切欠き付き、角棒 両側切欠き付き、平板平滑、平板両側切欠き付き、平板 中央切欠き付き等が使用されてきた。 オフセット降伏 Rp と Rt 金属の引張試験に少なくとも精度2級からISO9513までの伸び計を使用する必要がある特性値は次のとおりです:• 1 ここに, cLe 平行部の推定ひずみ速度 Lc: 試験片の平行部長さ c Rp,Rt又は降伏の終了以降(3. o o o 1 o o o o a D b sin a D a S E. 鍛造品 - 14A号 4号 10号 -. 5 Z 2241:2011 100 o u o S S S Z 3. 9 最大試験力(maximum force) 注記1 不連続な降伏を示し,加工硬化をしない材料について最大試験力を規定する場合は,受渡当 事者間の協定による。

19
附属書D (規定) 厚さ3 mm以上の板 及び径又は対辺距 離4 mm以上の線及 び棒の試験片 附属書D 厚さ3 mm以上の板及び 径又は辺4 mm以上の線 及び棒の試験片 変更 追加 削除 D. 単位 mm 試験片の原標点距離 Lo 平行部長さ Lc 肩部の半径 R o 65. 単位 mm 径 do 試験片の原標点距離 Lo 平行部長さ Lc 肩部の半径 R 12. t o 000 1 L m S E. 3 試験結果 29 Z 2241:2011 (2) ページ 附属書A(参考)コンピュータ制御による試験機に関する推奨事項 30 附属書B(規定)厚さ0. 1 4 Z 2 2 4 1 : 2 0 11 1 4 Z 2 2 4 1 : 0 0 0 0 I JISの規定 II 国際規格 番号 III 国際規格の規定 IV JISと国際規格との技術的差異の箇条 ごとの評価及びその内容 V JISと国際規格との技術的差 異の理由及び今後の対策 箇条番号 及び題名 内容 箇条番号 内容 箇条ごと の評価 技術的差異の内容 9 試験機 の精度 9. c c c Le L v JB. 1 4 Z 2 2 4 1 : 0 0 0 0 1 4 Z 2 2 4 1 : 2 0 11. 11号試験片の断面は,管材から切り取ったままとし,つかみ部に心金を入れるか又はつち打ちして平片 44 Z 2241:2011 とする。

DIN EN ISO 6892

t o 000 1 L m S C. 1 一致 追加 追加 追加 ISO規格では,他の使用できる 試験片として,具体的にISO, API,ASTM,DIN,IACS,JIS が記載されている。 3 試験速度 注記 ISO 6892-1では,ひずみ速度制御による方法を方法Aとし,応力増加速度制御による方法を方 法Bとして規定している。

3 下降伏応力ReL及び降伏伸びAe 上降伏応力が現れた後,平行部の推定ひずみ速度 cLe 不連続な降伏が終わるまで次の二つのうちの一 つの規定範囲にしなければならない(図JB. ASTM D882 Standard test method for tensile properties of thin plastic sheeting• 2 最終標点距離(final gauge length after rupture,final gauge length after fracture),Lu 破断後に室温で測定する,試験片にしるされた標点距離(3. 7 200 215以上 25以上 もとの厚さまま 注記 ISO 6892-1では,試験片の原標点距離が80 mmの試験片が規定されている。

引張試験

230000015572 biosynthetic process Effects 0. 18 Z 2241:2011 a 試験前 b 試験後 ao 試験前の管の厚さ bo 管から切り取った円弧状試験片の平均幅 Lc 平行部長さ Lo 原標点距離 Lt 試験片の全長 Lu 破断後の最終標点距離 So 平行部の原断面積 Su 破断後の最小断面積 1 つかみ部 注記 試験片のつかみ部の形状は,参考である。

9
100 2 o o YZ XY L L l l A H. 238000010438 heat treatment Methods 0. 239000012288 hydrogen peroxide Substances 0. 金属または 金属材料の引張試験は、主に DIN EN ISO6892-1および ASTME8に基づいています。 a b c おそらく、油圧式で実験を行った方は a , b のように描くと思われる。

JIS Z2241 試験片のスペック・仕様・特長

一致 2 引用規 格 3用語及 び定義 変更 追加 次の用語番号をJISとISO規格 では変更している。 4記号及 び内容 4 削除 JISでは,厚さ記号T(鋼管の 製品規格で使われる記号)を削 除した。 229910052759 nickel Inorganic materials 0. 05 52 Z 2241:2011 附属書JB (参考) ひずみ速度制御による試験速度(方法A) この附属書は,ISO 6892-1の方法Aとして,ひずみ速度制御によって,弾性域の試験速度を制御する試 験方法を規定したものである。

13
5 50 60以上 15以上 図D. 2 伸び計 耐力(オフセット法又は全伸び法)の測定の場合には,使用する伸び計は,適用する伸びの範囲で,JIS B 7741の等級2級以上を使用する。 229910000816 inconels 718 Inorganic materials 0. 241000282898 Sus scrofa Species 0. 1 原標点距離(original gauge length),Lo 試験前に室温で測定する,試験片にしる(印)された標点距離(3. 06 50 20〜30 57 75 87. 51 Z 2241:2011 附属書JA (参考) 試験片断面積の算出に必要な測定箇所数 JA. 229910000975 Carbon steel Inorganic materials 0. 238000006011 modification reaction Methods 0. 02 mmの意味は,試験片の幅が,次に示すような二つの値の外にあってはな 33 Z 2241:2011 らないことを示している。

引張試験

注記2 図8 c 参照 3. 238000010894 electron beam technology Methods 0. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. 1 mm〜3 mm(未満)の薄板材料に使用される試験片の種類 注記 厚さ0. 000 claims abstract description 14• 229910000601 superalloy Inorganic materials 0. 注記 ISO 6892-1では,JIS B 7741の等級1級が規定されている。

11
01 と d o= 12. 19 Z 2241:2011 断面が一様な金属材料(形,棒,線など)及び鋳込みままの試験片(すなわち,鋳鉄及び非鉄金属)の場 合は,機械加工をせずに試験を行ってもよい。 7 170 265 27を超え 40以下 205 38 Z 2241:2011 D. 破断後の伸びAとAt 降伏点(R eHおよびR eL)とオフセット降伏(RpおよびRt)を正しく決定するには、正確な力とひずみの測定に加えて、 試験速度も重要です。

JPH08247907A

239000007864 aqueous solution Substances 0. 附属書F (参考) 附属書F 一致 附属書G (参考) 附属書G 一致 附属書H (参考) 附属書H 一致 附属書I (参考) 附属書I 一致 附属書JA (参考) 試験片断面積の算 出に必要な測定箇 所数 追加 ISO規格では,規定が曖昧なた め,必要測定箇所数の考え方を 記載し,判断の基礎に適用でき るものとした。 7 50 約60 15以上 元の厚さのまま 図E. 000 description 1 Abstract 57 【要約】 【目的】 本発明は、試験片加工の際に生ずる表面凹 凸、表面加工硬化層、表面残留応力の影響を除いた鋼材 の疲労強度・伝播特性を迅速かつ簡易に調査するための 引張疲労試験片の製造方法を提供する。

比例試験片は,原標点距離Lo及び原断面積Soの間に, o o S k L の関係をもつ試験片である。 31 Z 2241:2011 附属書B (規定) 厚さ0. 4 46 Z 2241:2011 附属書F (参考) 試験機の剛性を考慮したクロスヘッド変位速度の見積り JB. 229920003002 synthetic resin Polymers 0. このとき,心金に触れないで変形できる部分の長さは, 2 2 o o o o D L D L 〜 とし,できるだけ Lo+2Do とする。

JIS Z2241 試験片のスペック・仕様・特長

用いた方法[図7 a 又は図7 b 参照]は,試験報告書に記載することが望ましい。 000 claims abstract description 40• 日本産業規格 JIS Z 2241:2011 金属材料引張試験方法 Metallic materials-Tensile testing-Method of test at room temperature 序文 この規格は,2009年に第1版として発行されたISO 6892-1を基とし,技術的内容を変更して作成した 日本産業規格である。 000 title claims description 9• 単位 mm 試験片の種類 供試材の鋳造寸法 (径) 平行部長さ Lc 径 do 肩部の半径 R 8A 約13 約8 8 16以上 8B 約20 約12. Withdrawn Application number JP4866195A Other languages Inventor Shuji Aihara Yoichi Kayamori Katsumi Kurebayashi Hiroshi Ouchi 博史 大内 勝巳 榑林 周二 粟飯原 陽一 萱森 Original Assignee Nippon Steel Corp 新日本製鐵株式会社 Priority date The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. 2 伸び計 22 10 試験条件 22 10. 04 注記 ISO 6892-1では,この呼び幅に対する許容差よりも大きな許容差が規定され ている。

12
。 1 ここに, Lo: 原標点距離 k: 5. 021 2 /4 = 113. 1 4 Z 2 2 4 1 : 2 0 11 1 4 Z 2 2 4 1 : 0 0 0 0 I JISの規定 II 国際規格 番号 III 国際規格の規定 IV JISと国際規格との技術的差異の箇条 ごとの評価及びその内容 V JISと国際規格との技術的差 異の理由及び今後の対策 箇条番号 及び題名 内容 箇条番号 内容 箇条ごと の評価 技術的差異の内容 附属書E (規定) 管に使用する試験 片 附属書E 追加 変更 JISの試験片の種類を追加し た。

DIN EN ISO 6892

な ぜならば、複数試験部の場合には、研磨液に全体が浸漬 された試験片の1番目の試験部をブラッシングすれば、 その間に他の試験部に不均一腐食が生じ、その後2番目 の試験部をブラッシングすれば、その間にすでに研磨し た1番目の試験部に不均一腐食が生じるためである。 2 降伏応力(降伏点)[yield strength(yield point)] 金属材料が降伏現象を示すときに,試験力の増加が一切ないにもかかわらず試験中に塑性変形が生じる 応力。

14
) 試験機がひずみ速度を直接制御できない場合には,平行部の推定ひずみ速度 cLe 夰樰 愰 ロスヘッド変 位速度を用いなければならない。

材料試験片とは

43 Z 2241:2011 附属書E (規定) 管に使用する試験片の種類 E. 1 4 Z 2 2 4 1 : 0 0 0 0 1 4 Z 2 2 4 1 : 2 0 11 I JISの規定 II 国際規格 番号 III 国際規格の規定 IV JISと国際規格との技術的差異の箇条 ごとの評価及びその内容 V JISと国際規格との技術的差 異の理由及び今後の対策 箇条番号 及び題名 内容 箇条番号 内容 箇条ごと の評価 技術的差異の内容 附属書B (規定) 厚さ3 mm未満の薄 板材料に使用され る試験片 附属書B 厚さ3 mm未満の薄板材 料に使用される試験片 変更 呼び寸法に対する許容差をJIS は,ISO規格より厳格化した値 を適用した(表B. 伸び計標点距離の外側で ネッキングが発生した場合の制御の問題を避けるため, cLe 極 するのがよい。 附属書A (参考) 附属書A 削除 国内のコンピュータ制御試験機 の実態に合わせた内容に修正す ることをISOに提案する。 Young著「Formulas for Stress and Strain」(McGr aw-Hill Kogakusya 刊,1975年)の592ページにその 計算方法の記載がある。

2
238000005482 strain hardening Methods 0. 1 4 Z 2 2 4 1 : 0 0 0 0 1 4 Z 2 2 4 1 : 2 0 11 I JISの規定 II 国際規格 番号 III 国際規格の規定 IV JISと国際規格との技術的差異の箇条 ごとの評価及びその内容 V JISと国際規格との技術的差 異の理由及び今後の対策 箇条番号 及び題名 内容 箇条番号 内容 箇条ごと の評価 技術的差異の内容 13 耐力 (オフセ ット法) Rp 13 削除 塑性伸び法(図6)について, 注記とした。

JPH08247907A

12 下降伏 応力ReLの 測定 12 一致 計算式を記載し,理解しやすく した。 000 claims abstract description 20• 結果的に、標線間距離 GL, Gage Length, 標点間距離とも言う O 1O 2はGL=Lo=(80. 【請求項2】 前記化学的研磨の後に、重量%濃度で1 %以上3%以下の硝酸を含有するエタノールを用いて前 記切欠きを腐食することを特徴とする請求項1記載の片 側切欠き付き引張疲労試験片の製造方法。 100 ' ' ' o o u wn L L L A I. 注記 参考情報として,弾性係数が150 000 MPa未満の代表的な材料には,マグネシウム,アルミニ ウム合金,黄銅及びチタンがある。

Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. 4の寸法によることができない場合には, o o 4S L によって平行部の径及び標点距 離を定めてもよい。

JPH08247907A

。 。

16