病態 関連 図 書き方。 順番に沿って考える!病態関連図がスムーズに作成できる3つコツ!

[看護過程]関連図で頭を整理しながら綺麗に書くために必要な3つのコツ

活動-運動 身体活動は適切か 身体活動状況は適切か 活動耐性は適切か 運動習慣は適切か 日常生活活動(ADL)は自立しているか ADLは自立しているか 余暇活動は適切か 余暇活動は適切か 5. 認知-知覚 感覚機能は適切か 感覚機能は適切か 認知機能は適切か 記憶力・注意力は適切か 言葉の理解と表現は適切か 意思決定はできるのか 学習能力・知識は適切か 不快症状はどうか 疼痛 はどうか その他の不快症状はどうか 7. 1、主疾患との関係 2、治療との関係(副作用など) 3、既往歴との関係 4、発達段階の特徴との関係 5、心理状態との関係 例えば、浮腫の原因について調べているとき、 浮腫と主疾患の関係、浮腫と治療との関係、浮腫と既往歴との関係、浮腫と発達段階の特徴との関係、を確認してみよう、ということ。

15
凡例の意味 顕在的な問題:今起こっていること、すでに起こっていること 潜在的な問題:これから起こりうること、リスク 実線の矢印:顕在的な問題へつながる矢印 点線の矢印:潜在的な問題へつながる矢印 他にも、線を太くしたり、二重線を使ったり、丸を使うなど工夫しても良いと思います。 自己知覚-自己概念 自己概念はどうか アイデンティティはどうか ボディイメージはどうか 自尊感情はどうか 自尊感情はどうか 感情の状態はどうか 感情の状態はどうか 8. 自分でいちから病態関連図をかくとき、 1、該当する疾患について解説している教科書、参考書を見つける 2、疾患の原因を確認する 3、下書き用紙に、疾患の原因を書いて、スタート地点にする 4、スタート地点と正反対の位置に、症状を書き出す(ゴール地点) 5、それぞれの症状について、なんがどうなって生じているのかを確認する 6、5の内容をもとに、スタート地点と、ゴール地点の間が、どんなふうにつながるか確認する(必要であればメモしておく) 6、4、5、6を踏まえて、清書 繰り返しになりますが、この方法が「正解」というわけではありません。

看護過程の展開で役立つ関連図ってどんなもの?

健康知覚-健康管理 健康知覚(健康に関する認識)は適切か これまでの健康に関する認識は適切か 現在の健康に関する認識は適切か 健康管理は適切か 健康管理状況は適切か 安全対策は適切か 2. セクシュアリティ-生殖 生殖機能・セクシュアリティはどうか 生殖機能の状態はどうか セクシュアリティはどうか 10. 排泄 便の排泄は適切か 排便習慣は適切か 排便の状態は適切か 尿の排泄は適切か 排尿習慣は適切か 排尿の状態は適切か 汗の排泄は適切か 汗の状態は適切か 4. 役割-関係 適切に他者との関係を築けるか 適切に 他者との関係を築けるか 疾病・治療による役割への影響はどうか 家庭での役割と関係は適切か 職場での役割と関係は適切か 地域での役割と関係は適切か 9. 簡単な情報 必要があればご覧ください 老年期の男性、30年間の喫煙、呼吸困難によって食欲の減少、食事動作・排泄動作・清潔動作の自立度が低下している、総タンパク・アルブミンの低値、夜間頻尿がある、中途覚醒あり、妻が一人おり毎日面会に来る、入院前はボランティア活動を行っていた、内服薬自己管理、酸素濃度の切り替えを自分で行っている、日中ベッド上で足上げ動作を実施 非常に簡単な内容のため、分量も少なめとなっています 1. コーピング-ストレス耐性 ストレスとストレス耐性の関係はどうか ストレスとストレス耐性の関係はどうか コーピングは適切か コーピング方法は適切か サポートシステムは適切か 11. 機械的イレウス 1)閉塞性イレウス2)絞扼性イレウス 機能的イレウス 1)麻痺性イレウス 2)痙攣性イレウス 腸蠕動音が亢進するのか消失するのか、痛み方は断続的か継続的かなどがあるので堪忍しましょう。 。 。

9
。 。

【看護学実習】関連図の書き方とコツは、たくさん書かないことだった!

。 。 。

。 。

看護における病態関連図・全体関連図の書き方のコツ

。 。 。

2
。 。

【見本あり】看護過程の関連図を簡単に書く方法

。 。

疾患別看護ケア関連図は看護学生に超おすすめです[感想ぶっちゃけます]

。 。 。

【看護過程】関連図の書き方|鳩ぽっぽ|note

。 。

。 。

[看護過程]関連図で頭を整理しながら綺麗に書くために必要な3つのコツ

。 。 。

14
。 。

関連図の書き方~基本的な手順と解説~

。 。

20