選挙 妨害 ヤジ。 「選挙妨害か確認中」と道警見解変える ヤジの市民排除:朝日新聞デジタル

「安倍やめろ」のヤジを警察が取締り! 産経も「刑事罰にあたる」と脅し…“選挙妨害”拡大解釈でロシア並み言論弾圧国家へ (2019年7月18日)

<2019年11月23日追記> (上のリンクが切れていたので、本文をこっそり転載しておきます) 政治家にヤジも言えない? 元道警幹部が指摘する危険性 斎藤徹、伊沢健司 2019年9月17日08時00分 街頭演説中の政治家に「ヤジ」を飛ばした市民を北海道警の警察官が強制的に排除した問題が起きてから、15日で2カ月がたった。

14
。 これは演説妨害なのでしょうか? 公職選挙法225条の演説妨害違反 公職選挙法(選挙の自由妨害罪) 第二百二十五条 選挙に関し、次の各号に掲げる行為をした者は、四年以下の懲役若しくは禁錮こ又は百万円以下の罰金に処する。

「ヤジは公職選挙法違反」ではない|ヤジポイの会|note

刑法上の「逮捕」とは 大審院第二刑事部昭和7年2月29日判決 昭和6年(れ)第1706号 大審院刑事判例集11巻3号141頁 案ずるに 逮捕には多少の時間継続して自由を束縛するの観念を包含するものにして単なる一瞬時の拘束は暴行罪を構成することあるべきも逮捕罪の成立を見ることなし として、この事案では一般人が被害者の両足を縄で5分間縛ったことが刑法220条1項の不当逮捕罪に当たるとしました。 演説の妨害についての判例 最高裁判所第3小法廷 昭和23年(れ)第117号 昭和23年6月29日 衆議院議員選擧法第百十五条第二号にいわゆる演説の妨害とは、その目的意図の如何を問わず、事実上演説することが不可能な状態に陥らしめることによつて成立するのであつて、判示山内泰藏の演説の継続が不可能になつたのは、被告人と山内との口論にその端を発したものであるとはいえ、結局は、被告人の山内に対する暴行によつて招来されたものであるから被告人として固よりその罪責を免かれることはできない。 「演説妨害」の定義とは 最高裁判所第3小法廷 昭和23年(れ)第117号 昭和23年6月29日 衆議院議員選擧法第百十五条第二号にいわゆる 演説の妨害とは、 その目的意図の如何を問わず、事実上演説することが不可能な状態に陥らしめることによつて成立するのであつて、判示山内泰藏の演説の継続が不可能になつたのは、被告人と山内との口論にその端を発したものであるとはいえ、結局は、被告人の山内に対する暴行によつて招来されたものであるから被告人として固よりその罪責を免かれることはできない。

選挙 妨害 ヤジ

。 。 。

3

選挙演説のヤジの違法性|Charlotte Elizabeth Diana|note

。 。 。

7
。 。

路上での選挙演説等を聞いてる時に、野次を言うとどうなりますか?

。 。

13
。 。

選挙 妨害 ヤジ

12

朝日新聞「演説中のヤジ、選挙妨害?」を読んで

。 。

。 。

選挙 妨害 ヤジ

。 。 。

5

【衆院選】ヤジに聴衆から「選挙妨害するな!」そして拍手…「偏向報道」に抗議するプラカードも登場 左派系団体の演説妨害に抗する動き、新潟で (1/2ページ)

。 。

15