プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠。 プログラミング言語C : ANSI規格準拠

ダウンロード プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 pdf 無料

だから 「驚くべきことに --- 少なくとも最初に見たときにはだが ---」ぐらいの感じか? 120 ページ 18 行目、「計算」は「評価」。 それを訳文にも生かすなら、次の文の前に「すなわち」ぐらいをいれる? 「添字付き配列の表現」は原文では an array-and-index expression だから、 「『配列プラス添字』の式は」かもしれない。

4
120 ページ 21 行目、「式の中では添字でそれを使ってもよい」 は意味がとれない。

プログラミング言語C : ANSI規格準拠

この画像を表示、移動、印刷、または著名な著者からこの本 プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 に送信できます B. ) 51 ページ 2 行目、「単項演算子の」は「単項の」。 203 ページ 15 行目、「ファイル fp へ文字 c または EOF を戻す」は「ファイル fp へ文字 c を押し戻し、 c を返す。

120 ページ 11 行目、「インデックシング」は日本語としてはあまり使わないのでは? 「添字づけ」あるいは「添字」。 リッチー著 ; 石田晴久訳 , 共立出版 , 1994 2. また」は原文通り「参照し、」でよいのでは? 120 ページ 7 行目、「当てはまる」は「正しい」。

プログラミング言語C : ANSI規格準拠

122 ページ 1 行目、「関数では……適当に判断して」は原文の the function can at its convenience believe that に当たるのだろうが、 この訳でいいのだろうか? 「適当に判断して」と言われると、 それはコンパイラが勝手にやってくれるという意味なのか、 判断するように関数を書けといわれているのか迷うと思う。 原文は expressions may use it with a subscript だから 「式の中ではそれに添字をつけて使うことができる」ぐらいか? 120 ページ 22 行目、「ということになる」のあとは句点がきているが、 原文はセミコロン。 122 ページ 9 行目、「サブ配列」の原語は 4 行目の「部分配列」のそれと同じく subarray である。

5 算術演算子 50 ページ 18 行目、「うるう年(leap)」は「うるう(leap)年」。

ダウンロード プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 pdf 無料

64 BSH : 電子計算機 -- プログラミング NDLSH : プログラミング用言語 LCSH : C Computer program language 注記: 原著第2版 c1988 の翻訳 C言語に関する参考書: p332 訳者まえがきに、訳書第2版 1988 の訂正版であるとの記載あり。 リッチー著 ; 石田晴久訳 , 共立出版 , 1989 詳細 その他の標題: The C programming language 主題: 分類・件名: NDC9 : 007. 202 ページ 31 行目、「 c は unsigned char あるいは EOF として表わし得る int である」は「 c は unsigned char として表わし得る int あるいは EOF である」。 。

14
原語は assignment であって assignment expression ではない。 Adobe PDFは光学式文字認識(OCR)テクノロジを使用しているため、プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 などのスキャンしたドキュメントを編集してコメントを付けることができます。

K&R2(訳書訂正版)の訳文について

。 。

16
。 。

ダウンロード プログラミング言語C 第2版 ANSI規格準拠 pdf 無料

。 。 。

17

プログラミング言語C : ANSI規格準拠

。 。 。

18