艦これ ss ヤンデレ 逃げる。 ヤンデレ艦娘とひ弱提督/安価

ヤンデレ艦娘とひ弱提督/安価

爆発しろ……もとい、おしどり夫婦で有名じゃないですか」 霧島「」 榛名「あれ、知りませんでした?」 霧島「この鎮守府に着任してからは常に戦闘の事ばかり考えていたから……」 榛名(そういうのを脳筋って言うんじゃないですかね……?) 霧島「で、でも、大本営的には重婚もありよね!?むしろ奨励されていたはずよ!」 榛名「んー……ちょっとそれは望み薄だと思いますよ……。 別に提督が私にどれだけの好意を持っているのかが知りたい訳ではなくあくまで皆さんが使う前に私が危険が無いか確かめるだけであって決して変な理由があるわけではないですので、では」ダッ 金剛「ちょっとマテ」ガシッ 加賀「な、何ですか? 肩の手を離してください」ギロ 金剛「独り占めはずるいネー! 最初は戦艦のワタシが使うデス!」 加賀「チッ」 翔鶴「お二人共落ち着いて下さい。

おめでとう」 霧島「……それだけですか?」ドキドキ 提督「ん?もう間宮さんにはお祝いのケーキをお願いしてあるぞ?」 霧島「そうじゃなくて、ですね!」ガタッ 提督「なんだ?飯か? ……そういえば霧島はカレーより肉じゃがのが好きだっけか。 伊勢か?げっ、こっちくる」 瑞雲 ブーンブーンズイウーンズイウーン 提督 「やべっ逃げろ」 瑞雲 ニガサナイヨズイウーンズイウーン 提督 「あれおかしいだろ。

艦これ ss ヤンデレ 逃げる

よし、それも頼んでおこう」 霧島「ち、違うのに……」ショポン 提督「だったら何だい?俺に出来る事だったら叶えるから、遠慮せず言ってくれ」 霧島「…………もういいです! どうやら提督に期待した私の計算違いです!」 カツカツカツ バタン! 爆発しろ……もとい、おしどり夫婦で有名じゃないですか」 霧島「」 榛名「あれ、知りませんでした?」 霧島「この鎮守府に着任してからは常に戦闘の事ばかり考えていたから……」 榛名(そういうのを脳筋って言うんじゃないですかね……?) 霧島「で、でも、大本営的には重婚もありよね!?むしろ奨励されていたはずよ!」 榛名「んー……ちょっとそれは望み薄だと思いますよ……。 反映に時間掛かるのか…… 赤城「か、加賀、さん?」 加賀「……」カオマッカ 瑞鶴「あれは最初にまず恥ずしさが来てるパターンだ……」 榛名「正直さっきのテンションは榛名も引きました……ザマァみろですね」 瑞鶴「え?」 龍田「あら〜? 天龍ちゃんこんなに高かったの? 良かったじゃない」 天龍「龍田、いまは、今言うのは……」チラ 加賀「な、何で? 私は提督が好き、だから提督も私が好き。 卯月「・・・・・・」 卯月「・・・ぷっ」 卯月「ぷはははははははっ!引っかかった!引っかかったぴょーん!」 卯月「床にロープを仕掛けて司令官が入ってくるときにうーちゃんがロープを引っ張り上げたんだぴょん!」 卯月「ハデに転んだぴょん!あははははははははははは!!!」爆笑 提督「いてててて・・・・・・」ムクリ 提督「はっ!?俺のご飯は!?」クルッ グシャアボロボロ... それにプラスされるのが個性……つまりキャラ性と、 エピソード……つまり対象人物との関わりです」 霧島「キャラ性、私のは……頭脳明晰ね!?」 榛名「……そこら辺、ものすごい誤解があるようなので、 今の霧島の立ち位置をはっきりさせておきますね」 霧島「?」 榛名「霧島の有り余る火力、壮絶な武勲……は周知のものです」 霧島「ええ」 榛名「でもそれにも関わらず何度もに頭脳アピールを行うものですから、 ……そういったアピールがかえって逆効果となり、 鎮守府内ではむしろ……脳筋女扱いされているのです」 霧島「え!嘘!?」 榛名「本当ですよ。

7
チャンネル登録して頂けたら嬉しいですっぽい 《おすすめ関連動画》 艦これSS笑い方が気持ち悪い 艦これ 艦隊これくしょん の霞 かすみ の評価やステータス、、建造レシピを紹介。

画像 艦これ ヤンデレ 画像 346792

'艦これ 秋の観艦式〜準備編〜' is episode no. 能力上限上がったから確認しといて」 霧島「え、だから……は?」 提督「一応俺には妻子が居るから、形だけのものになるが……」 霧島「え……その、いいん……ですか?」ブアッ 提督「おい、何で泣く?その……俺とじゃ形だけでも嫌だったか?」オロオロ 霧島「いえ……その……嬉しくって」ポロポロ 提督「そ、それは男冥利に尽きるが……」 霧島「これで……これで、また出撃出来るんですね!」 提督「う、うん」 霧島「気付いたんです!私、自分が火力大好きの戦闘バカだって! だから、強くしてもらって、また戦場に立てるなんて……夢みたいで!」 提督「ん?うん」 霧島「もう、無理に頭脳明晰ぶるのはやめます!キャラ立ちなんて糞食らえです! だって私、三度のご飯より砲雷激戦が好きですから!」 山城「心配なんか……してなかったわ」 時雨「そんな事言ってるわりにはしっかり覗きにきてるんだね」 霧島「さあ、出撃よ!どう出てくるかしら? ……どう出てきたってこの火力自慢のこの霧島が沈めてあげるわ!!!」 おわりです。

2
明石「えっと…提督の学校ってどんな学科があったんですか?」 提督「どこの高専も大体代わり映えはしないがな…機械、電気、情報、化学、建築の5学科だ」 明石「ふーむ…その中だと建築と化学は取り敢えず抜きにして…ってことは 明石「いってらっしゃい・・・」 明石「提督、頑張ってください」スタコラー 提督「おいこら逃げるな」ガシッ 明石「私、沈みたくありませんっ!」 提督「お前が思っているよりもアイツはヤバいんだって!せめて話を聞け!」 明石「えー」 明石「なんか私がボッチみたいな言い方じゃないですかー」 提督「自分の工房からあまり出てこないくせに」 明石「泊地修理のときにいろんな人と話したりしますしー!大淀や間宮なんかとも古い付き合いですしー!明石「自分のお顔に自信の無い提督にうってつけのオ ホがあるんですよ」 提督「ケンカ売ってるのか?」 明石「いえいえまさか」 明石「そこでここに取り出しましたる明石特性のオ ホ」 明石「なんと!」 明石「鎮守府内に居る艦娘ならば、誰とでも繋がれる超科学オ ホなんです! SS投稿速報なら誰でもすぐにSSを書き始めることができます あなたも自分のSSを書いてみませんか? ログイン・ユーザ登録してSSを書く! 今のままの霧島では精々仕事のできる部下……程度にしか見てもらえてませんしね」 霧島「うう……計算外だわ」 榛名「計算外って……何か提督の前でアピールをしたことが?」 霧島「な、ないけれど……毎日、身だしなみは整えているし……、 ファッションとかも姉様達を参考に気を使っているし……」 榛名「はぁ……」 霧島「な、何よ、そのため息は」 榛名「いいですか、霧島。 自分で自分を認めるより、 人から認めてもらう方が楽だし、形がある分……強いもの」 霧島「……」 時雨「これはあくまでボクの憶測に過ぎないけどね……、 提督はね、きっと霧島さんのそういう所を見抜いて、 あえてケッコンをお預けにしたんだと思うよ」 霧島「…………そんな」 時雨「霧島さん、これから少し長めの休暇を入れられていただろう?」 霧島「そういえば…………」 時雨「少し休むといいよ。

【大井SS】提督「みんなの好感度がカンストしてる?」【艦これ】

一週間後・・・・・・ 提督「ふふふ」 提督「ふはははは」 提督「はーっははははは!ここまでスムーズに仕事が進んでいくとは・・・ストレスもない快適な日々だ!」 提督「少しの間だけ冷たくしたら止めるつもりだったがこれはもう少し続けようじゃないか、ククク」 コンコン コンコン 提督「むっ、誰か来たな」 提督「入れ」 ドアガチャ 時雨「やあ提督」ニコ 提督「し、時雨・・・ど、どうした?」 提督「(時雨・・・最近こいつを見るとなぜか恐怖を感じる・・・)」ブルッ 時雨「ちょっと小耳に挟んだことなんだ」 時雨「提督がここ数日素っ気ない態度をとるって聞いたんだけど・・・」 提督「」ギクッ 提督「い、いや、そんなことはだな・・・」アセアセ 時雨「・・・・・・」ジッ 時雨「もしかして・・・・・・」 「また辞めようとしてるの?」 提督「へ?」 提督「や、辞めようとしてる?一体なんのことだ?」 時雨「・・・・・・」 時雨「・・・いや、ごめん。 仲直りして明日からは普通に接するとしよう、また疲れる日々が始まるがしょうがない」 提督「そういえば時雨が秘書艦がどうとか言ってたな・・・」 提督「・・・・・・」 提督「まあいい、とりあえずは書類を終わらせてから「・・・」ジ- 提督「!?」クルッ シ-ン...... 下手すると10もいかないんじゃない?」 瑞鶴「ありえる……」 金剛「あんな性悪女は0以下デス」 翔鶴「ふふ、私以外は皆さん0ですよ」ニコニコ 夕張「勝者が居なくなった途端に……」 瑞鶴「サラッと全員に飛び火したよね」 夕張「もし高かった時の結果が怖い。 カタン 提督「あー・・・疲れた・・・」クタッ 提督「・・・・・・」 提督「この鎮守府も数年前に比べてだいぶ大きくなったからなー」 提督「にぎやかになるのはいい事だがその反面書類が増えるのがつらい・・・」 提督「いや書類だけならまだしも艦娘の相手をしなければいけないのが一番つらい・・・」 提督「甘えてくるやつ、からかってくるやつ、暴言を吐いてくるやつ」 提督「そんな艦娘達を相手にしながらの作戦指揮、他艦隊との演習、書類、鎮守府の運営」 提督「この仕事ほどつらいものはあるのだろうか・・・」ハァ 提督「しかしなぜか不思議なことに辞めようとする気にだけはならないのだ。

8
概要を表示 015:55 【】「母を女にしてやろう?」【8】 1 : 以下、名... 22 ID:mnepNzgr0 天龍「次は俺か……」ドキドキ 龍田「あらあら、悪い結果でも落ち込んじゃダメよ?」 天龍「そういうこと言うな! 不安になるだろうが!」 龍田「不安、ね〜」ニヤニヤ 天龍「〜〜〜ッ! もう行く!」 龍田「頑張ってね〜」 執務室 ドンドン 天龍「入るぞ」 提督「なぜお前達は返事を待たずに入ってくるんだ」カキカキ 天龍「へいへい、気を付けるって」 提督「で、何しに来たんだ? さっきから変わり変わりで」カキカキ 天龍「いや、何か手伝うことはないか? 天龍様が手伝ってやるよ!」 提督「無い。

艦これ ドッキリ ss エレファント

はい指出して」 スッ キラーン 霧島「は?」 提督「はい、これでケッコン 仮 終了。 別に嫌いになったとかそういう理由ではないんだ、本当に」タジタジ 時雨「なんだ、そういうことなら良かった」 時雨「でもそんなに大変なら秘書艦でもつけたらどうだい?みんな提督のためなら一生懸命やると思うけど」 時雨「ボクなら毎日でもいいよ?ボクは提督と一緒にいるだけで全てが満たされるんだ」ジ- 提督「そ、そっか・・・」ビクビク 提督「でも秘書艦か・・・考えたこともなかったな、検討してみるか。 どちらも、概ね十字・x字・t字などの形状の拘束架に手足を固定した受刑者に、そのまま晒す ローマ式 ・槍で刺す 日本式 Pixiv迷惑ユーザー 磔マン との激闘の記録 不戦勝 狸穴創作活動ブログ 冒険バトル漫画 Gatherer 掲載中 磔 イラスト. ファッション,美容,コスメ,恋愛 平時に自決した巡洋艦長 水城圭次 海軍大佐 昭和 2年 8月24日、島根県美保関沖において連合艦隊の夜間高速訓練中に巡洋艦「神通」と 駆逐艦「蕨」が衝突、駆逐艦「蕨」は沈没し乗組員120余名が死亡した。

Welcome to the Every 艦これ 明石 Ss Reference Continue Read about 艦これ 明石 Ss reference. 56 ID:mnepNzgr0 北上「あっ、戻って来た」 大井「……」 天龍「死人……?」 翔鶴「どうでした? 低かったんですか? 大丈夫ですよ、大井さんには北上さんがいます。

艦これ ss ヤンデレ 逃げる

金剛たち教えればいいだけだから」 日向 「そうか」シュン 伊勢 「なんでそんなにがっかりしてるの?」 日向 「そんなことないよ」シュン 伊勢 「…少しならいいよ」 日向 「よし、瑞雲行け」ブーン 提督 「なんだあれ…あっ瑞雲だ。 ケッコンとか全部忘れてさ」 霧島「……で、でも私は司令と」 時雨「ここまで言っちゃったからさ、最後にもうひとつだけ言わせておくれ」 霧島「何?」 時雨「本当に好きでもないんなら、「好きだ」なんて絶対に言うもんじゃない」 霧島「…………うん」 夜 提督の私室 山城「なるほど……で、私にどうしろと?」 時雨「もしも提督が重婚するようなら、山城にも心の準備が必要かな、と」 山城「それはそうだけど……そんな……」 時雨「ありえないとは言い切れないよ」 山城「だって私、霧島さんとまともに話した事も無い……」 時雨「ふふ、提督どうこうは二の次なんだね」 山城「心配してないだけよ」 時雨「?」 山城「あの人は私がずっと一番だって言ってくれたもの。

13
まどか「ドッキリでしたー!」バーン ほむら「え?」 まどか「ドッキリでしたー!」バーン ほむら「え?」 続きを読む. ] 提督「陽炎の様子がおかしい?」不知火「はい」【艦これ】 : あやめ速報 実はケッコンカッコカリという新しいシステムを取り入れることに決めた』 『ケッコン…カッコカリ?』 『そうだ。 せっかく人が気持ちよく歩いていたというのに・・・」スタッ 提督「クソッ、天気がいいからと外を散歩していてもロクなことがない」 提督「さっさと飯を食べて執務室にひきこもってしまおう」スタスタ 提督「しかしどうにかしてあいつのようなやかましい艦娘達を黙らせる方法はないものか・・・」ブツブツ 提督「このままでは疲れてノイローゼに・・・うん?」 曙「!」 曙「な、なに見てるのよ」 提督「(なんだ、こいつか・・・。

【艦これSS】榛名「提督がケッコンしてくれない?」霧島「」【時雨】

総合評価:4101/評価: /話数:45話/更新日時:17年12月01日 金 小1501 提督を目指す道のりの中、男はEDを患った。

半分はね、想い人と両想いになるのと同じくらい、 自分を好きになるっていうのが難しい事だからさ」 霧島「え……」 時雨「厳しいことを言うね? 霧島さん。

艦これ ドッキリ ss エレファント

君は今、本当は自分に自信がないんだろう? ……帰国子女で元気な長女、頑張り屋だけどドジでみんなが放っとかない次女、 大和撫子然とした三女、個性的かつ魅力的な姉妹達と比べられて、 自分で自分のことを認められなくなってしまっている」 霧島「……そう、かも」 時雨「だから、現実から逃げるように夢中になって練度上げに励んだ。 17 ID:mnepNzgr0 数分前執務室 カチャ スッ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……」カキカキ 提督「……ふぅ、ん、あ゛ー」コシノバシ 大井「……」 提督「っひぉ……!? そっかそっか・・・えへへへへへー」 提督「」ビクビク 瑞鳳「・・・・・・」 瑞鳳「・・・」 瑞鳳「!」 瑞鳳「そうだ・・・」 提督「(瑞鳳の様子がおかしい・・・いったい何が・・・こうなったら!)」 提督「やっ、やっぱり、卵焼き食べようかなー、とても美味しそうな気がするなー・・・ははは」アセアセ 瑞鳳「ううん。

艦娘達「・・・・・・」ゾロゾロ 提督「へ?」キョロキョロ 提督「い、いったいなにが・・・どうなって・・・・・・」 提督「(こ、こいつらは俺が冷たく突き放していた艦娘か・・・!?)」 瑞鳳「・・・」スッ 首ギュウウウ 提督「!?」 提督「うっ・・・い、息が・・・できな・・・」 提督「ず、瑞鳳・・・なにをっ・・・!」ジタバタ 机ガタガタ お弁当ゴトッ... あとリアル系だと付録サイズは小さすぎて似ないから デフォルメに逃げるしかないのは そろそろ学習してもいいんじゃないのかな 0 0. 61 ID:SvT0y3en0 数分後 提督「ただいま」 卯月「おかえりです、びしっ!」ビシッ 提督「わざわざ待っててくれたのか。

【大井SS】提督「みんなの好感度がカンストしてる?」【艦これ】

まったくもう……んぐんぐ」 提督「両手でリスみたいにもって飲むぼのやん可愛い」 曙「ぶはっ! げほ……ちょ、変な事言わないでよ!」 提督「あっはっはー。 ボクの名前なんか……大して重要じゃないさ」チャポン 霧島「ごめんなさい……」 時雨「気にしてないよ、謝らないで」ニコ 霧島「…………」 時雨「…………」 霧島「…………夜釣り?」 時雨「うん、夜釣り。 卯月「はあはあ・・・あー、うーちゃん笑いすぎてもう疲れたぴょん、司令官うーちゃんと一緒にお昼寝し「黙れクソウサギ」ザッ 卯月「ぴゃあっ!?」 卯月「ク、クソウソギってひどいぴょん!いくら卯月がいたずらしたからってそんな言い方あんま「黙れといったんだ!!!」 卯月「」ビクッ 提督「・・・・・・」 卯月「・・・・・・」 提督「いいか?これだけは言っておく・・・俺はな・・・・・・お前のことが大嫌いなんだよ」 卯月「!?」 提督「毎日俺にいたずらをして・・・そして大切な書類にも落書きをする」 提督「俺はお前といて楽しかったことなんて一度もない」 卯月「そ、そんなの嘘だぴょん!司令官いつも笑ってくれて「あれは我慢してたんだ」 提督「楽しんでいたのはお前だけなんだよ。

8
23 ID:SvT0y3en0 提督「はあ……そこまでいたずらしたいなら、そこの寝てる秘書官にやってくれ」 卯月「よよよ?」チラッ 加古「うーん……古鷹ぁ……」グーグー 卯月「……なんで秘書官にしたぴょん?」 提督「四六時中寝てる現状をどうにかしようと無理矢理やらせた」 卯月「でも結局寝てるぴょん」 提督「そうだな。 今のままの霧島では精々仕事のできる部下……程度にしか見てもらえてませんしね」 霧島「うう……計算外だわ」 榛名「計算外って……何か提督の前でアピールをしたことが?」 霧島「な、ないけれど……毎日、身だしなみは整えているし……、 ファッションとかも姉様達を参考に気を使っているし……」 榛名「はぁ……」 霧島「な、何よ、そのため息は」 榛名「いいですか、霧島。