一意 に 決まる。 「一意的に決まる」の用例・例文集

連立1次方程式の解法

そのような準同型が存在れば、すべての M 上のG-主バンドル P に対して一意的に決まる。 といってもこの分野はとても広そうなので、 大規模でない連立 1次方程式を有限回 n 3 の計算で解く方法にしぼって、実装には立ち入らずにアルゴリズムを概観することにする。

20
。 分解 図 説明 LU 分解 A が正方行列でフルランク つまり A -1が存在する ならば分解可。

「一意に決まる」の用例・例文集

ここで n i は正の整数、 D i は可除環であり、 両者とも添字 i の置換を除いて一意的に決定される。 正確に言うと計算途中で Aの対角要素がゼロに ならないように行の置換が必要になることがある L または Rの対角要素を 1に決めると分解は一意に決まる。

19
が の下限 あるいは最大下界 であるとは、 が の下界全体の集合の最大元となること。

「一意に決まる」の用例・例文集

R の対角要素を 1にして Dを分けたものを 修正 Cholesky分解という。 同様の問題として「どのような部分集合 S が基底を含むか」ということを考えることができるが、これには S が V を張ることが必要十分である。 L と Rの対角要素を 1にして Dを分けたものを LDU分解という。

9
解析函数が収束冪級数として と与えられ、次正方行列 の固有多項式を と書くとき、上記の冪級数を十分大きな で打ち切った多項式に対する剰余付きの除法を考えれば、 で「剰余」多項式 が となる「商」解析函数 とともに一意的に決まる。

連立1次方程式の解法

。 。 。

3
。 。

「一意に決まる」の用例・例文集

。 。

18
。 。

「一意に決まる」の用例・例文集

。 。 。

10

「一意的に決まる」の用例・例文集

。 。 。

1
。 。