東奥 日報。 3階ホール|青森市のコワーキングスペースです。貸会議室、キッチンスタジオもあります。

むつ市の下北大規模接種、28日開始|行政・政治・選挙,福祉・医療|青森ニュース|Web東奥

なお、隣接道県の アナログ UHF局で、最初に掲載されたのは、 RABと同じ日テレ系の テレビ岩手。 1888年 「東奥日報」創刊 1890年 株式会社を解散し、個人経営に 1896年 現在の題字制定 1910年 青森市の大火で被害、3日間休刊 1912年 東北地方で2番目の石川式輪転機導入 1921年 朝夕刊制に移行 1928年 「東奥年鑑」発行開始。 なお、隣接道県の アナログ UHF局で、最初に掲載されたのは、 RABと同じ日テレ系の テレビ岩手。

15
東奥年鑑(毎年秋発行) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 東奥 日報 訃報 についてもっと詳しく調べてみたい時は以下のリンクをたどってください 東奥日報(とうおうにっぽう)は東奥日報社の発行する青森県の地方新聞。

東奥日報社 採用情報

運営ウェブサイト [ ] Web東奥 [ ] ウェブサイト「 Web東奥」は、東奥日報創刊111周年にあたる平成11年(1999年)11月11日11時11分11秒 JST に開設された。

1980年代前半頃までは、在青テレビ局と同じスペースに在青ラジオ局とHBCラジオ 及び 夕方以降の 在京ラジオ局とラジオたんぱ 現:ラジオNIKKEI の番組欄が載っていた。

むつ市の下北大規模接種、28日開始|行政・政治・選挙,福祉・医療|青森ニュース|Web東奥

本社所在地 〒030-0180 青森県青森市第二問屋町3-1-89 事業内容 日刊新聞発行、出版、各種文化事業、観光事業、ニューメディア関連事業 設立 業種 資本金 1億8,000万円 従業員数 291人 関係する人物 (編集委員) 特記事項: 1921年5月21日から2020年8月31日までは夕刊も発行。

7
1960年代末からは、県内と隣接道県に アナログ UHF局が開局したが、1970年代初頭頃までは、地元局であるATV以外の アナログ UHF局の番組表は記載せず、隣接道県の アナログ VHF局 HBC・STV・IBC・ABS の番組表とHBC・STVの函館局及びIBC二戸局とABS秋田本局のチャンネルが掲載されていた。

東奥 日報 (東奥日報)

NHKBSデジタルハイビジョン BS日テレ BS朝日 BS-i BSジャパン BSフジ WOWOW(デジタル) スター・チャンネルBS このほかに、青森ケーブルテレビと八戸テレビ放送の市民チャンネルの番組表もこの段に掲載されています。 東奥日報社 本社(2010年7月) 種類 日刊紙 事業者 東奥日報社 本社 青森市 代表者 代表取締役社長 河田喜照 創刊 前身 北斗新聞 言語 価格 1部 130円 月極 3,400円 発行数 20万2428部(2020年10月ABC ) ウェブサイト 株式会社 東奥日報社 The To-o Nippo Press Co. 1888年 「東奥日報」創刊 1890年 株式会社を解散し、個人経営に 1896年 現在の題字制定 1910年 青森市の大火で被害、3日間休刊 1912年 東北地方で2番目の石川式輪転機導入 1921年 朝夕刊制に移行 1928年 「東奥年鑑」発行開始。 (1968年8月1日 - 1983年3月31日) 歴史 [ ]• 東奥日報:2009年11月11日付朝刊 14ページより 参考資料 [ ]• 青森放送(日本テレビ系) 青森テレビ(TBS系) 青森朝日放送(テレビ朝日系) NHK総合テレビ NHK教育テレビ 岩手めんこいテレビ(フジテレビ系) NHK衛星第1 NHK衛星第2 WOWOW(アナログ) 青森県内の新聞なのに、岩手めんこいテレビのラテ欄だけが最終面に掲載されている理由については、岩手めんこいテレビの青森県での受信状況について記した項を参照のことです。

1
1941年 戦時報道統制により、八戸合同、弘前新聞、青森日報、東北タイムスの県内日刊紙を東奥日報に統合 1944年 夕刊廃止 1945年 戦時非常措置で読売報知(現読売新聞、スポーツ報知)、毎日新聞、朝日新聞3紙の題字を併記。

販売店一覧|Web東奥

東奥日報社 本社(2010年7月) 種類 日刊紙 事業者 東奥日報社 本社 青森市 代表者 代表取締役社長 河田喜照 創刊 前身 北斗新聞 言語 価格 1部 130円 月極 3,400円 発行数 20万2428部(2020年10月ABC ) ウェブサイト 株式会社 東奥日報社 The To-o Nippo Press Co. 1941年 戦時報道統制により、八戸合同、弘前新聞、青森日報、東北タイムスの県内日刊紙を東奥日報に統合 1944年 夕刊廃止 1945年 戦時非常措置で読売報知(現読売新聞、スポーツ報知)、毎日新聞、朝日新聞3紙の題字を併記。

6月9日から「東奥日報」夕刊となる 1963年 企画連載「国有林を見直そう」が新聞協会賞(編集部門)受賞 1987年 カラー印刷開始 1989年 企画連載「超高齢社会がやってくる」が第8回アップジョン医学記事賞特別賞を受賞 1994年 記事のワープロ入力、オンライン送信化が完了 1999年 初のこども新聞「東奥こども新聞」発行(年2回発行)。 東奥日報:2009年11月11日付朝刊 14ページより 参考資料 [編集 ]• アナログ時代の在京テレビ局や在沖テレビ局 QAB除く などと同様に親局のチャンネル番号 HBCテレビは函館局のチャンネル番号 が、その後、NHKとRABの八戸テレビ中継局及びNHK青森放送局教育テレビ開局時は教育テレビ青森親局と総合テレビ・青森放送の八戸テレビ中継局のチャンネル番号も掲載されていた。

3階ホール|青森市のコワーキングスペースです。貸会議室、キッチンスタジオもあります。

青森放送(日本テレビ系) 青森テレビ(TBS系) 青森朝日放送(テレビ朝日系) NHK総合テレビ NHK教育テレビ 岩手めんこいテレビ(フジテレビ系) NHK衛星第1 NHK衛星第2 WOWOW(アナログ) 青森県内の新聞なのに、岩手めんこいテレビのラテ欄だけが最終面に掲載されている理由については、岩手めんこいテレビの青森県での受信状況について記した項を参照のことです。 1888年 「東奥日報」創刊 1890年 株式会社を解散し、個人経営に 1896年 現在の題字制定 1910年 青森市の大火で被害、3日間休刊 1912年 東北地方で2番目の石川式輪転機導入 1921年 朝夕刊制に移行 1928年 「東奥年鑑」発行開始。

6
(1968年8月1日 - 1983年3月31日) 歴史 [編集 ]• 1980年代前半頃までは、在青テレビ局と同じスペースに在青ラジオ局とHBCラジオ 及び 夕方以降の 在京ラジオ局とラジオたんぱ 現:ラジオNIKKEI の番組欄が載っていた。

Web東奥・東奥日報電子版ご購読のご案内

。 。 。

9
。 。

Web東奥・東奥日報電子版ご購読のご案内

。 。 。

。 。