アフガニスタン 情勢。 アフガニスタン再建の主導権握り始めた中国とロシア。タリバン統治の容認急いだ「真意」

アフガニスタンの現状

SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」の紛争に関連が深いターゲット (出典: JAPAN SDGs Action Platform 「SDGsとは?」) (出典: 駐日代表事務所 「目標16:平和と公正をすべての人に」) SDGs目標16「平和と公正をすべての人に」を達成するためには 世界では、私たちが考えられないほどの数えきれない紛争が起きており、SDGsの目標16「平和と公正をすべての人に」を達成するには長い道のりを要します。

。 冒頭、議長であるボリス・ジョンソン英国首相(The Rt Hon Boris Johnson MP, Prime Minister of the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)から、アフガニスタン情勢をめぐる英国の立場について説明がありました。

米有識者がアフガニスタン情勢を分析、バイデン大統領は状況次第で撤退延期を示唆(アジア、米国、中東、アフガニスタン)

アフガニスタンの平和と安定に必要なもの 以上を踏まえれば、アメリカの対アフガニスタン政策の中には、オバマ政権時に作られた、地域住民の命と生活を守り、彼らの支持を得る(to win popular support)という方針はなくなったことは明白だ。

20
。 。

アフガニスタン反政府武装勢力 タリバン勝利宣言 大統領は出国

アフガニスタン情勢|JCCテレビすべて

。 。

4

SDGsにも関連するアフガニスタン紛争について理解しよう

。 。

「アフガニスタン情勢」TKG4410のブログ | TKG4410のページ

。 。

。 。