ジクロフェナク。 ジクロフェナク(外):ボルタレン

ジクロフェナクNaの効果と副作用【痛み止め・鎮痛剤】

 全身におよぶ湿疹  酷い皮膚炎  息切れや呼吸がしづらいなどの呼吸器症状  血圧の低下やふらつき これらの症状以外にも薬の副作用は幾つもあります。 PLoS Biol 4 3 : e66. Oaks JL, Gilbert M, Virani MZ, Watson RT, Meteyer CU, Rideout BA, Shivaprasad HL, Ahmed S, Chaudhry MJ, Arshad M, Mahmood S, Ali A, Khan AA 2004. Ieda M, Fu JD, Delgado-Olguin P, Vedantham V, Hayashi Y, Bruneau BG, Srivastava D. 主な副作用 浮腫、貧血、喘息発作、肝障害、小腸潰瘍、大腸潰瘍、出血性大腸炎、クローン病悪化、潰瘍性大腸炎悪化、膵炎、食道障害 起こる可能性のある重大な副作用 ショック、胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢冷却、血圧低下、意識障害、アナフィラキシー、蕁麻疹、血管浮腫、出血性ショック、穿孔、消化管潰瘍、消化管狭窄、消化管閉塞、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、紅皮症、剥脱性皮膚炎、急性腎障害、間質性腎炎、腎乳頭壊死、乏尿、血尿、尿蛋白、BUN上昇、血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症、ネフローゼ症候群、重症喘息発作、アスピリン喘息、間質性肺炎、うっ血性心不全、心筋梗塞、無菌性髄膜炎、項部硬直、発熱、頭痛、悪心、嘔吐、意識混濁、重篤な肝障害、劇症肝炎、広範な肝壊死、急性脳症、かぜ様症状、激しい嘔吐、痙攣、ライ症候群、横紋筋融解症、急激な腎機能悪化、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇、脳血管障害 上記以外の副作用 胃炎、食欲不振、胃痛、腹痛、下痢、口内炎、消化性潰瘍、胃腸出血、口渇、便秘、吐血、下血、血小板機能低下、出血時間延長、出血傾向、黄疸、AST上昇、ALT上昇、光線過敏症、過敏症、多形紅斑、紫斑、皮膚そう痒症、アレルギー性紫斑、発疹、顔面浮腫、神経過敏、振戦、錯乱、幻覚、抑うつ、不安、記憶障害、眠気、眩暈、不眠、しびれ、聴覚障害、視覚異常、霧視、耳鳴、味覚障害、頻脈、血圧上昇、動悸、脱毛、胸痛、血管炎、全身倦怠感、発汗 ジクロフェナクNa錠25mg「トーワ」の用法・用量• 大きな(など)がある場合 副作用 [編集 ] ジクロフェナクはよく用いられている薬であるが、いくつかがある。 KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes•  慢性的な腰痛  慢性的な肩こり 急性症状には炎症を抑えながら冷やし、慢性症状には炎症を抑えながら温めて血行を改善といった印象です。

10
J Pain Symptom Manage 23 4 Suppl : S15-20; discussion S21-3. Direct In Vivo Reprogramming with Sendai Virus Vectors Improves Cardiac Function after Myocardial Infarction. Tbx6 Induces Nascent Mesoderm from Pluripotent Stem Cells and Temporally Controls Cardiac versus Somite Lineage Diversification. 危険因子:高齢者 利尿剤 ヒドロクロロチアジド フロセミド等 これらの薬剤の作用を減弱させることがある。 医療用医薬品のATC分類 [BR:] D 皮膚科用薬 D11 その他の皮膚科用製剤 D11A その他の皮膚科用製剤 D11AX その他の皮膚科用製剤 D11AX18 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク M 筋骨格系 M01 抗炎症及び抗リウマチ製剤 M01A 抗炎症及び抗リウマチ製剤、非ステロイド系 M01AB 酢酸誘導体と関連物質 M01AB05 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク M02 関節・筋肉痛用局所薬剤 M02A 関節・筋肉痛用局所薬剤 M02AA 抗炎症製剤、局所用非ステロイド系 M02AA15 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク S 感覚器 S01 眼科用薬 S01B 抗炎症薬 S01BC 抗炎症薬、非ステロイド性 S01BC03 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク 医療用医薬品のUSP分類 [BR:] 鎮痛薬 非ステロイド系抗炎症薬 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク 皮膚科用薬 皮膚科用薬, その他 イボ・日光角化症治療薬 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク 眼科用薬 眼科用抗炎症薬 非ステロイド系抗炎症薬, 眼科用薬 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク 一般用医薬品のリスク区分 [BR:] 第二類 無機薬品及び有機薬品 ジクロフェナク D07816 ジクロフェナク ターゲットに基づく医薬品分類 [BR:] 酵素 オキシドレダクターゼ EC1 プロスタグランジン合成酵素 PTGS1 COX1 D07816 ジクロフェナク PTGS2 COX2 D07816 ジクロフェナク 薬物代謝酵素とトランスポーター [] 薬物代謝酵素 D07816 薬物トランスポーター D07816 BRITE hierarchy リンク CAS: 15307-86-5 PubChem: ChEBI: ChEMBL: DrugBank: PDB-CCD: [] LigandBox: 日化辞:. 注4)プロスタノイド プロスタノイドは、プロスタグランジン PG とトロンボキサン TX からなる生理活性脂質であり、細胞膜構成成分であるリン脂質からホスホリパーゼA2とシクロオキシゲナーゼの作用でアラキドン酸、PGH2を経て特異的合成酵素によって5種のプロスタノイドPGD2、PGE2、PGF2、PGI2、TXA2が生合成される。

ジクロフェナクNa錠25mg「サワイ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

リチウム 強心配糖体 ジゴキシン等 メトトレキサート これらの薬剤の血中濃度を高め、その作用を増強することがある。 ] 重篤な肝障害(劇症肝炎、広範な肝壊死等) 急性脳症(特に、かぜ様症状に引き続き、 激しい嘔吐、意識障害、痙攣等の異常が認められた場合には、 ライ症候群の可能性を考慮すること) 横紋筋融解症(急激な腎機能悪化を伴うことがある)(症状:筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等) 脳血管障害 注意 慎重投与 次の患者には慎重に投与すること 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させることがある。

18
危険因子:腎機能障害 抗凝血剤及び抗血小板薬 ワルファリン, レビパリン, クロピドグレル, エノキサパリン等 出血の危険性が増大するとの報告がある。 In Vivo 20 5 : 613—9. プレスリリース , Press Information Bureau, Government of India, 2005年5月16日 , 2006年5月12日閲覧。

ジクロフェナクナトリウムSRカプセル37.5mg「オーハラ」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C 2006. さらに、 A 2 PLA 2 を阻害している可能性もあり、これらがジクロフェナクの高い効果の原因であるかもしれないと考えられている。

7
使用対象 [ ] 現在用いられている用途 [ ] ジクロフェナクは、、、、、などの鎮痛目的で使用される。

ジクロフェナク|効果・副作用・使い方|医薬品情報のメデマート

リチウム 強心配糖体 ジゴキシン等 メトトレキサート これらの薬剤の血中濃度を高め,その作用を増強することがある。 ;33 14 :1565-81, 2014 Jul 17• ;110 31 :12667-72, 2013 Jul 30• Arthritis Rheum 54 5 : 1378-89. KEGG: Kyoto Encyclopedia of Genes and Genomes• 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 危険因子:高齢者 利尿剤 ヒドロクロロチアジド, フロセミド等 これらの薬剤の作用を減弱させることがある。

5
PLoS Biol 4 3 : e66. In Vivo 20 5 : 613—9. 変形性関節症 緊張型頭痛 関節リウマチ 変形性肘関節症 変形性膝関節症 変形性股関節症 片頭痛(偏頭痛) 椎間板ヘルニア 脊椎圧迫骨折 脊椎骨折 ジクロフェナクNa錠25mg「トーワ」の主な効果と作用• ショック(胸内苦悶,冷汗,呼吸困難,四肢冷却,血圧低下,意識障害等),アナフィラキシー(蕁麻疹,血管浮腫,呼吸困難等) 出血性ショック又は穿孔を伴う消化管潰瘍 消化管の狭窄・閉塞(消化管の潰瘍に伴い,狭窄・閉塞があらわれることがある) 再生不良性貧血,溶血性貧血,無顆粒球症,血小板減少 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN),皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群),紅皮症(はく脱性皮膚炎) 急性腎障害(間質性腎炎,腎乳頭壊死等)(症状・検査所見:乏尿,血尿,尿蛋白,BUN・血中クレアチニン上昇,高カリウム血症,低アルブミン血症等),ネフローゼ症候群 重症喘息発作(アスピリン喘息) 間質性肺炎 うっ血性心不全,心筋梗塞 無菌性髄膜炎(項部硬直,発熱,頭痛,悪心・嘔吐あるいは意識混濁等)[特にSLE又はMCTD等のある患者では注意すること。 Kearney P, Baigent C, Godwin J, Halls H, Emberson J, Patrono C 2006. ジクロフェナク 内 :ボルタレン スポンサード リンク 成分(一般名) : ジクロフェナク ナトリウム(内) 製品例 : ボルタレン錠25mg、ボルタレンSRカプセル37. Iwasaki, Kensaku Murano, Kuniaki Saito, Mayumi Oda, Peter Andersen, Chulan Kwon, Hideki Uosaki, Hirofumi Nishizono, Keiichi Fukuda, Masaki Ieda. 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

医療用医薬品 : ジクロフェナクNa (ジクロフェナクNa錠25mg「YD」)

ショック(胸内苦悶、冷汗、呼吸困難、四肢冷却、血圧低下、意識障害等)、アナフィラキシー(蕁麻疹、血管浮腫、呼吸困難等)(いずれも頻度不明) 出血性ショック又は穿孔を伴う消化管潰瘍(頻度不明) 消化管の狭窄・閉塞(消化管の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがある)(頻度不明) 再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少(いずれも頻度不明) 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、紅皮症(剥脱性皮膚炎)(いずれも頻度不明) 急性腎不全(間質性腎炎、腎乳頭壊死等)(症状・検査所見:乏尿、血尿、尿蛋白、BUN・血中クレアチニン上昇、高カリウム血症、低アルブミン血症等)、ネフローゼ症候群(いずれも頻度不明) 重症喘息発作(アスピリン喘息)(頻度不明) 間質性肺炎(頻度不明) うっ血性心不全、心筋梗塞(いずれも頻度不明) 無菌性髄膜炎(項部硬直、発熱、頭痛、悪心・嘔吐あるいは意識混濁等)(頻度不明)[特にSLE又はMCTD等のある患者では注意すること。 J Pain Symptom Manage 23 4 Suppl : S15-20; discussion S21-3. 禁忌・注意 [ ] 禁忌 [ ] 以下の場合は原則用いてはならない。

2
 皮膚が弱い  何度も長期間に渡って同じ場所に湿布を貼り続けている  体質的に胃腸が弱い  1日に何枚も湿布を貼りかえる  年齢制限や適切な使用方法を守ってない  喘息の履歴やアレルギー体質である 成分が体に合わないなどの体質的な問題で副作用が出てしまうのは、ある程度は仕方のないことです。

ジクロフェナクの効果は?副作用やロキソニンとの比較もあわせて紹介

この薬は、 ・頭痛を抑える働き ・熱を下げる働き ・喉の痛みを抑える働き ・膀胱炎を和らげる働き 以上のような働きをします。 禁忌・注意 [編集 ] 禁忌 [編集 ] 以下の場合は原則用いてはならない。

4
胃炎 、 食欲不振 、 胃痛 、 腹痛 、 下痢 、 口内炎 、 消化性潰瘍 、 胃腸出血 、 口渇 、 便秘 、 吐血 、 下血 、 血小板機能低下 、 出血時間延長 、 出血傾向 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 光線過敏症 、 過敏症 、 多形紅斑 、 紫斑 、 皮膚そう痒症 、 アレルギー性紫斑 、 発疹 、 顔面浮腫 、 神経過敏 、 振戦 、 錯乱 、 幻覚 、 抑うつ 、 不安 、 記憶障害 、 眠気 、 眩暈 、 不眠 、 しびれ 、 聴覚障害 、 視覚異常 、 霧視 、 耳鳴 、 味覚障害 、 頻脈 、 血圧上昇 、 動悸 、 脱毛 、 胸痛 、 血管炎 、 全身倦怠感 、 発汗• ;5 6 :1128-42, 2015 Dec• Inagawa K, Miyamoto K, Yamakawa H, Muraoka N, Sadahiro T, Umei T, Wada R, Katsumata Y, Kaneda R, Nakade K, Kurihara C, Obata Y, Miyake K, Fukuda K, Ieda M. ;111 9 :1147-56, 2012 Oct 12• まず線維芽細胞の遺伝子発現を解析したところ、加齢とともにCOX-2やプロスタグランジンE2 PGE2 の受容体(プロスタノイド受容体 注5 )であるEP4など炎症や線維化関連遺伝子の発現が上昇することを見出しました。 Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y 2006. Fibroblast Growth Factors and Vascular Endothelial Growth Factor Promote Cardiac Reprogramming under Defined Conditions. ] インフルエンザの臨床経過中の脳炎・脳症の患者(「その他の注意」の項参照) 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人(「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照) トリアムテレンを投与中の患者(「相互作用」の項参照) 効能・効果及び用法・用量 消化性潰瘍の既往歴のある患者[消化性潰瘍を再発させることがある。

ERCP前にジクロフェナクNa坐剤を使用するとなぜ急性膵炎が予防できるのか?|ハテナース

Mazumdar K, Dutta NK, Dastidar SG, Motohashi N, Shirataki Y 2006. Muraoka N, Yamakawa H, Miyamoto K, Sadahiro T, Umei T, Isomi M, Nakashima H, Akiyama M, Wada R, Inagawa K, Nishiyama T, Kaneda R, Fukuda T, Takeda S, Tohyama S, Hashimoto H, Kawamura Y, Goshima N, Aeba R, Yamagishi H, Fukuda K, Ieda M. 日本では、塩の ジクロフェナクナトリウム(: Diclofenac sodium)が商品名「 ボルタレン」(: Voltaren、)がとして販売され、いくつかのがとして製造されている ほか、数カ国では(OTC医薬品)として承認されている。

12
危険因子:腎機能障害 抗凝血剤及び抗血小板薬 ワルファリン レビパリン クロピドグレル エノキサパリン等 出血の危険性が増大するとの報告がある。 。

ジクロフェナクNa徐放カプセル37.5mg「トーワ」の薬効分類・効果・副作用|根拠に基づく医療情報データベース【今日の臨床サポート】

15