坂口 恭平。 開業カウンセラーの第一人者が、坂口恭平流『躁鬱大学』の門戸を叩く!(レビュー)(Book Bang)

【モリテツヤ・汽水空港1】鳥取に移住し「半農半本屋」。坂口恭平ら作家がイベントに指名

100ページを超えるプルースト特集、磯﨑憲一郎さん、早助よう子さんの創作、坂口恭平さんの特集、苅部直さんと與那覇潤さんの対談、円城塔さんインタビューなど今月も盛りだくさんです! 文學界2021年10月号 より Retweeted by retweeted at [ちょい読み] いま国内外で注目を集める著者の到達点。 9 Release PECF-1181 定価:2000円 (税別) 坂口恭平の2年半ぶり2枚目のスタジオ・アルバム「永遠に頭上に」。 Retweeted by retweeted at 【9月7日発売、文學界10月号】の書影と内容です。

11
人物 [ ] 学生時代にはの『TOKYO STYLE』やの作品「宇宙の缶詰」に出合い、影響を受けている。

坂口恭平に圧倒されるEテレ『私だけかもしれない講座』ぶっつけ本番の収録現場レポート:telling,(テリング)

森で見かけた 大きなシカが こちらを向いて 消えてった 洞穴の中に 落ちてきた 三つの光がとびちった 二人で決めた あの願い事 笑う君の 思い出と 君からもらった 枯れたユーカリが 戻る場所さがして 泣いている ざわつく草は 大きな海で 二人はぽつんと迷い船 今夜ばかりは手をつなぎ 二人で一緒に帰り道 鳥のうた 月夜にしみこんで ぼんやり光った 魂が 炎の記憶を 吹き込んで 二つの時間があわられた 石ころ蹴っては 遊びつかれて そろそろお家へ帰りましょう しげみの向こうの光る動物が こちらを見ている帰り道 夕暮れ時は 風の国 二人で見たよね ほうき星 橙色に光る電灯が 昔の時間を燃やしてる 無数のたましい 呼んでいる 港に鳥の船 うかんでる 白い猫がね 泣きわめき 月までたどっていくのでしょう 二人で歩く 道すがら 見えない町に 迷い込んだ いつまでつづくの この日々は いつまでもつづくよ 君との時間 帰ってくるよ 波のように すべてのたましい すべての時間 今宵はすべてを祝いましょう 静かな夜の帰り道. その1 躁鬱病が治らないのは体質だから その2 心が柔らかい躁鬱人のための返事の術 その3 「居心地悪いなぁ」と感じたらすぐ立ち去る その4 資質に合わない努力を避けるための吐露の術 その5 「今から作り話をします」と前置きして話そう その6 「自分とはなにか?」ではなく、「今なにがしたい?」と聞いてみる その7 【鬱の奥義・一の巻】鬱のときに「好奇心がない」と嘆く理由 その8 【鬱の奥義・二の巻】心臓と肺だけがあなたをラクにする その9 【鬱の奥義・三の巻】自己否定文にはカギカッコをつけろ その10 トイレを増やせば、自殺はなくなります その11 人の意見で行動を変えないこと その12 孤独を保ち、いろんな人と適当に付き合おう その13 躁鬱超人への道 その14 実例:躁鬱人の仕事の歴史(坂口恭平の場合) その15 最終講義:それぞれのあなたへ 書評を書くと、いつも思う。 (なんでここまで言われなくちゃいけないんだろう…) (どうして、わたしが働く場所には、周りから『そんな人いるの!?』レベルで威圧的な人がトップにいるんだろう…) (自分がすすんでこういう人がいる場所を引き寄せてしまっているんじゃないかな?) (次働くところでも、怒鳴られるのかな) 嫌な人レベルでは済まされない言動の上司がいる職場を選んでしまう。

13
レジの時って偽札かもチェックするの… — ぱりんこ parincafe 入った初日からやばいと感じ、次の人が見つかるまでの約束で勤務していたのだけれど、もう精神的に無理なので辞めます、と伝えると、 「このあたりでもう働けなくなるよ」「損害賠償だよ!」 と怒鳴られた。

【モリテツヤ・汽水空港1】鳥取に移住し「半農半本屋」。坂口恭平ら作家がイベントに指名

——好きなことを見つけるコツみたいなものは、あるのでしょうか? 坂口 好きなことや、やりたいことが見つからないとか言ってる人は、一体どれだけのことを試したの? 人類の可能性、全部試したんですか? もしまだ見つかっていないなら、サイコロでも作って、見つかるまで振り続ければいいんです。 ) 躁鬱大学 その12 トイレを増やせば、自殺がなくなります|坂口恭平 Retweeted by retweeted at この投稿から坂口恭平さんの『躁鬱大学』(新潮社)を読んでくれて、さらに「読んでよかった」って言ってもらえるってどれだけ嬉しいか、読んで良かった人にはわかってもらえるはず。 作ること、変化することをめぐる冒険! 坂口恭平『土になる』本文冒頭公開 Retweeted by retweeted at 【文學界10月号・第二特集「坂口恭平とは何者か?」】作家、建築家、画家、音楽家などいくつもの顔をもつ坂口恭平さんの思考に迫るロングインタビュー(聞き手・九龍ジョーさん)と、氏をよく知る4人(田尻久子さん 斎藤環さん 川内倫子さん 土井義晴さん)によるエッセイ Retweeted by retweeted at 今日のパステル画。

1

坂口恭平のチキンカレー

。 。 。

8
。 。

坂口恭平 『躁鬱大学―気分の波で悩んでいるのは、あなただけではありません―』

。 。 。

11
。 。

アーティストの活動1「死ななきゃなんでもいい」

。 。

8

アーティストの活動1「死ななきゃなんでもいい」

。 。 。

3

「自殺したい…」は誰にでも起こる。死にたい時はお電話ください(坂口 恭平)

5