入国 制限 緩和。 <W解説>韓国の経済団体が日本に求める「入国制限」の緩和、康外相の時には日韓の火種にも│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について|外務省

(7月1日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) マレーシア 〇 外国人渡航者の入国を禁止 (2020年3月18日から) PCR検査の陰性結果・インターネット上でのフォームの提出などの条件を満たしたMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)ビザ保有者の入国を許可 (5月17日から) 入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開 (9月8日から) 変異株ウイルスの流行が確認されている国からの渡航者に対する新たな規制(SOP)を発表。

9
(注)トラステッド・トラベラー電子認証システム Trusted Traveler TT electronic verification system 及びPanaBiosシステム• (7月1日から) 入国時の検査で陰性と判定された場合は、検疫所長の指定する場所での待機及び入国後3日目の検査を求めずに入国後14日間の待機を自宅等で行うよう求める(7月18日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) フィリピン 〇 全ての在外公館における新規ビザ発給を停止 日本を含むビザ免除対象国からの入国を停止 発給済みのビザは、3月19日時点でフィリピン国内に滞在している者と駐在外交官の分を除き無効 (2020年3月22日から) 長期滞在ビザを所持する外国人の入国を許可 (8月1日から) 一部ビジネス関係者や投資家などの外国人の入国を許可 (11月1日から) 11月1日から適用している一部ビジネス関係者や投資家などに対する入国許可措置の対象を拡大 (11月20日から) 新型コロナウイルス変異株が確認されている日本を含む国・地域からの外国人(有効な査証を有し、フィリピン人家族を帯同する外国人配偶者及び未成年の子並びに緊急事由で渡航する者を除く。 イ 誓約書の登録及び提示 ・出発前72時間以内に、ペルー入国管理局のホームページから「渡航者の健康状態に係る電子誓約書及び位置情報の許可(Declaracion Jurada de Salud y Autorizacion de Geolocalizacion)」を入力し、登録する。

例外的に入国が認められた「ビジネス関係者」は誰なのか? WEDGE Infinity(ウェッジ)

(2月10日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) イタリア 〇 特別な場合を除き、外国からの入国を禁止 (2020年3月17日から6月2日まで) EU圏内、シェンゲン協定圏、英国などからの入国については制限なし それ以外の地域からの入国は引き続き制限 (6月3日から6月30日まで) 日本を含むEU域外14か国からの入国制限を解除、ただし入国後14日間の自己隔離義務は継続 (7月1日から) イタリア入国前14日間に日本を含む一部の国・地域に滞在又は乗換えをした者は、一部を除いて入国を原則禁止。

4
) ウ 直近180日以内に新型コロナウイルスに感染し、入国時点で感染確認から14日経過していることを証明書(PCR陽性証明、退院証明、入国14日以内に取得した抗体検査結果等)で証明できる者 エ 3歳未満の者(PCR検査陰性証明の提示不要) オ 3歳から15歳までの、航空機搭乗前72時間以内のPCR検査陰性証明書の提示がある者 カ 24時間以内のトランジットを目的とする者 キ ルーマニア国内の教育機関の入学・卒業に関する活動(試験等)、又は通学のために入国することを書類で証明できる者(未成年の場合、その同伴者も含む。 (5月18日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) タイ 〇 特別な場合を除き、外国人の入国を禁止 (2020年3月25日から) タイに向けた航空機の飛行を禁止 (4月4日から6月30日まで) 政府や軍用の航空機、貨物輸送を行う航空機などに限り飛行を許可 通常の旅客機であっても、タイ国籍保持者や労働許可保持者、目的の訪問者などを乗客とする場合は飛行を許可 日本からの入国者については、ビジネス目的の場合に限り入国を許可 (7月1日から) 特別観光ビザ(STV)を取得すれば観光目的での滞在が可能 なお、申請が可能なのはタイ保健省が定める「低度感染危険国」から入国する者に限られるが、10月30日現在日本はリストに入っている (10月2日から) 日本を「中度感染危険国」に指定、特別観光ビザ(STV)での滞在不可 (11月1日から) 特別観光ビザ(STV)と観光ビザ(TR)所持者、またビザ免除対象国の渡航者は、日本からタイへの入国が可能(12月23日から) すべてのタイプのビザ申請の受付を開始。

例外的に入国が認められた「ビジネス関係者」は誰なのか? WEDGE Infinity(ウェッジ)

レベル2 渡航中止要請 : 不要不急の渡航は止めてください 不要不急の渡航は止めてください。 (5月21以降6月に1度解除、8月14日から再実行) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) オーストラリア 〇 オーストラリア人や永住者等を除く全ての渡航者の入国禁止、トランジットも原則不可 (2020年3月20日から) 日本を含む安全国10か国からは事前のオンライン登録をしたうえで入国可能(2021年1月15日から) 日本からの入国について、出張等職業の目的で渡航する者、オーストリアやEU等の長期滞在者、オーストリア在留権所有者、Dビザ所持者、就学・研究、外交官、国際機関職員等に当たらない場合には、入国を拒否する。

8
なお、結果が陽性であった場合は、無症状でも最低10日間療養施設等に隔離 (カ)到着3日目、7日目、11日目に抗原迅速検査キットによる自己検査 注 上記各検査の対象は、2018年(12月31日)以前の出生者 ウ 過去21日以内にバングラデシュ、インド、ネパール、パキスタン、スリランカ、ミャンマーへの滞在歴がある全ての外国人(永住者を除く。

【入国制限まとめ】8/30更新:入国後の待機期間を変更/日本・世界のコロナ対策渡航制限 最新情報が一目でわかる一覧表

入国後は検疫所が確保する宿泊施設で10日間待機することが求められる(8月1日から) 欧米豪の入国制限一覧 制限の有無 海外政府から日本人に対しての措置 日本政府から外国人に対しての措置 参考URL アメリカ 〇 海外からの入国者は、入国後14日間自宅等で待機 (2020年3月21日から8月4日まで) 海外からの入国者や国内外への旅行から帰ってきた者は、入国後もしくは帰宅後14日間マスクをつけ、まわりの人と1. (7月2日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) レジデンストラックの運用を開始(9月8日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、台湾で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。 (2021年4月16日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月29日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、ロシア(サハ共和国)で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。

18
世界で定められている渡航レベルの基準 レベル1 渡航注意 : 十分注意してください 渡航と滞在にあたり、危険を避けていただくため特別な注意が必要です。

入国者上限1日3500人に緩和へ 五輪終了で「検疫態勢に余裕」

(2021年3月2日から) EUが日本を「安全な国リスト」に登録し、域内への観光目的の入国を許可したため、日本からの観光目的の渡航が許可される(6月3日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に追加指定、すべての入国者及び帰国者について入国後3日目に改めて検査、陰性の場合はそのまま自宅待機の措置(3月5日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) ロシア 〇 外国人(一部例外を除く)の入国を一時的に制限 入国を伴わない航空便のトランジット乗客は措置の対象外 ロシア大使館及び領事館におけるビザの受理、作成及び発給を一時的に停止 (2020年3月18日から) 日本からの入国制限を緩和 なお、直行便での渡航に限り、渡航の際にはPCR検査の陰性証明が必要(11月1日から) 日本国籍者のロシア入国を、「定期便再開国リスト」に掲載されている国であれば、該当国を経由した入国も可能とすると発表。 (7月1日)から 入国後3日間の政府指定ホテルでの隔離を廃止(9月7日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) スペイン 〇 EU、シェンゲン協定国及びアンドラ以外の居住者(EUの滞在許可証を保有する居住者及びその家族等を除く)の入国禁止 (2020年3月23日から6月30日まで) 日本を含むEU域外12か国からの入国制限を解除 (7月4日から7月31日まで) 一部例外を除く日本人のスペイン入国禁止(2021年1月29日から) スペイン入国時、PCR検査陰性証明書の持参を義務付け(3月1日から当面3月14日までの間) 日本からのスペインへの入国制限が解除。

15
・渡航前公衆衛生乗客位置情報フォーム Pre-departure public health passenger locator form• ) ア 入国前72時間以内に実施したPCR検査(鼻咽頭ぬぐいによるPT-PCR)又は抗原検査の陰性証明書の提出(16歳以上が対象) イ 国立社会保健センターへの事前オンライン登録及びQRコードの取得 下記サイトで事前に登録を行い、送られてきた認証コード(QR コード)を、リトアニアに向かう航空機、フェリー、バス、列車への搭乗時に提示する必要がある。 ア ガーナに渡航する全ての乗客は、出発国 the country of origin の認定検査機関が発行する新型コロナウイルス陰性証明書を携行しなければならない。

<W解説>韓国の経済団体が日本に求める「入国制限」の緩和、康外相の時には日韓の火種にも│韓国政治・外交│wowKora(ワウコリア)

・入国時に、PCR検査(鼻咽頭スワブ)に基づき、かつ居住国からカンボジアに向けての出発前72時間以内に居住国の保健当局などから発行された新型コロナウイルスに感染していないことを証明する英語の健康診断書の提示 ・FORTE insurance Companyのウェブサイトにて購入したCOVID-19健康保険(購入価格90米ドル、20日間有効)の提示 ・保健省が指定するホテルにて14日間の隔離(宿泊費は、1泊60米ドルから75米ドル) ・2,000米ドルのデポジット支払い(デポジットは、隔離期間の宿泊費、新型コロナウイルス感染検査、移動費に充当され、隔離期間終了後3日以内に残金が返金される) ・到着時及び隔離13日目に、新型コロナウイルス感染検査の受検(感染が疑われる場合には、追加的に検査を受検) (注:具体的な費用等については、在カンボジア日本大使館のウェブサイトをご覧ください。 (6月9日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年2021年1月14日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) フランスからの入国者は、検疫所長の指定する場所での3日間の待機が求められる。 (8月14日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) ドイツ 〇 EU、EFTA、シェンゲン協定国及び英国以外の出身者のEUへの入域を原則禁止。

12
(7月19日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 当分の間、イギリスに滞在歴のある外国人の新規入国を拒否(12月24日から) 「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) 「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に指定、すべての入国者及び帰国者について入国後3日目に改めて検査、陰性の場合はそのまま自宅待機の措置(2月5日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) イギリスからの入国者は、検疫所長の指定する場所での6日間の待機が求められる。 ただし、長期滞在資格を有する者や、国境を越える通勤者、帰国のためのトランジット(入国を伴わない、トランジットエリア内での乗り継ぎ)を行う者等については適用除外 (2020年3月17日から6月30日まで) EU域外7か国からの入国制限を解除、日本は引き続き制限の対象 (7月2日から) 条件を満たす場合に限り、ビジネス目的での入国を許可(ドイツ国内を拠点とするビジネスパートナーまたは雇用主により、出張が必要不可欠であることを証明する理由書の発行が必須) メッセ(見本市)に参加するためのビジネス目的での入国を許可 (適用日不明)日本に対する入国制限措置を解除(2021年1月1日から) 日本に居住する人々の入国制限を再導入(2月2日から) 全ての国からの航空機を利用した入国に対して,ドイツ入国前48時間以内に実施したコロナ検査の陰性証明書の提示を要する。

入国者上限1日3500人に緩和へ 五輪終了で「検疫態勢に余裕」

(7月1日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) インドネシア 〇 外国人の入国及びインドネシアでのトランジットを原則禁止 (2020年4月2日から) ビジネス目的での渡航者を中心にビザ・滞在許可の発給を一部再開(10月1日から) 一時滞在許可(KITAS)や定住許可(KITAP)の保持者を除く全ての外国人の入国を禁止(2021年1月1日から) 入国後は政府の承認を得た隔離指定ホテルにおいて8日間の隔離を行い、1日目と7日目にPCR検査を受検する。 アジアの入国制限一覧 制限の有無 海外政府から日本人に対しての措置 日本政府から外国人に対しての措置 参考URL 中国 〇 現在有効な訪中ビザ及び居留許可を有する外国人の入国を暫定的に停止 (2020年3月28日から) 滞在期間が15日間までのビザ免除措置のすべてを暫定停止(ただし、外交や公務等のビザを有する者の入国は影響を受けない) (3月31日から) ビジネス・家族訪問などを目的とし、そのために有効な居留許可を有する外国人の入国を許可 (9月28日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を開始(11月30日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を開始 (11月30日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネストラック、レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) 韓国 〇 日本国民に対するビザ免除を暫定停止 日本国民にすでに発給されたビザの効力を暫定停止(国内で外国人登録(永住資格を含む)または居所申告が有効な場合には、上記の措置を適用しない) (2020年3月9日から) ビジネストラック、レジデンストラックの運用を開始(10月8日から) 韓国に入国する外国国籍者は、出発日基準で72時間以内に発行されたPCR陰性確認書の携行が必要。 厚生労働省 医薬・生活衛生局 生活衛生・食品安全企画課 検疫所業務管理室 電話:03-5253-1111(内線2468)• (7月1日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) ベトナム 〇 ベトナムに入国する者に対するビザ発給を停止 ビザ免除の者、その他特別な場合については、入国時に新型コロナウイルス感染症が陽性でないことを証明する証明書が必要 (2020年3月18日から) 日本に対するビザ免除措置を停止 (3月21日から) 特別な場合を除き、すべての外国人の入国を停止 (3月22日から) 入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開(6月25日から) レジデンストラックの運用を開始(7月29日から) ビジネストラックの運用を開始 (11月1日から) 一定の条件を満たしたワクチン接種者について、入国後の隔離期間を7日間、その後の健康観察期間を7日間とすることを発表。

14
(5月18日から) 日本国内に住民票を有しない海外在留邦人等については、日本に一時帰国して空港でワクチン接種を行うことが可能に(8月1日から) カナダ 〇 カナダ国籍者以外の入国を禁止 (2020年3月16日から6月30日まで) カナダ国籍者及び永住者の外国籍の近親者については、新型コロナウイルスの症状がない・14日間の隔離措置をとるなどの条件付きで入国を許可 (6月8日から) 空路で入国する5歳以上の全ての者に対して、カナダへの出国前72時間以内の陰性証明取得を義務付けたうえで入国を許可(2021年1月7日から) 飛行機で入国するすべての旅行客に対して、カナダ到着時の空港を出る前と14日間の隔離期間終了時に検査を受けることを義務付ける(2月22日から) ワクチン接種完了者は、入国時の隔離、入国後8日目の検査受検、空路で到着の場合の政府認定ホテル滞在義務が免除される。 q7月1日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) レジデンストラックの運用を開始 (7月29日から) ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開 (10月1日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) レジデンストラックの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) レジデンストラックにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) タイを「新型コロナウイルス変異株流行国・地域」に追加。

入国者数の上限緩和、航空会社にどう影響?(Aviation Wire)

(8月10日から) 入国後14日間の自宅等待機は維持しつつ、ビジネス目的の渡航者に限り受け入れを再開 (9月8日から) ビジネス目的の滞在者に加え、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者についても、受け入れを再開 (10月1日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 全ての入国者は、出国前72時間以内の検査証明書の提示、空港検疫での検査、並びに、14日間の公共交通機関の不使用、自宅等での待機、位置情報の保存・提示、接触確認アプリの導入等についての誓約書の提出が求められる。 (8月9日から) レベル3(渡航中止勧告) 過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は入国拒否 (2020年4月3日から) ビジネス目的の滞在者や、観光客を除く3か月以上の中長期滞在者に限り、受け入れを再開 (10月1日から) 感染症危険情報をレベル2(不要不急の渡航自粛)に引き下げ (10月30日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームの運用を停止、「特段の事情」がない限り過去14日以内に当該地域に滞在歴のある外国人は上陸を拒否 (2021年1月14日から) ビジネス目的での滞在者を対象としたスキームにおいて、発給済みの有効な査証を所持する者についても新規入国を拒否(1月21日から) 全ての入国者(日本国籍者を含む)は、出国前72時間以内の検査証明書の提出が義務付けられる(3月19日から) 日本政府は、香港で変異ウイルスの感染者が確認されたと発表。 。

。 。

例外的に入国が認められた「ビジネス関係者」は誰なのか? WEDGE Infinity(ウェッジ)

8
。 。

外務省 海外安全ホームページ|新型コロナウイルスに係る日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国に際しての条件・行動制限措置

。 。

12
。 。

日本からの入国制限緩和、事前検査・自主隔離は引き続き義務付け(日本、イタリア)

。 。 。