猜疑 性 パーソナリティー 障害。 パーソナリティ障害 (ぱーそなりてぃしょうがい)

パーソナリティ障害 (ぱーそなりてぃしょうがい)

この記事の医療監修 飯島 慶郎 医師(心療内科、など) 心療内科のみならず、臨床心理士、漢方医、総合診療医でもあり、各分野に精通。 A群 奇妙で風変わりなタイプ 妄想性パーソナリティ障害 …不信感や猜疑心が強い 統合失調質パーソナリティ障害 …非社交的で他者への関心が乏しい 統合失調型パーソナリティ障害…会話が風変わりで感情の幅が狭く、しばしば適切さを欠く B群 感情的で移り気なタイプ 境界性パーソナリティ障害…感情や対人関係の不安定さ、衝動行為 自己愛性パーソナリティ障害…傲慢・尊大な態度を見せ自己評価に強くこだわる 反社会性パーソナリティ障害…反社会的で衝動的、向こうみずの行動 演技性パーソナリティ障害…他者の注目を集める派手な外見や演技的行動 C群 不安で内向的なタイプ 依存性パーソナリティ障害…他者への過度の依存、孤独に耐えられない 強迫性パーソナリティ障害…融通性がなく、一定の秩序を保つことへの固執 回避性パーソナリティ障害…自己にまつわる不安や緊張が生じやすい 早期発見のポイント パーソナリティ障害の共通の特徴としては、発達期から(遅くとも思春期から成人期早期から)その特徴が認められることです。

4
。 疾患名 概要 妄想性(猜疑性)パーソナリティー障害 「他人の動機を悪意あるものとして解釈するといった、不信と疑い深さを示す様式」 スキゾイドパーソナリティー障害 「社会的関係からの離脱と感情表出の範囲が限定される様式のこと。

パーソナリティ障害 (ぱーそなりてぃしょうがい)

猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害 猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害の特徴 原因 未解明 発症時期 主に13歳~24歳ころまでに確認される 有効とされる主な療法 認知行動療法・精神分析療法 猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害の診断基準 基準A 他者の発言・行動・態度を悪意あるものと解釈するなどの広範な不信と疑い深さが以下の特徴のうと4つ以上によって示される。 。

猜疑性パーソナリティ障害/妄想性パーソナリティ障害とは

11

妄想性パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法 [メンタルヘルス] All About

。 。 。

9

妄想性パーソナリティ障害の特徴・症状・治療法 [メンタルヘルス] All About

。 。 。

1
。 。

パーソナリティ障害 (ぱーそなりてぃしょうがい)

。 。 。

6

パーソナリティ障害の人への支援で大事にしたい6つの関わり方。

。 。 。

6
。 。

猜疑性(妄想性)パーソナリティ障害の特徴と診断基準

公認心理師試験対策!パーソナリティー障害(風変りに見える A群編)

13
。 。