内閣 総理 大臣。 菅内閣 閣僚等名簿

内閣総理大臣顕彰について

プロフィール 生年月日 昭和23年12月6日 出身地 秋田県 衆議院議員 神奈川2区、当選8回 略歴等 昭和48年 3月 法政大学法学部卒業 昭和50年 4月 衆議院議員小此木彦三郎秘書 昭和59年 6月 通産大臣秘書官 昭和62年 4月 横浜市会議員(2期) 平成 8年10月 衆議院議員 初当選(以降8期連続当選) 平成 9年 6月 自民党横浜市支部連合会会長 平成13年 5月 自民党副幹事長 平成14年 1月 国土交通大臣政務官 平成15年 9月 経済産業大臣政務官 平成16年10月 国会対策委員会副委員長 平成17年11月 総務副大臣 平成18年 9月 総務大臣 郵政民営化担当 平成18年12月 内閣府特命担当大臣 地方分権改革担当 平成19年 6月 自民党神奈川県支部連合会会長 平成19年 8月 自民党選挙対策総局長 平成19年10月 自民党選挙対策副委員長 平成22年 9月 衆議院議院運営委員会筆頭理事 平成23年10月 自民党組織運動本部長 平成24年 9月 自民党幹事長代行 平成24年12月 内閣官房長官、国家安全保障担当(第2次安倍内閣) 平成26年 9月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当(第2次安倍改造内閣) 平成26年12月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当(第3次安倍内閣) 平成27年10月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当(第3次安倍改造内閣) 平成28年 8月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当(第3次安倍第2次改造内閣) 平成29年 8月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当(第3次安倍第3次改造内閣) 平成29年11月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当(第4次安倍内閣) 平成30年10月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当、拉致問題担当(第4次安倍改造内閣) 令和 元年 9月 内閣官房長官、沖縄基地負担軽減担当、拉致問題担当(第4次安倍第2次改造内閣) 令和 2年 9月 自由民主党総裁 第99代内閣総理大臣. 副大臣 [ ] 職名 氏名 所属など 備考 衆議院、民主党(小沢グループ) 留任 衆議院、民主党(菅グループ) 留任 衆議院、民主党(小沢グループ) 留任 2011年退任 衆議院、民主党(玄葉グループ) 2011年任命 衆議院、民主党(小沢グループ) 留任 衆議院、民主党(菅グループ) 留任 参議院、民主党(菅グループ) 留任 衆議院、民主党 留任 衆議院、民主党(野田グループ) 留任 2011年退任 参議院、民主党(鳩山グループ) 2011年任命 衆議院、民主党 留任 参議院、民主党 留任 衆議院、民主党 留任 参議院、民主党(鳩山グループ ) 留任 衆議院、民主党(前原グループ) 留任 参議院、民主党 衆議院、民主党 留任 衆議院、民主党(横路グループ) 留任 衆議院、民主党(菅グループ) 留任 衆議院、国民新党 留任 衆議院、民主党(樽床グループ ) 留任 参議院、民主党 留任 衆議院、民主党 留任 参議院、民主党• 2008年—2009年 1940-09-20 (80歳) 自由民主党 衆議院議員 ・・() 2009年—2010年 1947-02-11 (74歳) 無所属 のとともに議員を退任、政界引退。 在日韓国人違法献金問題 [ ] 、で外務大臣がの女性から献金を受けていたことが明らかになり 、に前原は辞任した。

7
出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 世界大百科事典 内の内閣総理大臣 の言及. 2 表彰者 内閣総理大臣 3 表彰の対象 次の各号の一に該当して特に顕著な功績があり、全国民の模範と認められるものその他内閣総理大臣が表彰することを適当と認めるものに対して行なう。

内閣総理大臣顕彰について

名称 勢力 国務大臣 政務次官 その他 しやかい 8 10 みんしゆ 83 6 8 、、官房次長(政務) こくみんきようとう 2 2 りよくふうかい 0 2 15 22 首班指名投票 [ ] 第2国会 1948年2月22日• 出身党派別人数 [ ] (内閣総理大臣の氏名の後の年は就任した年) 順位 政党 人数 最初の内閣総理大臣 直近の内閣総理大臣 1 23 鳩山一郎・1955年(昭和30年) 菅義偉・2020年(令和2年) 2 5 伊藤博文・1900年(明治33年) 犬養毅・1932年(昭和7年) 3 4 近衛文麿・1940年(昭和15年) 鈴木貫太郎・1945年(昭和20年) 4 3 鳩山由紀夫・2009年(平成21年) 野田佳彦・2011年(平成23年) 5 2 片山哲・1947年(昭和22年) 村山富市・1994年(平成6年) 濱口雄幸・1929年(昭和4年) ・1931年(昭和6年) 加藤高明・1924年(大正13年) 若槻禮次郎・1927年(昭和2年) 8 1 羽田孜・1994年(平成6年) 細川護熙・1993年(平成5年) 鳩山一郎・1955年(昭和30年) 吉田茂・1952年(昭和27年) 吉田茂・1953年(昭和28年) 吉田茂・1948年(昭和23年) 吉田茂・1949年(昭和24年) 芦田均・1948年(昭和23年) 吉田茂・1947年(昭和22年) ・(昭和20年) ・(大正3年) 大隈重信・(明治31年)• 英語表記 [ ] 公式の英語表記は「 Prime Minister」である。 総理大臣経験者の出身高校・大学 代 名前 出身 高校 大学 49 宮沢喜一 広島 武蔵高校 東大 50 細川護熙 熊本 学習院高等科 上智 51 羽田 孜 長野 成城学園高校 成城 52 村山富市 大分 東京市立商業学校 明治 53 橋本龍太郎 岡山 麻布高校 慶応 54 小渕恵三 群馬 都立北高校 早稲田 55 森 喜朗 石川 県立金沢二水高校 早稲田 56 小泉純一郎 神奈川 県立横須賀高校 慶応 57 安倍晋三 山口 成蹊高校 成蹊 58 福田康夫 群馬 麻布高校 早稲田 59 麻生太郎 福岡 学習院高等科 学習院 60 鳩山由紀夫 北海道 都立小石川高校 東大 61 菅 直人 東京 都立小山台高校 東大 62 野田佳彦 千葉 県立船橋高校 早稲田 63 菅 義偉 神奈川 県立湯沢高校 法政 これは、参勤交代の制度から江戸時代の藩主は母親が住む江戸生まれ・育ちが多く、藩主にとって地元はむしろ単身赴任先のような位置づけとなっていたのと近い(竹村公太郎「」集英社、2021年、p.。 かつて宮内大臣だった内閣総理大臣 伊藤博文 1885年(明治18年)12月22日 - 1887年9月16日 「宮中・府中(行政府)」の分離により、宮内省は内閣に属さないことと定められたが、伊藤自身は内閣総理大臣と宮内大臣を兼務した。

8
もっとも、「内閣総理大臣」の英訳としては当初からこの語であったわけではなく、かつては「 Minister President of State」(「国の)」の意味)というドイツ風の訳語も用いられた。

幹部紹介|内閣官房ホームページ

退任と代理 [ ] 退任 [ ] 「衆議院でが可決、又はを否決した場合、10日以内に しないとき」()、また、「内閣総理大臣が欠けたとき」あるいは「衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があった時」()は内閣総辞職をしなければならない。

3
権限 [ ] で用いられる 日本国憲法およびその他の法令が規定する内閣総理大臣のおもな権限は次の通りである。

内閣総理大臣(ないかくそうりだいじん)の意味

退任後 [ ] 内閣総理大臣を退任した後も、本人が望めば1人程度の(SP)が元首相本人の警護を行うことが慣例となっている が、基本的にSPによる警護を拒否することのできない現職首相とは異なり、元首相本人の意向によりSPによる警護を終了することも可能である。 極東軍事裁判関連 [ ] 記録 氏名 事柄 自殺した 元内閣総理大臣 よりA級戦犯としての逮捕命令が出たことを受けて、出頭期限日の未明に自邸でを服毒し自殺。 内閣総理大臣補佐官 [ ] 職名 氏名 担当 所属など 備考 国家戦略及び国会対策担当 衆議院、民主党(菅グループ) 留任 2011年3月17日退任 行政刷新及び広報担当 衆議院、民主党(菅グループ) 留任 2011年退任 東北地方太平洋沖地震による災害及び原子力発電所事故対応担当 衆議院、民主党(無派閥) 2011年3月26日任命 2011年6月27日退任 社会保障・税一体改革及び国会対策担当 (-2011年) 原子力発電所事故全般についての対応及び広報担当(2011年4月16日-) 衆議院、民主党(前原グループ) 2011年6月27日退任 政治主導による政策運営及び国会対策担当 参議院、民主党 災害ボランティア活動担当 衆議院、無所属 2011年3月13日任命 社会保障・税一体改革及び省庁間調整担当 衆議院、民主党(小沢グループ) 2011年3月17日任命 消費者及び食品安全、行政刷新担当 衆議院、民主党(野田グループ) 2011年6月27日任命 内閣の重要政策全般担当 衆議院、国民新党 2011年6月27日任命• 所属政党: 一覧 [ ] ジャンプリンク• 宮中 [ ] 記録 氏名 事柄 かつて内大臣だった内閣総理大臣 桂太郎 1912年(大正元年)8月21日 - 同年12月21日 二期目の内閣総理大臣を辞した後に内大臣となり、その後また内閣総理大臣に任じられている。

13
2001年—2006年 1942-01-08 (79歳) 自由民主党 のとともに議員を退任、政界引退。

図録▽歴代首相(総理大臣)の出身県

吉田茂(日本自由党)- 101票、芦田均(民主党)-99票、(無所属)-11票、徳田球一(日本共産党)-2票、(無所属)-1票、片山哲(日本社会党)-1票、(日本社会党)-1票、(日本自由党)-1票、白票-1票 <決選投票> 吉田茂(日本自由党)- 104票、芦田均(民主党)-102票、白票-7票、無効-3票 内閣の動き [ ] 前任の片山内閣は、比較第一党たる日本社会党を中心として、他に民主党・国民協同党・を与党とする枠組みとして成立していたが、4党間の対立、更には日本社会党内の右派・左派の対立により瓦解した。

枢密院 [ ] 記録 氏名 事柄 議長の経歴を持つ内閣総理大臣 伊藤博文 初代首相を退任後初代枢密院議長に就任、その後再び組閣。

「首相」と「内閣総理大臣」の違いとは?分かりやすく解釈

幹部紹介 職名 氏名 内閣総理大臣 (すが よしひで) 内閣官房長官 (かとう かつのぶ) 内閣官房副長官(政務) (さかい まなぶ) 内閣官房副長官(政務) (おかだ なおき) 内閣官房副長官(事務) (すぎた かずひろ) 内閣危機管理監 (おきた よしき) 内閣情報通信政策監 (みわ あきひさ) 国家安全保障局長 (あきば たけお) 内閣官房副長官補 (ふじい たけし) 内閣官房副長官補 (たきざき しげき) 内閣官房副長官補 (たかはし けんいち) 内閣広報官 (おの ひかりこ) 内閣情報官 (たきざわ ひろあき) 内閣総理大臣補佐官紹介 職名 氏名 内閣総理大臣補佐官 (きはら みのる) 内閣総理大臣補佐官 (あだち まさし) 内閣総理大臣補佐官 (いずみ ひろと) 内閣総理大臣補佐官 (かきざき めいじ). 出自 [ ] 記録 続柄 氏名 事柄 一親等内に元内閣総理大臣がいる内閣総理大臣 と 福田赳夫と福田康夫 康夫は赳夫の。

1
東日本大震災への対応 [ ] 「」および「」も参照 福島第一原子力発電所事故における初動対応 の事故対応について、原子力の知識もあると自負する菅は陣頭指揮を執るという姿勢を示す。 首相「復興指針早期に」対策本部 やっと初会合 東京新聞 2011年6月29日 朝刊• 刑事裁判関連 [ ] 記録 氏名 事柄 、された元内閣総理大臣 芦田均 芦田はで逮捕され起訴された。

内閣総理大臣顕彰について

国務大臣 [ ] 職名 氏名 出身等 特命事項等 備考 () () 担当 留任 民主党 (菅G) 就任順位第2位 再入閣 衆議院 民主党 (前原G) 内閣総理大臣臨時代理 就任順位第3位 留任 2011年3月7日免 () 衆議院 民主党 (前原G) (菅G) 臨時代理 2011年3月7日指定 2011年3月9日免 内閣官房長官兼任 衆議院 民主党 () () 初入閣 2011年3月9日任 衆議院 民主党 () 留任 衆議院 民主党 (川端G) 留任 衆議院 民主党 (菅G) 留任 衆議院 民主党 () 内閣総理大臣臨時代理 就任順位第4位 留任 衆議院 民主党 (鳩山G) 経済被害担当 (2011年4月11日任) 横滑り 衆議院 民主党 (鳩山G) 横滑り 衆議院 民主党 () 留任 2011年6月27日免 民主党 (菅G) 内閣総理大臣臨時代理 就任順位2位 2011年6月27日任 法務大臣兼任 参議院 民主党 (羽田G) 留任 内閣府特命担当大臣 () 衆議院 民主党 (前原G) (菅G) 内閣総理大臣臨時代理 就任順位第1位 再入閣 衆議院 民主党 (川端G) 内閣総理大臣臨時代理 就任順位第5位 初入閣 内閣府特命担当大臣 () 衆議院 民主党 (横路G) (2011年6月27日任) 2011年7月5日免 参議院 民主党 (小沢G) (玄葉G) 東日本大震災復興対策担当 初入閣 2011年7月5日任 内閣府特命担当大臣 () 参議院 留任 内閣府特命担当大臣 () 参議院 民主党 (野田G) 啓発担当 (2011年3月13日任) 留任 2011年6月27日免 衆議院 民主党 (前原G) 節電啓発担当 (2011年6月27日任) 初入閣 2011年6月27日任 内閣府特命担当大臣 () () () 衆議院 無所属 ・一体改革担当 再入閣 内閣府特命担当大臣 () () 衆議院 民主党 (玄葉G) 留任 内閣府特命担当大臣 () 参議院 民主党 (野田G) 2011年6月27日免 衆議院 民主党 (前原G) (菅G) 2011年6月27日任 内閣府特命担当大臣 () 衆議院 民主党 (前原G) 2011年8月10日任• 経緯 [ ] 党首討論 [ ] 菅政権の発足後、党首討論は開かれていなかったが、、菅は党首討論を行うことを表明し 、に党首討論が開催された。

19
詳細は「」、「」、「」、「」、および「」を参照 臨時代理 [ ] 内閣総理大臣の職務代行として内閣総理大臣臨時代理が存在する。 [補説] 歴代内閣総理大臣一覧 歴代 氏名 在職期間 1 (第1次) 明治18年12月22日~21年4月30日 1885年12月22日~1888年4月30日 2 明治21年4月30日~22年10月25日 1888年4月30日~1889年10月25日 (兼任) 明治22年10月25日~12月24日 1889年10月25日~12月24日 3 (第1次) 明治22年12月24日~24年5月6日 1889年12月24日~1891年5月6日 4 (第1次) 明治24年5月6日~25年8月8日 1891年5月6日~1892年8月8日 5 伊藤博文(第2次) 明治25年8月8日~29年8月31日 1892年8月8日~1896年8月31日 (臨時兼任) 明治29年8月31日~9月18日 1896年8月31日~9月18日 6 松方正義(第2次) 明治29年9月18日~31年1月12日 1896年9月18日~1898年1月12日 7 伊藤博文(第3次) 明治31年1月12日~6月30日 1898年1月12日~6月30日 8 (第1次) 明治31年6月30日~11月8日 1898年6月30日~11月8日 9 山県有朋(第2次) 明治31年11月8日~33年10月19日 1898年11月8日~1900年10月19日 10 伊藤博文(第4次) 明治33年10月19日~34年5月10日 1900年10月19日~1901年5月10日 (臨時兼任) 西園寺公望 明治34年5月10日~6月2日 1901年5月10日~6月2日 11 (第1次) 明治34年6月2日~39年1月7日 1901年6月2日~1906年1月7日 12 (第1次) 明治39年1月7日~41年7月14日 1906年1月7日~1908年7月14日 13 桂太郎(第2次) 明治41年7月14日~44年8月30日 1908年7月14日~1911年8月30日 14 西園寺公望(第2次) 明治44年8月30日~大正元年12月21日 1911年8月30日~1912年12月21日 15 桂太郎(第3次) 大正元年12月21日~2年2月20日 1912年12月21日~1913年2月20日 16 (第1次) 大正2年2月20日~3年4月16日 1913年2月20日~1914年4月16日 17 大隈重信(第2次) 大正3年4月16日~5年10月9日 1914年4月16日~1916年10月9日 18 大正5年10月9日~7年9月29日 1916年10月9日~1918年9月29日 19 大正7年9月29日~10年11月4日 1918年9月29日~1921年11月4日 (臨時兼任) 大正10年11月4日~11月13日 1921年11月4日~11月13日 20 大正10年11月13日~11年6月12日 1921年11月13日~1922年6月12日 21 大正11年6月12日~12年8月24日 1922年6月12日~1923年8月24日 (臨時兼任) 内田康哉 大正12年8月25日~9月2日 1923年8月25日~9月2日 22 山本権兵衛(第2次) 大正12年9月2日~13年1月7日 1923年9月2日~1924年1月7日 23 大正13年1月7日~6月11日 1924年1月7日~6月11日 24 大正13年6月11日~15年1月28日 1924年6月11日~1926年1月28日 (臨時兼任) 若槻礼次郎 大正15年1月28日~1月30日 1926年1月28日~1月30日 25 (第1次) 大正15年1月30日~昭和2年4月20日 1926年1月30日~1927年4月20日 26 昭和2年4月20日~4年7月2日 1927年4月20日~1929年7月2日 27 昭和4年7月2日~6年4月14日 1929年7月2日~1931年4月14日 28 若槻礼次郎(第2次) 昭和6年4月14日~12月13日 1931年4月14日~12月13日 29 昭和6年12月13日~7年5月16日 1931年12月13日~1932年5月16日 (臨時兼任) 高橋是清 昭和7年5月16日~5月26日 1932年5月16日~5月26日 30 昭和7年5月26日~9年7月8日 1932年5月26日~1934年7月8日 31 昭和9年7月8日~11年3月9日 1934年7月8日~1936年3月9日 32 昭和11年3月9日~12年2月2日 1936年3月9日~1937年2月2日 33 昭和12年2月2日~6月4日 1937年2月2日~6月4日 34 (第1次) 昭和12年6月4日~14年1月5日 1937年6月4日~1939年1月5日 35 昭和14年1月5日~8月30日 1939年1月5日~8月30日 36 昭和14年8月30日~15年1月16日 1939年8月30日~1940年1月16日 37 昭和15年1月16日~7月22日 1940年1月16日~7月22日 38 近衛文麿(第2次) 昭和15年7月22日~16年7月18日 1940年7月22日~1941年7月18日 39 近衛文麿(第3次) 昭和16年7月18日~10月18日 1941年7月18日~10月18日 40 昭和16年10月18日~19年7月22日 1941年10月18日~1944年7月22日 41 昭和19年7月22日~20年4月7日 1944年7月22日~1945年4月7日 42 昭和20年4月7日~8月17日 1945年4月7日~8月17日 43 昭和20年8月17日~10月9日 1945年8月17日~10月9日 44 昭和20年10月9日~21年5月22日 1945年10月9日~1946年5月22日 45 (第1次) 昭和21年5月22日~22年5月24日 1946年5月22日~1947年5月24日 46 昭和22年5月24日~23年3月10日 1947年5月24日~1948年3月10日 47 昭和23年3月10日~10月15日 1948年3月10日~10月15日 48 吉田茂(第2次) 昭和23年10月15日~24年2月16日 1948年10月15日~1949年2月16日 49 吉田茂(第3次) 昭和24年2月16日~27年10月30日 1949年2月16日~1952年10月30日 50 吉田茂(第4次) 昭和27年10月30日~28年5月21日 1952年10月30日~1953年5月21日 51 吉田茂(第5次) 昭和28年5月21日~29年12月10日 1953年5月21日~1954年12月10日 52 (第1次) 昭和29年12月10日~30年3月19日 1954年12月10日~1955年3月19日 53 鳩山一郎(第2次) 昭和30年3月19日~11月22日 1955年3月19日~11月22日 54 鳩山一郎(第3次) 昭和30年11月22日~31年12月23日 1955年11月22日~1956年12月23日 55 昭和31年12月23日~32年2月25日 1956年12月23日~1957年2月25日 56 (第1次) 昭和32年2月25日~33年6月12日 1957年2月25日~1958年6月12日 57 岸信介(第2次) 昭和33年6月12日~35年7月19日 1958年6月12日~1960年7月19日 58 (第1次) 昭和35年7月19日~12月8日 1960年7月19日~12月8日 59 池田勇人(第2次) 昭和35年12月8日~38年12月9日 1960年12月8日~1963年12月9日 60 池田勇人(第3次) 昭和38年12月9日~39年11月9日 1963年12月9日~1964年11月9日 61 (第1次) 昭和39年11月9日~42年2月17日 1964年11月9日~1967年2月17日 62 佐藤栄作(第2次) 昭和42年2月17日~45年1月14日 1967年2月17日~1970年1月14日 63 佐藤栄作(第3次) 昭和45年1月14日~47年7月7日 1970年1月14日~1972年7月7日 64 (第1次) 昭和47年7月7日~12月22日 1972年7月7日~12月22日 65 田中角栄(第2次) 昭和47年12月22日~49年12月9日 1972年12月22日~1974年12月9日 66 昭和49年12月9日~51年12月24日 1974年12月9日~1976年12月24日 67 昭和51年12月24日~53年12月7日 1976年12月24日~1978年12月7日 68 (第1次) 昭和53年12月7日~54年11月9日 1978年12月7日~1979年11月9日 69 大平正芳(第2次) 昭和54年11月9日~55年6月12日 1979年11月9日~1980年6月12日 (臨時代理) 伊東正義 昭和55年6月12日~7月17日 1980年6月12日~7月17日 70 昭和55年7月17日~57年11月27日 1980年7月17日~1982年11月27日 71 (第1次) 昭和57年11月27日~58年12月27日 1982年11月27日~1983年12月27日 72 中曽根康弘(第2次) 昭和58年12月27日~61年7月22日 1983年12月27日~1986年7月22日 73 中曽根康弘(第3次) 昭和61年7月22日~62年11月6日 1986年7月22日~1987年11月6日 74 昭和62年11月6日~平成元年6月3日 1987年11月6日~1989年6月3日 75 平成元年6月3日~8月10日 1989年6月3日~8月10日 76 (第1次) 平成元年8月10日~2年2月28日 1989年8月10日~1990年2月28日 77 海部俊樹(第2次) 平成2年2月28日~3年11月5日 1990年2月28日~1991年11月5日 78 平成3年11月5日~5年8月9日 1991年11月5日~1993年8月9日 79 平成5年8月9日~6年4月28日 1993年8月9日~1994年4月28日 80 平成6年4月28日~6月30日 1994年4月28日~6月30日 81 平成6年6月30日~8年1月11日 1994年6月30日~1996年1月11日 82 (第1次) 平成8年1月11日~11月7日 1996年1月11日~11月7日 83 橋本龍太郎(第2次) 平成8年11月7日~10年7月30日 1996年11月7日~1998年7月30日 84 平成10年7月30日~12年4月5日 1998年7月30日~2000年4月5日 85 (第1次) 平成12年4月5日~7月4日 2000年4月5日~7月4日 86 森喜朗(第2次) 平成12年7月4日~13年4月26日 2000年7月4日~2001年4月26日 87 (第1次) 平成13年4月26日~15年11月19日 2001年4月26日~2003年11月19日 88 小泉純一郎(第2次) 平成15年11月19日~17年9月21日 2003年11月19日~2005年9月21日 89 小泉純一郎(第3次) 平成17年9月21日~18年9月26日 2005年9月21日~2006年9月26日 90 (第1次) 平成18年9月26日~19年9月26日 2006年9月26日~2007年9月26日 91 平成19年9月26日~20年9月24日 2007年9月26日~2008年9月24日 92 平成20年9月24日~21年9月16日 2008年9月24日~2009年9月16日 93 平成21年9月16日~22年6月8日 2009年9月16日~2010年6月8日 94 平成22年6月8日~23年9月2日 2010年6月8日~2011年9月2日 95 平成23年9月2日~24年12月26日 2011年9月2日~2012年12月26日 96 安倍晋三(第2次) 平成24年12月26日~平成26年12月24日 2012年12月26日~2014年12月24日 97 安倍晋三(第3次) 平成26年12月24日~平成29年11月1日 2014年12月24日~2017年11月1日 98 安倍晋三(第4次) 平成29年11月1日~令和2年9月16日 2017年11月1日~2020年9月16日 99 令和2年9月16日~ 2020年9月16日~ 出典 デジタル大辞泉について 「内閣総理大臣」の解説 地位 日本で初めて内閣総理大臣が置かれたのは、1885年(明治18)12月である。

内閣総理大臣

の肖像画に用いられた元内閣総理大臣 伊藤博文 伊藤はC千円券(1963年(昭和38年) - 1984年(昭和59年)発行)の肖像。

11
代 人 内閣総理大臣 内閣 就任期間 就任日数 出生地 学歴 栄典・兼職 備考 時代(在位:1867年2月13日 - 1912年7月30日) 1 1 いとう ひろぶみ 1885年12月22日 - 1888年04月30日 861日 (現) のち 2 2 くろだ きよたか 1888年04月30日 - 1889年10月25日 544日 (現) 従二位 勲一等 伯爵 単独で辞任 - () (さんじょう さねとみ) () (1889年10月25日 - 1889年12月24日) - (現) 旧 内大臣のまま内閣総理大臣を兼任しているが 、現在の政府解釈では三条実美は代数に含まれない。 かつてだった内閣総理大臣 桂太郎 1912年(大正元年)8月13日 - 同年12月21日 桂は内大臣と侍従長を兼務していた。

幹部紹介|内閣官房ホームページ

内閣の顔ぶれ・人事 [ ] 国務大臣 [ ] 1948年(昭和23年)3月10日任命。

8
2006年-2007年 2012年-2020年 1954-09-21 (66歳) 自由民主党 衆議院議員 2007年—2008年 1936-07-16 (85歳) 自由民主党 のとともに議員を退任、政界引退。 で有罪判決を受けた元内閣総理大臣 田中角栄 かつて逮捕、起訴されたことがある内閣総理大臣 田中角栄 田中は法務政務次官時代にで逮捕され起訴された。

安倍内閣総理大臣のウクライナ訪問|外務省

日本国憲法と内閣法 [ ] 制定後初の内閣総理大臣 (昭和21年)にが公布され、第に「内閣は、法律の定めるところにより、その首長たる内閣総理大臣及びその他の国務大臣でこれを組織する」と初めてに明記された。 [補説] 歴代内閣総理大臣一覧 歴代 氏名 在職期間 1 (第1次) 明治18年12月22日~21年4月30日 1885年12月22日~1888年4月30日 2 明治21年4月30日~22年10月25日 1888年4月30日~1889年10月25日 (兼任) 明治22年10月25日~12月24日 1889年10月25日~12月24日 3 (第1次) 明治22年12月24日~24年5月6日 1889年12月24日~1891年5月6日 4 (第1次) 明治24年5月6日~25年8月8日 1891年5月6日~1892年8月8日 5 伊藤博文(第2次) 明治25年8月8日~29年8月31日 1892年8月8日~1896年8月31日 (臨時兼任) 明治29年8月31日~9月18日 1896年8月31日~9月18日 6 松方正義(第2次) 明治29年9月18日~31年1月12日 1896年9月18日~1898年1月12日 7 伊藤博文(第3次) 明治31年1月12日~6月30日 1898年1月12日~6月30日 8 (第1次) 明治31年6月30日~11月8日 1898年6月30日~11月8日 9 山県有朋(第2次) 明治31年11月8日~33年10月19日 1898年11月8日~1900年10月19日 10 伊藤博文(第4次) 明治33年10月19日~34年5月10日 1900年10月19日~1901年5月10日 (臨時兼任) 西園寺公望 明治34年5月10日~6月2日 1901年5月10日~6月2日 11 (第1次) 明治34年6月2日~39年1月7日 1901年6月2日~1906年1月7日 12 (第1次) 明治39年1月7日~41年7月14日 1906年1月7日~1908年7月14日 13 桂太郎(第2次) 明治41年7月14日~44年8月30日 1908年7月14日~1911年8月30日 14 西園寺公望(第2次) 明治44年8月30日~大正元年12月21日 1911年8月30日~1912年12月21日 15 桂太郎(第3次) 大正元年12月21日~2年2月20日 1912年12月21日~1913年2月20日 16 (第1次) 大正2年2月20日~3年4月16日 1913年2月20日~1914年4月16日 17 大隈重信(第2次) 大正3年4月16日~5年10月9日 1914年4月16日~1916年10月9日 18 大正5年10月9日~7年9月29日 1916年10月9日~1918年9月29日 19 大正7年9月29日~10年11月4日 1918年9月29日~1921年11月4日 (臨時兼任) 大正10年11月4日~11月13日 1921年11月4日~11月13日 20 大正10年11月13日~11年6月12日 1921年11月13日~1922年6月12日 21 大正11年6月12日~12年8月24日 1922年6月12日~1923年8月24日 (臨時兼任) 内田康哉 大正12年8月25日~9月2日 1923年8月25日~9月2日 22 山本権兵衛(第2次) 大正12年9月2日~13年1月7日 1923年9月2日~1924年1月7日 23 大正13年1月7日~6月11日 1924年1月7日~6月11日 24 大正13年6月11日~15年1月28日 1924年6月11日~1926年1月28日 (臨時兼任) 若槻礼次郎 大正15年1月28日~1月30日 1926年1月28日~1月30日 25 (第1次) 大正15年1月30日~昭和2年4月20日 1926年1月30日~1927年4月20日 26 昭和2年4月20日~4年7月2日 1927年4月20日~1929年7月2日 27 昭和4年7月2日~6年4月14日 1929年7月2日~1931年4月14日 28 若槻礼次郎(第2次) 昭和6年4月14日~12月13日 1931年4月14日~12月13日 29 昭和6年12月13日~7年5月16日 1931年12月13日~1932年5月16日 (臨時兼任) 高橋是清 昭和7年5月16日~5月26日 1932年5月16日~5月26日 30 昭和7年5月26日~9年7月8日 1932年5月26日~1934年7月8日 31 昭和9年7月8日~11年3月9日 1934年7月8日~1936年3月9日 32 昭和11年3月9日~12年2月2日 1936年3月9日~1937年2月2日 33 昭和12年2月2日~6月4日 1937年2月2日~6月4日 34 (第1次) 昭和12年6月4日~14年1月5日 1937年6月4日~1939年1月5日 35 昭和14年1月5日~8月30日 1939年1月5日~8月30日 36 昭和14年8月30日~15年1月16日 1939年8月30日~1940年1月16日 37 昭和15年1月16日~7月22日 1940年1月16日~7月22日 38 近衛文麿(第2次) 昭和15年7月22日~16年7月18日 1940年7月22日~1941年7月18日 39 近衛文麿(第3次) 昭和16年7月18日~10月18日 1941年7月18日~10月18日 40 昭和16年10月18日~19年7月22日 1941年10月18日~1944年7月22日 41 昭和19年7月22日~20年4月7日 1944年7月22日~1945年4月7日 42 昭和20年4月7日~8月17日 1945年4月7日~8月17日 43 昭和20年8月17日~10月9日 1945年8月17日~10月9日 44 昭和20年10月9日~21年5月22日 1945年10月9日~1946年5月22日 45 (第1次) 昭和21年5月22日~22年5月24日 1946年5月22日~1947年5月24日 46 昭和22年5月24日~23年3月10日 1947年5月24日~1948年3月10日 47 昭和23年3月10日~10月15日 1948年3月10日~10月15日 48 吉田茂(第2次) 昭和23年10月15日~24年2月16日 1948年10月15日~1949年2月16日 49 吉田茂(第3次) 昭和24年2月16日~27年10月30日 1949年2月16日~1952年10月30日 50 吉田茂(第4次) 昭和27年10月30日~28年5月21日 1952年10月30日~1953年5月21日 51 吉田茂(第5次) 昭和28年5月21日~29年12月10日 1953年5月21日~1954年12月10日 52 (第1次) 昭和29年12月10日~30年3月19日 1954年12月10日~1955年3月19日 53 鳩山一郎(第2次) 昭和30年3月19日~11月22日 1955年3月19日~11月22日 54 鳩山一郎(第3次) 昭和30年11月22日~31年12月23日 1955年11月22日~1956年12月23日 55 昭和31年12月23日~32年2月25日 1956年12月23日~1957年2月25日 56 (第1次) 昭和32年2月25日~33年6月12日 1957年2月25日~1958年6月12日 57 岸信介(第2次) 昭和33年6月12日~35年7月19日 1958年6月12日~1960年7月19日 58 (第1次) 昭和35年7月19日~12月8日 1960年7月19日~12月8日 59 池田勇人(第2次) 昭和35年12月8日~38年12月9日 1960年12月8日~1963年12月9日 60 池田勇人(第3次) 昭和38年12月9日~39年11月9日 1963年12月9日~1964年11月9日 61 (第1次) 昭和39年11月9日~42年2月17日 1964年11月9日~1967年2月17日 62 佐藤栄作(第2次) 昭和42年2月17日~45年1月14日 1967年2月17日~1970年1月14日 63 佐藤栄作(第3次) 昭和45年1月14日~47年7月7日 1970年1月14日~1972年7月7日 64 (第1次) 昭和47年7月7日~12月22日 1972年7月7日~12月22日 65 田中角栄(第2次) 昭和47年12月22日~49年12月9日 1972年12月22日~1974年12月9日 66 昭和49年12月9日~51年12月24日 1974年12月9日~1976年12月24日 67 昭和51年12月24日~53年12月7日 1976年12月24日~1978年12月7日 68 (第1次) 昭和53年12月7日~54年11月9日 1978年12月7日~1979年11月9日 69 大平正芳(第2次) 昭和54年11月9日~55年6月12日 1979年11月9日~1980年6月12日 (臨時代理) 伊東正義 昭和55年6月12日~7月17日 1980年6月12日~7月17日 70 昭和55年7月17日~57年11月27日 1980年7月17日~1982年11月27日 71 (第1次) 昭和57年11月27日~58年12月27日 1982年11月27日~1983年12月27日 72 中曽根康弘(第2次) 昭和58年12月27日~61年7月22日 1983年12月27日~1986年7月22日 73 中曽根康弘(第3次) 昭和61年7月22日~62年11月6日 1986年7月22日~1987年11月6日 74 昭和62年11月6日~平成元年6月3日 1987年11月6日~1989年6月3日 75 平成元年6月3日~8月10日 1989年6月3日~8月10日 76 (第1次) 平成元年8月10日~2年2月28日 1989年8月10日~1990年2月28日 77 海部俊樹(第2次) 平成2年2月28日~3年11月5日 1990年2月28日~1991年11月5日 78 平成3年11月5日~5年8月9日 1991年11月5日~1993年8月9日 79 平成5年8月9日~6年4月28日 1993年8月9日~1994年4月28日 80 平成6年4月28日~6月30日 1994年4月28日~6月30日 81 平成6年6月30日~8年1月11日 1994年6月30日~1996年1月11日 82 (第1次) 平成8年1月11日~11月7日 1996年1月11日~11月7日 83 橋本龍太郎(第2次) 平成8年11月7日~10年7月30日 1996年11月7日~1998年7月30日 84 平成10年7月30日~12年4月5日 1998年7月30日~2000年4月5日 85 (第1次) 平成12年4月5日~7月4日 2000年4月5日~7月4日 86 森喜朗(第2次) 平成12年7月4日~13年4月26日 2000年7月4日~2001年4月26日 87 (第1次) 平成13年4月26日~15年11月19日 2001年4月26日~2003年11月19日 88 小泉純一郎(第2次) 平成15年11月19日~17年9月21日 2003年11月19日~2005年9月21日 89 小泉純一郎(第3次) 平成17年9月21日~18年9月26日 2005年9月21日~2006年9月26日 90 (第1次) 平成18年9月26日~19年9月26日 2006年9月26日~2007年9月26日 91 平成19年9月26日~20年9月24日 2007年9月26日~2008年9月24日 92 平成20年9月24日~21年9月16日 2008年9月24日~2009年9月16日 93 平成21年9月16日~22年6月8日 2009年9月16日~2010年6月8日 94 平成22年6月8日~23年9月2日 2010年6月8日~2011年9月2日 95 平成23年9月2日~24年12月26日 2011年9月2日~2012年12月26日 96 安倍晋三(第2次) 平成24年12月26日~平成26年12月24日 2012年12月26日~2014年12月24日 97 安倍晋三(第3次) 平成26年12月24日~平成29年11月1日 2014年12月24日~2017年11月1日 98 安倍晋三(第4次) 平成29年11月1日~令和2年9月16日 2017年11月1日~2020年9月16日 99 令和2年9月16日~ 2020年9月16日~. 「首相」は古代の中国の行政府トップである 「宰相 さいしょう 」と呼ばれることもありますが、 「行政機関の長 リーダー の通称」なのです。

5
記録 [ ] 在職記録 [ ] 記録の名称 記録保持者氏名 記録の内容 最長在職期間記録 3188日(約8年9か月)• それまでの太政官制 だじょうかんせい を廃止してヨーロッパ先進諸国に倣って内閣制度の採用を決め、伊藤博文 ひろぶみ が初代の内閣総理大臣となった。

「総理」と「首相」の違いは?: 日本経済新聞

「内閣総理大臣 ないかくそうりだいじん 」とは、 「日本の議院内閣制において、内閣の首長 トップ の地位にある文官の国務大臣」のことを意味する政治用語です。 現行憲法下で最高齢の内閣総理大臣経験者 中曽根康弘 1918年(大正7年)5月27日 - 2019年(令和元年)11月29日。

16