滝沢 園 キャンプ 場。 【電車で行くソロキャンプ】滝沢園キャンプ場ガイド(+ヒル対策も紹介)

【キャンプ場攻略】滝沢園キャンプ場を徹底レビュー/解説していく【ソロ】

なんとか見つけたハンモックサイト よし!ここだ!この、左側の木と、右側の木の間にハンモックを張ろう!すぐ奥が登山道みたいな道になってるし、 木と木の距離が10メートルぐらいありそうだけど、何とかなるだろ! と、30分ぐらい試行錯誤してみたのですが、どんだけ頑張ってロープを張ってもハンモックに横になると弛んでしまい、 お尻が地面にタッチアンドゴーするので諦めました。 所在地 〒259-1306 神奈川県秦野市戸川1445 0463-75-0900 交通アクセス 1 「大倉」バス停から徒歩で10分(「大倉」バス停から水無川を対岸に渡る) 2 東名高速秦野中井ICから車で20分• そしてホットサンドに敷く!じゃがいも!ベーコン!チーズ! ぺたぺた載せていく じゃがいも! もりもり! 挟んで焼きます! 焼けた! うまそ~~~~~ じゃがいもホクホクぱりぱり。 そして滝沢園キャンプ場は直火okなのでこのような形で猪鍋セット! 美味しくいただきました!! 終わりに いかがだったでしょうか! 神奈川の穴場キャンプ場、滝沢園キャンプ場!!! もちろんファミリーにもお勧めですし、静かで落ち着くキャンプ場を探している方はぜひ足を運んでみてください! きっと気に入るはずです! それでは!!. そしてホットサンドに敷く!じゃがいも!ベーコン!チーズ! ぺたぺた載せていく じゃがいも! もりもり! 挟んで焼きます! 焼けた! うまそ~~~~~ じゃがいもホクホクぱりぱり。

7
23 2019年(夏)8月25(日曜)~26日(月曜)の1泊で 滝沢園キャンプ場(たきざわえんキャンプ場)で初のソロキャンプに行ってきました! ソロキャンプといっても、今回は、知人とスケジュールが合ったので、 私のサーカスTC1つのテントで知人と2人でのキャンプになります。 ほろ酔いでテントの中で冷たい空気感じながらシュラフ膝掛けにぬくぬくしながらココアとおやつ食べながらフュアハンド眺めながら推しの歌枠聴いてるの整いすぎて昇天するが? — もめ🏕 momecamp0121 綺麗な月を眺めながら、今日は寝ます。

【神奈川キャンプ場】筆者イチオシ!「滝沢園キャンプ場」の魅力&注意点をご紹介!【ハピキャンロケ地】 (1/3)

この日は、フリーサイト(川を渡った側)に お子さん連れの方が大勢来ていました! 大勢の子供が川で遊んでいました! この日は流れもそこまで強くなく、お子様連れには安心な感じでした(^^) あとは、奥の方で、団体のバーベキュー客。

19
そして滝沢園キャンプ場は直火okなのでこのような形で猪鍋セット! 美味しくいただきました!! 終わりに いかがだったでしょうか! 神奈川の穴場キャンプ場、滝沢園キャンプ場!!! もちろんファミリーにもお勧めですし、静かで落ち着くキャンプ場を探している方はぜひ足を運んでみてください! きっと気に入るはずです! それでは!!. 実はお腹がブヨンブヨンするトランポリンみたい・・・(爆) あえてアナログなレディオ、良いんですよ~! リアルタイムで情報が入るし、意図せず好きな音楽が流れたりと・・・ お1つ如何でしょうか? オフラインさん 天候、季節、タイミング、堰堤の水量、 今回、私のスーパーコンピュ-ターがはじき出した計算は正解だったようです。

【神奈川】滝沢園キャンプ場の全て【秦野】

営業時間 9:00~16:00 定休日 月曜・祝日の翌日・年末年始 公式サイト 子供の遊び場 秦野戸川公園 先ほどの茶屋もある秦野戸川公園は、他にも子供の遊び場などが用意されています。 今日の薪湿りすぎて頑張って薪を処理しましょうゲームになってる辛い — もめ🏕 momecamp0121 そんな理由から最近のキャンプは焚き火しないこともちょこちょこ増えてます。

17
印刷用MAP 交通アクセス 1 「大倉」バス停から徒歩で10分(「大倉」バス停から水無川を対岸に渡る) 2 東名高速秦野中井ICから車で20分 その他 民宿(2食1名8000円~) バンガロー(9000円~) ロッジ(22000円~) 山荘(66000円) オートキャンプ(1区画(4名まで)5500円(1 名追加1100円)) テントサイト(持ち込みテント(フリーサイト)1名1100円、日帰りキャンプ(持ち込みバーベキュー等)日帰り施設費:大人1名550円) バーベキュー(バーベキューセット2 名~、1名2750円) 駐車場(普通車1100円) 体験 その他(鱒放流釣り・つかみ取り、餅つき) その他情報 管理者 :村上隆史 開設期間 :通年 お問い合わせ じゃらん旅行ガイドを見たと伝えるとスムーズです。

【神奈川キャンプ場】筆者イチオシ!「滝沢園キャンプ場」の魅力&注意点をご紹介!【ハピキャンロケ地】 (1/3)

今日の薪湿りすぎて頑張って薪を処理しましょうゲームになってる辛い — もめ🏕 momecamp0121 そんな理由から最近のキャンプは焚き火しないこともちょこちょこ増えてます。 川だけど、夏に行ってもあまり泳げないというのは少し残念でしたが、 ゴミ捨て場があったり、 木があるのでエリアによってはハンモックもできたりするので、 私的にはおすすめなキャンプ場です(^^) また、 オートサイトは直火が禁止なので、 焚き火台やコンロが必要です。 見てきましたけどめちゃくちゃ雰囲気良かったですよ! このキャンプ場で特にお勧めしたいのは フリーサイト! まず めちゃくちゃ安いですよね。

布団 400円 鍋(大) 700円 毛布 300円 鍋(小) 400円 シーツ 200円 ランタン 1150円 鉄板 500円 かま 700円 網 400円 フライ返し 100円 飯盒 300円 包丁・まな板 300円 ボール 300円 ざる 300円 その他 100円~ まき 600円 炭 650円 首都圏から手軽に来れる滝沢園キャンプ場 今度は家族を連れていきたいと思っています。 アクセス最高ですよね!東名高速道路の秦野中井ICで降りて,下道30分弱で到着です!高速降りてすぐにキャンプ場に行けるのはかなりポイント高いです. おすすめポイント ・アクセス最高 ・直火OK! ・景観が良い ・10分でスーパー ・ゴミが捨てられる 微妙なポイント ・予約不可(ハイシーズンは早起きする必要あり.チェックインが13時からですが,デイキャンプ料金を払えば9:30から利用できるのでそれを使うのがおすすめです) アクセスが最高 最高です.横浜からは1時間30分ほどで行くことができ,泊まりキャンプはもちろん,デイキャンプにも特におすすめです.さらに良いのが,高速道路を降りてから下道30分で到着するという点です.最寄りが秦野中井ICなのですが,そこから30分でキャンプ場に行くことができます.また,このキャンプ場はほぼ街中にあります.それでいて山と川に囲まれ,車の音は一切聞こえません.一方で,なんとキャンプ場から10分で大型スーパーに行くことができるんです!!自然的な雰囲気と,街中の便利さ,両方を兼ね備えた素敵なキャンプ場でした. キャンプ場へ行く前にワークマンでジャケットを現地調達 キャンプ場から20分,秦野中井ICから20分でワークマンに行くことができるのもこのキャンプ場の美点です. 今回は少し寒くなりそうだったのでキャンプ用のジャケットを現地調達してからキャンプ場へ向かいました.このジャケットはコットンでできていて焚き火による穴あきが起きにくかったり,大型のポケットがたくさんあったりとキャンプに最適化されたジャケットです!冬用では中に脱着可能なベストが付いており,春秋冬のキャンプで活躍しそうです! キャンプ場の様子 まず,キャンプ場に着くとこの案内板の前で停車し,受付をする必要があります.受付の後,駐車場に入れる感じです. 受付では各サイトの説明やゴミの出し方の説明を受けます.秦野市のゴミ分別方針でかなり頑張って分別する必要がありますが,本当に出せるだけありがたいです.ゴミ袋は多めに持っていったほうが良いと思います!また,分別にも時間を取られますので撤収作業は余裕を持って行ったほうが安全です. 駐車場は砂利でした(バイクの場合は少し怖いですね😅).広くて停めやすかったです. トイレは水洗式でとてもキレイに掃除されていました!洗面台にはハンドソープも置いてあり,好印象でした. 水道は仕切りがあり,また数も多く複数各所にあるので混雑していたとしても待ちが発生することは少ない印象でした.チェックアウト前などはキャンプ場によっては水道が混むことがしばしばあるのでこれは嬉しいですね!なお,お湯は出ません. キャンプサイトだけでなくコテージやバンガローもあります. 河原のフリーサイトはこんな感じです.きれいに整備されていて使いやすかったです.河原サイトですので,砂の中に石が混じっていることが多く,柔らかいペグでは厳しいかもしれません.鍛造ペグなど硬いペグをおすすめします! また,河原サイトでハンモック泊は厳しいかと思いますが,その後ろに林間サイトがありますので,ハンモックはそちらで張れるかと思います! サイトの真ん中には水無川が流れています.ちょうどよい心地の良い音でした! 設営風景 今回は開けていて開放的な河原サイトにしました!ちょうど木に囲まれたプライベート感のある場所が空いていたのでそこに決定. なお,河原サイトへはこの細い橋を必ず渡る必要があります!駐車場からは後ろに写っている結構急な階段も通る必要があるので,荷物は運びやすいように小分けにしたほうが良いかもしれません.トラスコボックスに限界まで詰めておくと重すぎて運ぶのが大変かもしれません. あと,飲みすぎ,注意です笑 また,駐車場にはキャリーもありますが,フリーサイトへは階段と橋を渡る必要があるので,あまり活用はできないかと思いました. 荷物を運びきって,設営開始.デイキャンプなので設営は簡素で良かったんですが,せっかくなのでタープを設置😊設営もキャンプの楽しみの一つですよね. ここのキャンプ上のウリはなんといっても直火OK!河原ということで石が沢山ありますので石でかまどを作りました.のときも思いましたが,やっぱり直火は楽しいんですよね…! ああ・・・良い・・・! 河原サイトからの眺めはこんな感じで素晴らしいの一言.11月上旬だったんですが,ちょうど紅葉始まったかな?という感じでした. デイキャンプのメインイベント,お昼ごはん まずは少し肌寒かったので豚汁から.豚汁はインスタントの豚汁に既にカットされた豚汁用の野菜をスーパーで調達して作りました.入れて煮るだけ.超お手軽で味は抜群です! そして今回イワタニのタフまるジュニアを導入したんですが,これ,とても良いです! キャンプでも,家でもどちらでも大活躍しています.カーキーの色がなんともいい感じで,かつジュニアということでコンパクトですが,さらに良いのがダッチオーブンが使えるところ!一般的なカセットコンロではダッチオーブン不可なことが多いですが,こちらは10kg以下かつ20cmまでのダッチオーブンを使うことができます.さらに風防もついておりアウトドア向き.さらにさらに,専用ケースがついているんです!キャンプ向き過ぎる….持ち運びのときも便利ですし,家で片付けるときも便利です.なんなら,ケースのデザインもいい感じなので我が家ではリビングに飾っています笑 また,今回は七輪も持ってきました. 今回は2人でデイキャンプをしたんですが,サイズがちょうどよい感じです. キャンプで七輪も雰囲気があって良いなと思いました! 肉を焼いて結構お腹的にも満足したので,次に箸休めとしてワカモレを作りました.スペイン料理屋さんで出会いとても美味しかったのでぜひキャンプで作ってみたいと思い今回作りました. 用意する具材は, ・アボカド ・トマト ・塩 ・レモン汁 ・クラッカー です. アボカドを鍋に入れて… トマトを刻んで… 鍋にトマト,塩,レモン汁を入れて… あとは混ぜるだけ!超簡単!超お手軽!それでいてとっても美味しいです.作りやすいのでキャンプのおつまみにおすすめです. そのままで食べても美味しいですが,クラッカーやトルティーヤ・チップスにつけて食べても美味しいです. 最後はデザートとしてチョコフォンデュをキャンプ場で笑 こちらはダイソーのフォンデュポットで300円でした.コスパ最高でこれでチョコフォンデュやチーズフォンデュをすることができます!サイズ的には2人で使うのにちょうどよい感じでした. 今回のギア 左右にポケットがついているのが大変便利です.スマホやスライドガスマッチを入れたりしています. まとめ ヒロシさんが訪れたことで有名な「滝沢園キャンプ場」へ行ってきました.アクセス良し,景観良し,直火可ということで最高のキャンプ場でした.簡単に行けるので泊まりだけでなくデイキャンプにもおすすめです!今回は初めてデイキャンプをしたんですが…これ,良いですね!手軽にキャンプできて満足度も高いです.車で行くとお酒が飲めないのが少しさびしいですが,帰宅後に「打ち上げ」と称してお酒を飲むのもそれはそれで楽しかったです笑 これからの冬の季節は寒さとの戦いになりますので,デイキャンプというのも全然選択肢に入るなと感じたキャンプでした. クリエイターからのお知らせ• ほろ酔いでテントの中で冷たい空気感じながらシュラフ膝掛けにぬくぬくしながらココアとおやつ食べながらフュアハンド眺めながら推しの歌枠聴いてるの整いすぎて昇天するが? — もめ🏕 momecamp0121 綺麗な月を眺めながら、今日は寝ます。

滝沢園キャンプ場のブログや口コミ【WOM CAMP】

めっちゃしっとりで草 — もめ🏕 momecamp0121 めっちゃしっとり。 ・・・ん? 準備したもの ちなみに今回最低限のキャンプ用品 テント、イス、コンロ を購入しました。

6

ヒロシも訪れた滝沢園キャンプ場で冬のバイクソロキャンプをしてみた

3

【滝沢園キャンプ場】さよならニートキャンプ。こんにちは社会人【第二十五幕】

17
。 。

【滝沢園キャンプ場】久々の落ち着いたキャンプが楽しすぎた【第十七幕】

。 。 。

3
。 。

【神奈川】滝沢園キャンプ場の全て【秦野】

。 。 。

17

【神奈川キャンプ場】筆者イチオシ!「滝沢園キャンプ場」の魅力&注意点をご紹介!【ハピキャンロケ地】 (1/3)

9
。 。

Namihei家のキャンプ日記:6月ソロキャン!滝沢園(滝沢キャンプ場)

。 。 。

6
。 。