シャドーイングで日本語発音レッスン。 ‎Apple Booksで【音声付】シャドーイングで学ぶ日本語発音レッスンを読む

‎Apple Booksで【音声付】シャドーイングで学ぶ日本語発音レッスンを読む

Interlanguage phonology: Acquisition of timing control and perceptual categorisation of durational contrast in Japanese. 戸田貴子(2006年3月14日).第二言語における発音習得度と臨界期仮説 The Department of East Asian Languages and Literatures Spring 2006 Lecture Series: Special Lecture for the Japanese faculty(ハワイ大学).• 」NAJAK(Nordic Association of Japanese and Korean Studies)2007年度北欧日韓学会.• Lanham, MD: University Press of America. Focus on form in teaching connected speech. 戸田貴子(2006年8月6日).「臨界期を過ぎて日本語学習を開始した学習者にネイティブレベルの発音の習得は可能か:Ultimate attainment in L2 pronunciation and critical period hypothesis」日本語教育国際研究大会(コロンビア大学).• " Australian Linguistic Society Conference, Monash University. Focus on form in teaching connected speech. , Lincom Studies in Phonetics: Vol. How should connected speech be taught in English? , Perspectives on teaching connected speech to second language speakers Chapter 11. " International Conference on Wu Dialects, Chinese University of Hong Kong. What do we know so far about teaching connected speech? 戸田貴子,劉佳琦(2016).成年人日语发音习得的可能性『日语学习与研究[ Journal of Japanese language study and research]』182(2016年第一期),79-85.•。 How should connected speech be taught in Japanese? How should connected speech be tested? The fourteen chapters are divided up into five sections:• The critical period hypothesis and phonological acquisition of Japanese. Interlanguage phonology: Acquisition of timing control and perceptual categorization of durational contrast in Japanese. Unpublished doctoral dissertation, Australian National University. "A typology of tone Sandhi rules in Northern Wu. "Acoustic quantification of tone spreading in Daishan and Mende. Interlanguage phonology : acquisition of timing control and perceptual categorization of durational contrast in Japanese Doctoral thesis, Australian National University. 戸田貴子(2016年11月12日).「MOOCs Massive Open Online Courses による日本語発音講座の教育的意義」上海外大日本学国際シンポジウム2016年度大会(上海外国語大学).• Does connected speech instruction work? Second language speech perception and production: Acquisition of phonological contrasts in Japanese. 平成4-7年度 Australian Postgraduate Research Award and Priority Area Research Grant. Quantitative approaches to problems in linguistics. 戸田貴子(2007年8月25日).「シャドーイング練習は発音能力の向上に役立つか:Does shadowing practice contribute to the ultimate attainment in L2 pronunciation? 戸田貴子・劉佳琦(2007年3月17日).「シャドーイングコース開設に向けての基礎研究:Basic Research for the Establishment of a Shadowing Course」第28回日本語教育方法研究会・第6回日本語教育と音声研究会〈共催〉(早稲田大学).• Retrieved from 昭和62年3月~平成元年5月 オーストラリア国立大学アジア研究学部ジャパン・センター非常勤講師 昭和63年1月~平成5年10月 オーストラリア国立大学生涯教育センター日本語プログラム非常勤講師 平成元年6月~平成4年2月 オーストラリア国立大学アジア研究学部ジャパン・センター専任講師 平成6年2月~平成7年11月 在日オーストラリア大使館日本語プログラムコーディネーター 平成9年2月~平成12年3月 筑波大学文芸言語学系留学生センター専任講師 平成12年4月~平成13年3月 早稲田大学日本語教育研究センター専任講師 平成13年4月~平成14年3月 早稲田大学日本語教育研究センター助教授 平成14年4月~平成18年3月 早稲田大学大学院日本語教育研究科助教授 平成18年4月~現在 早稲田大学日本語教育研究科教授 著書 好評10刷 戸田貴子(著)『コミュニケーションのための日本語発音レッスン』 (日本版・中国版・韓国版) コミュニケーションをスムーズに行えることを目指した発音教材(初級後半~上級) 基本的な単音レベルの練習から、考えや気持ちを伝えるための話し方まで、学習者のレベルやニーズに応じて使うことができます。 。

。 。

‎Apple Booksで【音声付】シャドーイングで学ぶ日本語発音レッスンを読む

‎Apple Booksで【音声付】シャドーイングで学ぶ日本語発音レッスンを読む

。 。 。

15
。 。

‎Apple Booksで【音声付】シャドーイングで学ぶ日本語発音レッスンを読む

。 。 。

2
。 。

担当教員,戸田貴子:戸田貴子研究室 GSJAL日研

。 。

7

‎Apple Booksで【音声付】シャドーイングで学ぶ日本語発音レッスンを読む

。 。

19