プライ ベッター。 #チャンベク ー SPICE ー プライベッターはこちら — モカ

Privatter(ぷらいべったー・プライベッター)ルビ振りツール

そうしてから、小さくお願いをしたらヒョンは露骨に嫌そうな顔をして見せたけど端っこに自分の枕を寄せて空いたスペースをポンポンと叩いて鳴らしてくれる 「……チャニョリにもそうやって甘えればいいのに」 「出来たらこんな喧嘩してません」 「チャニョリも苦労が絶えないなあ、」 それからもう少し会話を交わしていた気がしたけど気付いたらもう今この瞬間で、カーテンからは明るい陽の光が差し込んでいる 隣に寝ていたはずのヒョンはもういなくて、その代わりとでも言うようにベッドの横でチャニョルが顔を伏せて三角座りをしていた 「……チャニョリ?」 「ぁ………、」 思わず名前を呼べば一瞬こちらを向いたけどすぐに俯いてしまった。 【Privatterの個人的な使い方】 ・とりとめのない日記話(毒にも薬にもならないこと) ・後々、個人的に黒歴史化しそうなストーリーネタ(設定) ・ちょっと荒れそうな題材に対する話題 ・限定公開して見せたい事柄 以上のことをPrivatterのほうで書いていきます。 リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます - Privatter(ぷらいべったー・プライベッター) - フォロワー限定文章・画像投稿サービスはてなブックマーク - - Privatter(ぷらいべったー・プライベッター) - フォロワー限定文章・画像投稿サービス プレビュー• なんだかその距離がますますに気まずくて、寂しさを覚える程 情けなくもまた例の如く痛苦しくなる喉をごくりと鳴らして唾を飲み込んでから、その寂しさを埋めるように少しだけ距離を詰めて座り直した 「……俺もごめん、」 「うん、」 「思ってもない事まで言った」 「…うん、」 「チャニョリのこと傷付けたって後悔した」 そこまで言ったら、ベットの淵に力なく置いていた手をきゅっと握られて思わずドキリと心臓が跳ねたけど、ひとたび謝ればつっかえていた何かが外れたように急にその体温が恋しくなるから不思議だ 柔らかく俺の手を握っていたその手がゆっくりと肩に回されれば、促されるように俺もその腰へと遠慮がちに腕を回した なんだかほっとしてゆっくりと瞼を閉じる きっとチャニョルも同じようにしているんだと思う 「…ね、昨日ヒョンと一緒に寝たでしょ?」 「ベッド半分借りただけですーっ」 「そうやってヒョンには甘えてさ、」 「んだよ、また嫉妬かよ」 「だって!……ごめん」 暫くそのデカい身体に体重を預けていたら、また小さな嫉妬が聞こえてきて思わず笑ってしまった 昨夜のあれだけの大喧嘩を反省しているのかしていないのか、それは未だ素直になりきれない俺も同じことだけど 「チャニョリ、」 「ん?」 「チャニョリ」 「だからなーに?」 「……もういい、」 やっぱりこいつにだけは上手く甘えられなくて、して欲しいことの半分どころか一文字すらも伝えられなくて、勝手に拗ねたように俯けば不意に頬をつんつんと突かれる 「なんだ、よ……」 「違った?」 「……ばか、」 呼ばれたかのように顔をあげれば求めていた口付けが降ってきて思わず顔を赤く染めてしまった。

5
Surprisingly popular Fusetter has been used by \14,000,000/ people. 俺もきちんと謝らないといけないのに、まだまだ上手く動いてくれない口に我ながら嫌気がさす 「ごめん、俺言い過ぎたよな」 「……、」 「…ベッキョニ、」 「……ん?」 「隣…座っていい?」 黙ったまんまの俺にチャニョルはほんの少しだけ距離を置いてベッドに腰掛ける。

Privatter(ぷらいべったー・プライベッター)ルビ振りツール

「チャニョラ?」 「行こ、ベッキョナ」 「え?どこに…」 「今日は…帰らないって母さんに伝えてある」 「…!!」 ベッキョンの身体がビクリと強張った。 まぁ、強いて言えば、相手のおつむがダメだったのでは? それに所詮、つぶやきですから…一々気にしても仕方の無い事・話だと思うけどなぁ 特別な付き合いでも無いのですから、勝手につぶやき?吼えていてもらえば? ある意味、ツィッターの使い方の一つでは>つぶやく・毒を吐くw まぁ、そう言う人とは、普通にお付き合いしたいとは思わなくなると思うけどw むしろ、フォローするのも外すのも、ユーザーのかってだろうにw 特に「相互でもないのにいちいちチェックしてるのか」って、まんま おまゆうだろうにw 挙句に毒を吐いてブロックするとか リアル草しか生えないw それとも大草原でも作る気なんだろうか? どちらにしろ、大人の対応には見えないから、外して正解じゃなかろうか? 主さんについては特にこれが悪いというところが見当たりません。 On the release date of comics or games... 「女とヤってるって…俺がお前を女の代わりにしたいだなんて、そんなこといつ言ったよ!?」 「だ、って…」 「男のお前を好きだっつったろ?何でそんなこと言うんだよ!」 「っ…、じゃあお前男抱いたことあんの?他の男の股間見て興奮したことあんの?AVで…男優見て欲情したことあるっていうのかよ!!」 両手で強くベッキョンに胸を押され、俺は思わずよろけた。

12
俺があいつに対して甘え下手なのは事実なのに いつだって俺がどうしたいとかを察して動いてくれるあいつがほんの少し漏らした不満に腹を立てて、器が小さいとか…ほんとなんでそんなこと言っちゃったんだろう… 「寝れない?」 「え、あ、起こしちゃいました?」 「ううん。 "Should I hold back on tweeting since it would be a spoiler for others...? 「そのままシよ」 「え?チャニョラ、なに…」 「…女装してるベッキョンとシたい」 「はぁ!?」 ふざけんなと暴れるベッキョンの両手を一纏めにしてベッドに縫い付けた。

R18に該当するイラストを、プライベッターのリスト限定で公開しています。 ...

いっそのこと、このままここに居着いてしまおうか? そんな事を企んでいれば、もうそろそろ寝るよ?という声に促されて、ベッドの傍に用意された簡易的な布団に潜りこんだ 「ヒョン…」 「ん?」 「あ……なんでもないです」 「そ?おやすみ」 「おやすみなさい」 真っ暗になった部屋 向こう側を向いているミンソギヒョンの顔は見えないけど、きっともう目を瞑って夢の中に違いない おもむろに携帯を開けば、その眩しさに少し目が痛んだ いつもだったらチャニョルとそれぞれの部屋から互いにメッセージを送ってくだらない話をしながら眠りにつくのに。 暗闇に慣れた目に映るヒョンはふわりと柔らかい笑顔を見せていて、今すぐにでも涙が零れそうになるのを必死に堪えて隠すように目元まで布団をかぶった 「…ヒョン、」 「ん?」 「そっち行って寝ていいですか?」 一度頭まで布団にすっぽりと包まって、ぎゅっと目を瞑りながら深呼吸をした。

3
あまりのんびりもしていられない 慌ててふたりでヒョンにお礼をしてからその背中を見送った 「ミンソギヒョンにお礼しないと」 「コーヒーでも奢るか?」 「だな、」 そんな話をしながらリビングに向かえば簡単な朝食が用意されていて、どこまでもかっこいいヒョンだな、なんてふたりで口を揃えて笑った end ただただしうちゃんがイケメンなお話になってしまった(笑) 読んでくださってありがとうございました! via. こちらの方法を使うことで、非公開設定の画像を複数上げた後に それらを挿入した文章を「 全体公開」「 ログイン限定公開」「 フォロワー限定公開」 「 フォロー限定公開」「 相互フォロワー限定公開」「 リスト限定公開」 「 パスワード限定公開」といった多彩な限定公開設定で見せることが出来ます。

ぷらいべったーについて

" At a time like this, use this magical service that can tweet masked Able to handle long message uploads Since it can write impressive 100000 letters in one tweet, you can use it for writing a novel. 「ベッキョナ?」 「す、すげー…」 「え?」 「ベッドすげーデカいし、テレビも…てか、マイク?もしかしてカラオケあんの?あれ!?これ最新のゲーム機じゃん!やべぇマジかよ!」 目をキラキラさせて部屋中を見渡すベッキョン。 。

12
【Privatterとは?】 「 」は、文章・動画を「 全体公開」「 ログイン限定公開」 「 フォロワー限定公開」「 フォロー限定公開」「 相互フォロワー限定公開」 「 リスト限定公開」「 パスワード限定公開」に出来る、とても便利なサービスです。

年齢確認

スマホで同人小説が書ける縦書きアプリが相当ヤバい|ぼくです|note

19
。 。

「プライベッター」に関するQ&A

。 。

。 。

— ありえ

。 。 。

13