和歌山 地震。 揺れ続ける日本列島、東北に続き和歌山・熊本も 「南海トラフ巨大地震」のきっかけになる恐れ、30年以内の発生確率70~80% (1/2ページ)

和歌山県で震度3の地震 津波の心配なし

) 1361年8月3日 (正平16) 畿内・土佐・阿波 8 1/4~8.5 (南海トラフ沿いの巨大地震。

15日13時28分ころ和歌山県北部で最大震度4の地震発生し、南海トラフ地震の予兆ではないかと不安の声 令和 3年 2月15日13時31分 気象庁発表 15日13時28分ころ、地震がありました。 2004年9月5日 (平成16) 紀伊半島南東沖 7.4 負傷者1人。

揺れ続ける日本列島、東北に続き和歌山・熊本も 「南海トラフ巨大地震」のきっかけになる恐れ、30年以内の発生確率70~80% (1/2ページ)

) 887年8月26日 (仁和3) 五畿・七道 8.0~8.5 (南海トラフ沿いの巨大地震。 ) 1498年9月20日 (明応7) 東海道全般 8.3 (南海トラフ沿いの巨大地震。 和歌山地震観測所 紀伊半島およびその周辺部の地震活動 (最新版) 2009年 2010年 2009年 月別の地震活動 観測終了:龍神(2009年4月1日10時) 観測点のIP化を進める 和歌山,岡崎,榛原,有田,本宮,伊勢,和歌山城, 勝浦,白浜,明神山, 生石崎, 生石山,西脇,沼島,猿谷,江住,熊野 和歌山市周辺の無線観測点の機器撤収を行う 2008年3月~4月) 岸宮,葛城山,紀伊,貴志,広原,大野,塩津,大崎 広川,美里,岩出, 観測終了 大浦 中辺路 中津 龍神 紀和 松根 紀伊半島およびその周辺部の地震活動 2007年以前のもの 2008年 1年間の地震活動 2006年 については地震研究所の特集ページをご覧下さい 観 測 所 沿 革 東京大学地震研究所 地震地殻変動観測センター 和歌山地震観測所 和歌山市関戸3-5-60 tel: 073-444-1570,fax: 073-444-9615. ) 1605年2月3日 (慶長9) (慶長地震) 7.9 南海トラフ沿いの巨大地震。

5
1854年12月23日 1854年12月24日 (安政1) (安政東海地震) (安政南海地震) いずれも8.4 安政東海地震と安政南海地震の被害は区別するのが難しい。 ) 1099年2月22日 (康和1) 南海道・畿内 8.0~8.3 (南海沖の巨大地震と考えられる。

揺れ続ける日本列島、東北に続き和歌山・熊本も 「南海トラフ巨大地震」のきっかけになる恐れ、30年以内の発生確率70~80% (1/2ページ)

。 1707年10月28日 (宝永4) (宝永地震) 8.6 南海トラフ沿いの巨大地震。 。

【南海トラフの前兆?】和歌山での地震多発は中央構造線が原因?地震の巣とは?│トレンドフェニックス

。 。 。

16

【南海トラフの前兆?】和歌山での地震多発は中央構造線が原因?地震の巣とは?│トレンドフェニックス

。 。

和歌山で地震が集中的に発生 「地震の巣」か:朝日新聞デジタル

。 。 。

4