正法 眼 蔵 随 聞 記。 正法眼蔵随聞記

chat.natura.com.br: 正法眼蔵随聞記 (ちくま学芸æ

五、 取 とらんと、 云 いひて 云 いふは、 隨 したがつて、 問 とうて、 還 かへつて、 説 とかる、 破 やぶれたる等の如く送假名の足らぬものは補ひ、如何 ん、志 し志 ざし、好 のみ、誠 と、今 ま、間 だ、政 ごと、過 ごす、安 すんずるの如く假名の餘るものは削つた。 この事情は、慶安本にはないが、明和本には卷尾に跋語といふものがあり、それに「先師永平 奘和尚在 2學地 1之日、學道至要隨 レ聞記録」とあるによつて了解される。 金像の佛とまた佛舍利 〔佛の遺骨、おしやり〕とをあがめ用ひて、 衆寮 しゆれう等にありても常に燒香禮拜し、 恭敬 くぎやう供養しき。

12
凡例尾 正法眼藏隨聞記第一 (長円寺本・第二) 侍者 懷奘 編 【1-1】 一日示して云く、續高僧傳の中に、或る禪師の會下に一僧あり。

日文原版 正法眼蔵随聞記講話 (講談社学術文庫) 鎌田 茂雄 (著)_不详_孔夫子旧书网

「語録を読んで、何の役にたつのか」 「故国に帰ってから、人びとを教化するためです」 「それが何の役にたつのか」 「衆生に利益を与えられます」 「それで結局のところ、何の役にたつのか」 私は、後ほど、僧の問うたことを考えてみた。 四、 其 その、 此 この、 是 これ、 我 わが、 此 ここに、有 ル時或る時は夫々其の、此の、是れ、我が、こゝに、或時ある時と改め、唯只、亦、能々、也、莫れ、有らんはまた夫々たゞ、また(も亦はその儘)等假名に直した。

日本曹洞 そうとう 宗の開祖道元 どうげん が、嘉禎 かてい 年間(1235~38)、 やましろ (京都市伏見 ふしみ 区)の観音導利 かんのんどうり 興聖宝林寺 こうしょうほうりんじ にて、の僧俗に対して日常行った説示を、の こうんえじょう が聞くに随 したが って録したものをもとに編集された。

chat.natura.com.br: 正法眼蔵随聞記 (講談社学術æ

例之絶 へず、覺 へて、見 へ、こゝろ へ、 寒 こゞ へたるは夫々絶 えず、覺 えて、見 え、こゝろ え、寒 えたるとし、ゆ へ、飢 へたるをゆ ゑ、飢 ゑたるとし、教 ゆ、 設 たと い、つ ゐて、猶 を、無 ふして、 云へ ともを教 ふ、設 ひ、つ いて、猶 ほ、無 うして、 いへ どもと訂正した。 〕の 宗 しうとする 只管打坐 しくわんたざ 〔只管、祇管共に「ひたすら」なり。 二、慶安明和兩本の語句の相違二三例を示せば、 慶本 明本 然るに 然あるに 然は 然あれば 乞 ハは 乞へば 請 イ取 リて 請け取りて 必ずしも 必ず 如 レ是 ノ事 此の如くのこと 用祥僧正 葉上僧正 魯 ノ中連 魯仲連 等。

9
正法眼藏隨聞記第二 (長円寺本・第三) 侍者 懷奘 編 【2-1】 示して云く、行者先づ心をだにも調伏しつれば、身をも世をも捨ることは易きなり。 。

正法眼蔵随問記

。 。

[書評]「正法眼蔵随聞記」: 極東ブログ

。 。 。

。 。

日文原版 正法眼蔵随聞記講話 (講談社学術文庫) 鎌田 茂雄 (著)_不详_孔夫子旧书网

。 。 。

校註 正法眼蔵随聞記 1/6 _Taiju's Notebook

。 。

18

正法眼蔵第一「現成公案」巻の概要と現代語訳と原文

13
。 。

正法眼蔵随問記

。 。