車輪の下(新潮文庫)。 「車輪の下」 (新潮文庫)ヘルマン・ヘッセ

Schmittenberg Metallwerke

(それと、これは自信がないのでカッコに入れて書きますが、高橋訳の 「落第」 という訳語はどうでしょうか? 私の語感だと、「落第」 とは原級留め置き、つまり 「留年」 と同じ意味で、入試に受からない場合は実吉訳や岩淵訳のように 「落ちる」 と言うのが普通だと思うのですが、ただ、国語辞典を引くと必ずしも私の語感を肯定してくれないのです。 なお、 verbrueten という動詞はめったに使用されないようで、独和辞典では掲載例がありませんが、ドイツで出ている辞典のなかで Grimm と Sanders はこの動詞を収録しており、「考え込む」 というような意味だと説明しています。

9
It dabbles with eastern mystism, but not so deeply as to make this anything other than a western novel. " Davon war noch gar nie die Rede gewsesen. Schmittenberg is a traditional metal forming company that is certified according to IAFT 16949 and ISO 14001: 2015. This gives the reader a disturbing feeling that he, too, could approach the brink of insanity. 『車輪の下』のあらすじ、要約(ネタバレ注意) 著者:ヘルマン・ヘッセ 刊行:1905年 『車輪の下』を一行でまとめるなら、 社会からの圧迫による少年の苦悩、そして挫折と没落 です。 Wer das Kloster besuchen will, tritt durch ein malerisches, die hohe Mauer oeffnendes Tor auf einen weiten und sehr stillen Platz. ちなみに、岩淵訳はどちらも 「恋人」 で統一していますが、実吉訳は最初が 「いいひと」、夢の中が 「かわいい人」 で、不統一です。

高橋健二訳『車輪の下』

Weitlaeufig, fest und wohl erhalten stehen die schoenen alten Bauten und waeren ein verlockender Wohnsitz, denn sie sind praechtig, von innen und aussen, und sind in den Jahrhunderten mit ihrer ruhig schoenen, bruenen Umgebung edel und innig zusammengewachsen. Die ehrenwerten Prunkstuecke einer Pfarrerbuechrei, die Bengel, Oetinger, Steinhofer samt frommen Liedersaengern, welche Moerike im "Turmhahn" so schoen besingt, fehlten hier oder verschwanden doch in der Menge moderner Werke. There is no doubt that this work is a challenging read, delving headlong into philosophic issues which often overbear the story itself. "Ich weiss nicht .... Nein, ich glaube nicht. " (実吉訳) 「きみはもし落っこったら、ギムナジウム 〔ギムナジウムについて割注あり〕 へ行くの?」 そんな話はまだ、一度も出たことがなかった。 (実吉訳) しだいしだいに、あかるい色のまぶたが、かれの大きな、過労ぎみの目にかぶさってきて、(…) (岩淵訳) そのうちに、あわい色のまぶたがゆっくりと彼の疲れきった大きい目の上におりてきて、(…) 実吉訳も岩淵訳も色とはっきり分かるように訳していますね。 日本語で 「心の深い」 といったらポジティヴなイメージを与える表現ですが、ここは要するに 「心の奥底はこうだ」 と言っているに過ぎないのですから。

カトリック教会から認められている修道院である以上、独立した宗教のごとく思われる 「教団」 や分派を思わせる 「派」 という言葉は使うべきではなく、「シトー会」 などとするのが正しいということで、たしかにそのとおりですので、ここにその旨を記しておきます。 高橋訳の 「洗練」 や岩淵訳の 「繊細」 が正解でしょう。

車輪の下 (新潮文庫)

投稿者: Yan - 新潮文庫の100冊 ヘッセの少年時代をハンスとヘルマンという二人の少年を 借りて描いた作品 初めて読んだのは中学生のとき そのあと何度も読んでいるが 久しぶりに読んでみて新しい感動があった。 Wie in einer Pfarrersstube sah es eigentlich hier nicht aus. 白水社、1963 〇岩淵達治(旺文社文庫、1966) 〇登張正実訳 筑摩世界文学大系、1972 講談社世界文学全集(1974)では「車輪の下で」 〇山本藤枝訳 世界少女名作全集 岩崎書店、1973 〇井上正蔵 世界文学全集 集英社、1973 (集英社文庫) 〇植田敏郎訳 ジュニア版世界の文学 集英社、1974 〇片岡啓治訳 春陽堂書店 1978. Hesse's "Steppenwolf" is truly a product of the German culture, drawing heavily from Goethe, Nietzche, Schopenhaurer, and even Mozart. 以下で、比較の意味で、私が中学3年で読んだ岩淵達治訳 (旺文社文庫、1966年4月初版、同年10月第2刷) と、現在入手可能な訳ということで、実吉捷郎訳 (岩波文庫、1954年初版、2000年9月第61刷) を検討してみることにします。

ヘッセ、高橋健二/訳 『車輪の下』

特に matt を 「けだるく」 としたのは名訳だと思います。 Our core competence is the production of sheet metal parts with integrated, high-strength threaded tubes. これは学校生活に圧迫感を感じている人だけでなく、 社会人生活に絶望している人にとっても我が事のように感じられるテーマではないでしょうか? 『車輪の下』の感想、ぶっちゃけつまらない…? 『車輪の下』に関してよく言われるのが「 救いがなくて何が言いたいのか分からない」、「 暗くてまったく面白くない」という感想です。 著者 ヘルマン ヘッセ 出版日 本作のタイトルでもある「車輪の下」という言葉は、作中で1度だけ登場します。

12
1年生向けの教養演習で 「1900年代初頭に書かれた内外の文学作品」 というテーマを掲げたので、漱石の 『三四郎』 や田山花袋の 『田舎教師』 と並んでこの作品を取り上げることにしたのでした。

車輪の下(新潮文庫)(ヘルマン・ヘッセ) : 新潮文庫

Ich studiere auf alle Faelle, auch wenn ich jetzt durchfalle. なお、ドイツ語の原文は1958年にSuhrkampから出たヘルマン・ヘッセ著作全集 (Hermann Hesse: Gesammelte Schriften) の第一巻、文芸編その一 (Gesammelte Dichtungen 1.Band) を用いましたが、実はここには多少の問題が含まれています。 Overall, I found this work very powerful and full of dark emotion, but also a great challenge to read and understand. ぼくはこんど落っこっても、どっちみち大学まで行くんだ」 (岩淵訳) 「君、落ちたら高等学校 〔ギムナジウムという振り仮名あり〕 に行くの?」 そんなことは考えたこともなかった。 次の噴泉(噴水)の文章も、比較すれば岩淵訳が一番まともで、高橋訳は 「噴泉が音をたてながらきらきら光っていた」 という日本語が変だし、実吉訳は水音が 「さらさら」 というのがおかしい。

18

高橋健二訳『車輪の下』

。 。

3
。 。

車輪の下 改版の通販/ヘッセ/高橋 健二 新潮文庫

6
。 。

『車輪の下』をネタバレ解説!暗いけど深いテーマを感じる名作を考察

。 。

17

Schmittenberg Metallwerke

。 。 。

5