ケア プラン 文例。 文言集2表長期目標

簡単居宅ケアプラン:記入例・文例【第1表:利用者及び家族の生活に対する意向】居宅介護支援

行政への情報提供 クライアントと2人だけで面談 サービス事業者がはいっていれば、事業者からの情報収集 クライアント自身に問題あるようであれば医療機関受診 痴呆がひどいという理由で自宅のベッド上で拘束されている 拘束に関する援助者の情報不足を考慮し、必要な情報を提供する。 ・職員との雑談 人との関わりをもちたい 日常生活の活性化を図ることができる 気分転換ができる ・レクレーションの参加 体操・お茶会の参加・季節行事の参加 ・会話は耳元で話しかけるようにする 人との交流や気分転換や運動が出来る。

4
原因検索のための内科受診 起立性低血圧を起こす薬剤の検討 脱水の評価 ベッド上半分のギャジアップ 急激な頭位変換を避けるよう指導 精神安定剤を服用している 薬剤の必要性の検討(メリット・デメリットの比較)を行う。 ヘルパー送迎による受診 家族による通院援助 訪問看護 通院困難な場合、定期的往診 家計管理ができない 痴呆進行が高度でなければ、お小遣いの管理は自分できるようにする 家族によるお小遣い管理 ヘルパー付き添いにより買い物の機会を増やす 健康増進 ・セルフケアと社会的活動性に関する動機づけにより、支援者への依存を減らす。

ケアプランの長期目標の文例集(100種類)ICF分類対応版

歯科受診 自己の口腔の状況を認識できるようにする 目安となる咀嚼回数の説明 バランスのよい食事についての説明 歯および歯周囲炎がある 治療に対する不安の除去。

5
内科受診 褥瘡の予防についての情報を家族に提供 訪問看護で褥瘡の発生を監視する 栄養状態の管理 夜間興奮がひどいため神経精神科で内服薬を投与されたが、その後日中も寝てばかりいる 過剰鎮静が疑われるようであれば照会。

文言集2表長期目標

ニーズ 援助目標・長期 援助目標・短期 精神面 ・痴呆に関する理解とクライアント周囲への知識の提供が重要である。 福祉用具貸与 移動用リフト 便器又はポータブルトイレを囲んで据え置く手すり 福祉用具購入 特殊尿器 ニーズ 援助目標・長期 援助目標・短期 失禁の管理 排便の管理 便失禁および便秘の対策が必要。 (場合によっては 導入理由も) 長期 短期 サービス内容 玄関の段差を自分で降りることができる。

16
痴呆についての受診(うつ状態との鑑別) 痴呆専門教育を受けたヘルパーの派遣 家族の啓蒙 視覚 ・比較的ゆっくり進行する視力障害はクライアント自身が気がついていないか、あるいは自覚していても年のせいとあきらめていることがある。 運動の可否に関するメディカルチェック PT・OTによる運動指導 室内でできる軽い運動の指導を訪問看護時に指導 デイサービスの利用 社会活動に参加することがない 社会との交流を回復し、いきがいを増やす。

ケアプランの長期目標の文例集(100種類)ICF分類対応版

衣服の準備、 声かけ 着衣順番の確認 ボタンかけ訓練など家族を含めて指導 着衣失行があればプログラムにより訓練 手段的日常生活能力 ・治療可能、または可逆的な状態の把握:疾病・薬剤の副作用・ADL障害・健康状態・生活習慣・転倒に対する不安・感覚機能障害・認知障害・気分病など。 文例集をテキストファイルとして取り出す方法 1.表をすべて選択 2.コピー 3.エクセルを立ち上げて、貼り付け 4.すべて選択 5.書式ーセルー配置のところで「セルを結合する」のチェックをはずす 6.不要な部分を削除 7.データー並べ替えで並び替え、重複した文例を削除 8.ファイルー名前をつけて保存で適切なテキスト形式で保存. 食事以外に1-1.5リットルの水分摂取が必要なことを教育 むせに対してとろみをつけるなどの工夫を訪問看護時に指導 急な下痢や発熱時の対策をあらかじめ考えておく 利尿剤を服用している 医師の指導のもと、必要な水分量の検討。 食事以外に1-1.5リットルの水分摂取が必要なことを教育 食事日誌をつけてもらう 急な下痢や発熱時の対策をあらかじめ考えておく 嚥下困難があるため、家族が水分を制限している 脱水の危険があるので、家族に水分摂取の重要性を教育。

4
交流の場に参加し、会話や行事参加などして気分転換できる 少しずつ居室から出ていく機会を増やしていく ・他者との交流の機会を作る ・アクティビティへの参加 ・趣味の活動 ・傾聴による不安の解消 他者と交流を持ち、楽しく過ごしたい 気分転換が出来る。 毎日足を観察するよう指導 訪問看護時にフットケア ニーズ 援助目標・長期 援助目標・短期 ケアの管理 順守 ・処方や治療プログラムに対するコンプライアンスを評価する。

文言集 2表ニーズ(課題)

ADL訓練 台所の環境整備、住宅改修 調理のための自助具の検討 意欲低下が可逆的かどうかの検索のため受診 ホームヘルプサービス(家事援助) 食材の調達援助と下ごしらえの援助 宅配食の検討 独居で1日1食しかとらないことが多い 献立や食材の調達に問題がある場合は援助を行う。 言語療法プログラムの検討 言葉が出ないからといってこども扱いしないよう家族を指導 デイサービスへの参加 脳卒中後遺症で構音障害がある 言語療法プログラムの検討をおこなう。 主治医に運動プログラムについて照会 玄関まわりの段差の解消 杖使用を考慮 エルゴメーターなどで室内運動が可能か検討 部屋からトイレまでの廊下が暗く、敷居が数カ所ある 照明の改善、段差の解消で危険を少なくする。

12
神経精神科受診 生きがいの回復のための対策について家族と話し合う デイサービスへの参加 近隣での集会への積極的参加を指導 動悸・発汗・幻暈などの症状が時々起こる 内科的疾患の発見および不安発作の診断のための受診 内科的疾患検索のため内科受診 神経精神科受診 高齢者の虐待 ・身体的虐待・精神的虐待・放置・経済的虐待に分けられる。 内科受診 嘔吐を引き起こすような薬剤を服用していないか検討 発熱やコミュニケーションに変化が見られた場合は至急内科受診 クライアントが食事摂取を拒否する うつ状態の検討。

簡単居宅ケアプラン:記入例・文例【第1表:利用者及び家族の生活に対する意向】居宅介護支援

皮膚科・内科受診 スキンケア指導 室内の湿度を上げる 電気毛布を避ける 糖尿病歴が長い フットケアについて医師、看護婦に依頼する。 整形外科受診 訪問看護・訪問リハビリによる大腿四頭筋訓練 肥満がある場合、栄養指導により減量を図る 外出時、杖使用 手すりの設置 ときどき腰痛がひどくなる 整形外科的治療で鎮痛を図る。

12
眼科受診 神経内科受診 住宅改修による段差の解消 白内障があり、視力障害が進行しているが放置している 白内障は適切な治療、手術により視力の回復を図ることができるので、眼科治療をすすめる。

ケアプラン記入例・文例【施設偏】150事例|立てよケアマネ 記入例・文例・文言フリー

家族のストレスが大きいときはショートステイの利用 デイサービス利用 痴呆対応型共同生活介護 独居で最近痴呆症状が目立ってきたが、クライアントが家族との同居を希望しない 家族の受け入れ状況について検討する。 神経精神科受診 痴呆対応型共同生活介護 老健・特養への入所を検討 脳梗塞後遺症があり歩行は可能であるが、身の回りのことはお嫁さんに任せきりになっている 身の回りの動作は自立するよう、ADL訓練を行なう。

訪問看護・訪問リハビリ キーワード バイタルチェック 全身状態の確認 身体状態の確認 皮膚状態の確認 状態観察 リハビリテーション 機能訓練 歩行訓練 歩行訓練(屋外) 自主訓練メニューの提案 マッサージ 生活訓練 入浴(介助) 入浴(一部介助) 清拭 服薬セッティング 服薬介助 服薬確認 呼吸状態の確認 体位交換 たん吸引 栄養剤の注入 水分の注入 胃ろう部の清潔保持 導尿 尿状態の確認 バルン管理 インスリン注射の実施 インスリン注射 ストマ管理 家族への説明・指導 食事・栄養指導 献立の提案 体重測定 疼痛状況の確認 緊急時の対応 訪問看護・訪問リハビリ、どちらもリハビリの実施も行いますが、訪問看護からのリハ職でリハビリを行う場合は、なぜ訪問看護であるのかの理由付けも合わせて必要です。 私は品目名しか書いていませんが・・・ キーワード 特殊寝台及び付属品の貸与 床ずれ防止用具の貸与 体位変換器の貸与 手すりの貸与 歩行器の貸与 歩行補助杖の貸与 スロープの貸与 車いす及び付属品の貸与 移動用リフトの貸与 徘徊探知器の貸与 自動排泄処理装置の貸与 シャワーチェアーの購入 浴槽台の購入 バスボードの購入 浴槽グリップ手すりの購入 補高便座の購入 ポータブルトイレの購入 車いすや歩行器など、屋外・屋内で使い分ける際には、それぞれに記載があると良いです。

ケアプラン文例:第4表

内科的評価のための受診 アルコール依存の評価のための精神科受診 断酒会への参加を勧める 家族に対する精神的支援をおこなう たまにしか飲まないが、酔っ払ってけがをしたことが何度かある 併用薬剤との相互作用が考えられる場合は減量を勧める。 言語療法プログラムの検討 言葉が出ないからといってこども扱いしないよう家族を指導 デイサービスへの参加 近隣での集会への積極的参加を指導 痴呆により理解力の低下がある 治療により改善があるかがあるかどうかの専門的見極めをおこなう。

13
呼吸器科受診 受診してニコチンパッチ・ガムの処方を検討してもらう 家族を含めた禁煙への協力を依頼 歩くと息切れする 呼吸器疾患、心疾患などが考えられるため、医療機関受診のうえ精査加療。

文言集 2表ニーズ(課題)

ADL訓練 エアマット使用を考慮 すくなくとも4時間おきの体位交換 介護者の負担が大きいときは訪問介護 おむつからの離脱を図る 訪問看護で褥瘡の発生を監視する 栄養状態の管理 脳梗塞後遺症(右片麻痺)で日中もベッドに寝ていることが多い ADL訓練にて離床を図るとともに、褥瘡の予防策を講じる 訪問リハビリで移行・起立訓練 通所リハビリでADL訓練 おむつからの離脱を図る 訪問看護で褥瘡の発生を監視する 栄養状態の管理 日中椅子に座ったままずっとテレビを眺めている ADL訓練にて下肢筋力増強訓練・歩行訓練を積極的に行なう。 神経精神科及び内科受診 痴呆の場合、家族に対する情報提供 デイサービスへの参加 近隣での集会への積極的参加を指導 最近物忘れが激しくなり、怒りっぽくなった 痴呆の初期症状であることもあり、専門医を受診する。

18
ほかの家族の支援が受けられるかどうか検討 ショートステイ利用(お嫁さんのリフレッシュ目的) 訪問介護を受け入れることが可能か検討 デイサービス利用 クライアントと二人暮しであるが、主介護者に持病があり、定期的な通院が必要である 通院が支障無くできるようフォーマルな支援を検討する 訪問介護 デイサービス利用 主介護者はお嫁さんであるがクライアントに夜間徘徊などの問題行動があり、介護者の疲労が目立つ 対応の方法や環境を変えることで徘徊から日中の散歩への変換を図る。 夫に対し介護方法の指導 子供たちの援助方法の確認 ホームヘルプサービスの利用 訪問入浴介護 デイサービス利用 ショートステイ利用 クライアントをお嫁さん1人で介護している 他の家族の支援を受けることができるか検討し、主介護者に負担が集中しないよう配慮する。