ゴルフ シャロー イング。 飛距離アップのキーワード「シャローイング」は“する”ものではなく勝手に“なる”もの

低いトップから飛ばすには?誤解しやすいシャローイングのルール

。 意識的に形だけを作っても上手くいかないんです」(吉田) ゴルフだけが アウトから下ろしてしまう 吉田 たとえば、テニスや野球のように、自分に向かって動いてくるボールを反射的に打ち返すときは、みんなインサイドからラケットやバットを振っているんです。 ヘッドがシャロー(緩やか)な入射角で下りてくることからこう呼ばれる シャローイング「する」ものではなく 自然と「なる」もの GD ダウンスウィングでシャフトを後ろに倒し、ゆるやかな軌道でボールをとらえる。

10
。 。

飛距離アップのキーワード「シャローイング」は“する”ものではなく勝手に“なる”もの

13

飛距離アップのキーワード「シャローイング」は“する”ものではなく勝手に“なる”もの

。 。

。 。

飛距離アップのキーワード「シャローイング」は“する”ものではなく勝手に“なる”もの

ダウンスイングでクラブを寝かせる 「シャローイング」の注意点【ゴルフハウツー】|【SPAIA】スパイア

。 。 。

。 。

低いトップから飛ばすには?誤解しやすいシャローイングのルール

4