阿倍 仲 麻 呂。 晁衡 阿倍仲麻呂 望月望郷 望郷詩 日本漢詩選 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩ribengushi

阿倍仲麻吕(日本遣唐使)_百度百科

晁衡 阿倍仲麻呂 望月望郷 望郷詩 日本漢詩選 詩詞世界 碇豊長の詩詞:漢詩ribengushi 望月望鄕 晁衡 阿倍仲麻呂 翹首望東天, 神馳奈良邊。

なお、井真成については、新聞報道では、「井」字が附き、渡来系であるという、現在の大阪府藤井寺市一帯を本貫とした 井 上忌寸(ゐみき)、葛 井 (ふぢゐ)氏の一族と推測比定している。

小倉百人一首 阿倍仲麻呂の和歌(短歌)の意味を解説

、監修『日本古代氏族人名辞典』、1990年 公職 先代: (大臣) 645 - 649 次代:. 仲麻呂の作品としては、「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に 出でし月かも」が百人一首にも選ばれている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]•。

18
天平勝宝5 753 年,おりから入唐した遣唐大使らとともに,に会い,彼に日本への渡航をすすめ,みずからもらとともに同年 11月 15日明州から遣唐船の帰国に同行した。 帰国に関する漢詩2篇 へん 、歌1首を残すが、『』所収の「天の原ふりさけみれば春日 かすが なる三笠 みかさ の山に出でし月かも」は有名。

阿倍仲麻呂

-681) - 妃 脚注 [ ] []• 736年(天平8)10月、一度遭難して唐に戻った遣唐判官平群広成 へぐりのひろなり が渤海 ぼっかい 経由で帰国することを学生仲麻呂が玄宗 げんそう に奏上して許された。

氏と名について [ ] かつては、が 阿倍で、名が 内麻呂( 倉梯麻呂)と見られていたが、の子とみなして、氏は 阿倍内( 阿倍倉梯)の複姓で、名は 麻呂と考えられるようになった。

阿倍 仲 麻 呂 百人一首

望郷詩 原文 書き下し文 翹首望東天 首を翹(あ)げて東天を望めば 神馳奈良邊 神(こころ)は馳す 奈良の辺 三笠山頂上 三笠山頂の上 思又皎月圓 思ふ 又た皎月(きょうげつ)の円(まどか)なるを 『全唐詩』巻732には、仲麻呂が帰国時に作った五言「銜命還国作」を収録している(作者名は「朝衡」)。 日本でも宝亀 10 779 年5月,唐で死没した仲麻呂に対し,「家口偏に乏しく,を闕く」との理由から,勅によって東あしぎぬ 100疋,白綿 300屯を賜わった。

16
やむなく,清河とともに唐に帰り,名も朝衡 晁卿 と改めて,粛宗,代宗に仕え,左散騎常侍 従三品 ,鎮南都護に任じた。

遣唐使・阿倍仲麻呂の帰国:吉備真備の勉強部屋

原文 書き下し文 通釈 日本晁卿辞帝都 日本の晁卿(ちょうけい)帝都を辞し 日本の晁衡卿は帝都長安を離れ 征帆一片遶蓬壷 征帆一片(せいはんいっぺん)蓬壷(ほうこ)を遶(めぐ)る 帆を張った舟は蓬莱の島々をめぐって行った。 唐朝に仕え、司経校書 しけいこうしょ 、左拾遺 さしゅうい 、左補闕 さほけつ 、儀王友 ぎおうゆう となる。

9
三笠 山頂の上に, 想ふ 又もや 皓月 (かうげつ) 圓 (まどか) ならんと。

メコンプラザ:メコン圏と日本との繋がりを辿る第4回

送秘書晁監還日本國 王維 原文 書き下し文 通釈 積水不可極 積水 せきすい)極(きわ)む可(べ)からず 水が深く積もった海は極める事はできないのだから 安知滄海東 安(いずく)んぞ滄海(そうかい)の東を知らん どうして青い大海原の東を知る事ができようか 九州何處遠 九州何れの処か遠き 世界では、どこが(日本より)遠いのだろうか 萬里若乘空 萬里空に乗ずるが若(ごと)し 万里の道を(馬車に)乗って空を行くようなものだろう 向國惟看日 国に向って惟(た)だ日を看る 日本国に向かうにはただ(東方の)太陽を見て 歸帆但信風 帰帆(きはん)但だ風に信(まか)す 帰りの船はただ風まかせ 鰲身映天黑 鰲身(ごうしん)天に映じて黒く 大海亀の身体は天に黒々と映えて 魚眼射波紅 魚眼(ぎょがん)波を射て紅(くれない)なり 魚の眼は赤々と波間に光る 鄕樹扶桑外 郷樹(きょうじゅ)扶桑(ふそう)の外 故郷の樹木は(日の出る神木のある)扶桑の外にあり 主人孤島中 主人(しゅじん)孤島の中(うち) あなたは絶海の孤島にいる 別離方異域 別離(べつり)方(まさに)異域なりて 別れては、まさに異郷となってしまうが 音信若爲通 音信(おんしん)若為(いかん)か通ぜん 便りをどのようにして通じることができるだろうか なお、においては 九州何處所と記され、この場合「あなたが帰ると言う九州は何処にあるのですか?」という解釈になる。 。 。

1
。 。

阿倍仲麻呂

2

阿倍 仲 麻 呂 百人一首

阿倍 仲 麻 呂 百人一首

。 。

「春日なる三笠の山」と遣唐使 ―阿倍仲麻呂「遣唐1300年」を迎えて―|東城 敏毅|日文エッセイ164|日本語日本文学科|ノートルダム清心女子大学

。 。

。 。