上杉 景勝。 上杉謙信はなぜ景勝と景虎どちらも家督相続者に選ばなかったのか 「御館の乱」における上杉景虎の戦略(前編)(1/3)

上杉景勝とは

脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 乱の勃発 [ ] 現在の御館跡地 1578(天正6年)、景勝と景虎の後継争いは謙信の死の直後から小規模ながら勃発し、早くも翌14日には景虎派と目されていたが景勝方に暗殺されたと言われる。

11
(桂姫) 義兄弟: 、 、 妻 正室:の娘・ 側室:の娘・ 子 養子: 上杉 景勝(うえすぎ かげかつ)は、から前期にかけての。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 家督争い [ ] 詳細は「」を参照 天正6年()3月13日、謙信が病没すると、義兄弟のとの家督を巡る対立が上杉家の内訌に発展し、となる。

上杉景勝

謙信没後の天正6 1578 年景虎 謙信の養子 を打倒して謙信の遺領を継承。

13
会津征伐 [ ] 詳細は「」および「」を参照 慶長3年(1598年)8月、秀吉が死去すると、家老の直江兼続がのと懇意にあった事などの経緯から徳川家康と対立する。

【刀剣ワールド】上杉景勝|戦国武将

人物 ・逸話 [ ] この節には 複数の問題があります。 87年越後を統一、89年佐渡、90年出羽 でわ (山形県)庄内 しょうない 3郡を領し、北信をあわせ90万石余の大領国に直臣直江兼続 なおえかねつぐ 中心の独裁的な支配を確立する。

15
甲越同盟の締結 [ ] 武田家の当主武田勝頼 武田・北条間の不信感が噴出するさなか、同年6月には景勝方から武田氏との和睦交渉が持ちかけられ、武田方では・ ・(虎綱はこのさなかの14日に死去)、上杉方では、が取次となりの提出などが行われ、和睦交渉が始められた。

【刀剣ワールド】上杉景勝|戦国武将

98年(慶長3)会津120万石(越後、北信は収)に国替 くにがえ され、豊臣の一員となるが、1600年(慶長5)と敵対し、旧領越後に遺民一揆 いっき を起こしたが敗れ、出羽 よねざわ 領30万石に封となる。 上杉景虎は、春日山城下の の屋敷 に入り、5月5日には大場 上越市 において衝突。 82年信濃 しなの 北4郡を領し、86年上洛 じょうらく して豊臣 とよとみ 秀吉に従い左近衛権少将 さこのえのごんのしょうしょう となる(のち議、権中納言 ごんちゅうなごん 、中納言と昇進)。

今福匡『上杉景虎』及び 米沢市上杉館発行『図録 開館十五周年記念特別展 米沢中納言上杉景勝』(2016年) 参考文献 [ ]• 上杉景勝の生涯年表 西暦(年齢) 出来事 1555年(1歳) 越後国に生まれる。

【生涯年表】上杉景勝ってどんな人?年表を使ってわかりやすく解説!

天正6 1578 年謙信の死後,もうひとりの養子上杉景虎と家督を争い 御館の乱 ,翌年景虎を滅ぼして謙信の跡を継ぎ,春日山に居城を構えた。 しかし、 景勝の父である 長尾政景が 謙信に暗殺された説もあるため、 謙信と 景勝は不仲だったという説も有力と言われています。 [藤木久志] 『藩政史研究会編『藩制成立史の綜合研究 米沢藩』(1963・吉川弘文館)』 上杉景勝 没年:元和9. 戦局逆転 [ ] 8月22日に徳川家康が武田領のへ侵攻したため(『』)、勝頼は和平仲介を断念し、兵の一部を残し8月28日に撤兵した(『上越市史』別編(上杉氏史料集) - 1666号)。

6
著者 坂上 天陽 出版日 2008-08-12 カリスマ性があり軍神と言われる、謙信の息子となった景勝と景虎。 景勝と謙信は実は不仲だったと言われている まとめ いかがでしたか? 上杉景勝は真面目な人柄であったことや、 上杉謙信との意外な関係性が分かりましたね。

偉人 上杉景勝 名言集|心の常備薬

の側最後の砦であったが悲惨な落を遂げるころには、勝も滅亡を覚悟したのか …就中勝好時代出生、携箭、六拾余州以越後一相支、遂一戦可滅亡事、死後之思出、 勝幅ニ者甚不相応歟、若又出万死、一生者、日域之可為歟、死生之面、 歓悦下之誉、人々其羨可為巨多歟、兼者常州之儀、頼来承伝… (書 上杉景勝書状 2年朔日 抜) (ざっくり現代誤訳) 勝は良き時代に生まれました。 父の死後謙信に養われ、1575年(天正3)春日山 かすがやま 城の中城 ちゅうじょう で弾正少弼 だんじょうしょうひつ となる。 著者 藤沢 周平 出版日 1985-09-27 上杉謙信の意志を継ぎ、義を貫く上杉景勝と直江兼続。

17
上杉景勝派は、上条政繁、山浦国清、山本寺孝長、甘粕景持、柿崎千熊丸、河田長親、斎藤朝信、吉江資堅、 、鯵坂長実、今井国広、上野家成、千坂景親、 、吉江宗信、吉江景資、大石綱元、北条高定、 、 、新発田長敦、新発田重家、五十公野信宗、竹俣慶綱、 、 、 、須田満親、 秀仙、狩野秀治、 、直江兼続、 、岩井信能らで、上杉謙信の側近や旗本の多くが上杉景勝についている。

信長の野望で戦略思考を鍛え倒す。革新PK上杉景勝プレイレポート その2

生涯 [ ] 北条氏時代 [ ] 幼少期にに預けられて「出西堂」と名乗り、の僧として過ごしていたという。

上杉家の家督争い [ ] 詳細は「」を参照 天正6年()3月13日、謙信が死去すると、から人質として出され謙信が養子に迎えた との相続争いが勃発する()。