君 と いる と なんか 安心 で そば に いる だけ で 落ち着く ん だ 歌詞。 スガシカオ アシンメトリー 歌詞

君 と いる と なんか 安心 で そば に いる だけ で 落ち着く ん だ 歌詞

そんな シンジを上目ずかいに こっそりと見た アスカは、少し残念そうな 表情を浮かべた。 時計は 10時半を指し、 最後にお風呂からあがった シンジは 自分の布団をしきに、 アスカの部屋のドアをノックした。 こ・・・こら・・・・・動かしちゃだめ・・ 「少し熱があるような気もするな・・顔も赤いし・・」 いわれるまでもなく あたしの顔は もう真っ赤だ。

海よりも深く 空よりも大きく TUBE 歌詞情報 👍 海よりも深く 空よりも大きく 作詞 Nobuteru Maeda 作曲 Michiya haruhata 唄 TUBE 君に会う度に 好きと言えない 今までずっと いつの間に僕達 友達同士 どこでどうなって この夏決めた ハワイ旅行も あなたなら安心なんて言うけれど いつだって守ってあげるけど すぐそばにいるけど 友情なんかじゃない 愛だよ愛! 涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから 自分が思っているよりも 君は強い人間じゃないし 抱きしめるぼくにしたって 君と何もかわりなんてない ヒドイ嘘をついてふさぎこんだり あてもない夢を見たり 生きてゆくことになげやりになったりして… きっと ぼくらの明日なんて 始まりも終わりもなく そこにぼくと君がいればいい 君の涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから そう…だから何度も 君のその手を確かめる 月のない夜をえらんで そっと秘密の話をしよう ぼくがうたがわしいのなら 君は何も言わなくていい 半分に割った赤いリンゴの イビツな方をぼくがもらうよ 二人はそれで たいがいうまくいく きっとぼくらの明日なんて ヤミでも光でもなく そこにぼくと君がいるだけで いつでも心の色なんて にじんでぼやけてしまうから そう…だから何度も ぼくは言葉で確かめる 手に入れたものは自由じゃなく 自由のまがい物ばかり 失くしたものは いちいち憶えちゃいない きっと ぼくらの明日なんて 始まりも終わりもなく そこにぼくと君がいればいい 君の涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから そう…だから何度も 君のその手を確かめる. 「・・・・・・・?・・・・・・」 「・・・・・・・・・」 「・・・・・・・どうしたの?・・・綾波・・・ 僕の顔になにか 付いてる?・・」 「・・・・あ・・・・あの・・・・・・」 「・・・・え?・・・・・」 「ごほうび・・・・」 「・・・あ・・・・ご・・・ごほうび?・・・」 「うん・・」 いつもなら 言わないのかもしれないし、シンジのお礼の言葉だけで満足なのかもしれないが 夢見心地のレイは 昼間のミサトのセリフしか 頭に無かった。 連れて行ってよ 遥か遠い夢の国へ 作詞/秋元康 作曲/井上ヨシマサ 編曲/西平彰 歌/ゆうゆ 月のスウィッチを オンにして 蒼い夜空に頬をつけば ホラ ガラス窓の水槽 星は群れなす魚 ベッドに入って 100まで数えて 瞳を閉じたら あなた想いたい それから それから (せめて 今夜だけ) 夢を見させて (どうぞ 今夜だけ) 二人のロマンス AH- いつもは ちょっと言えない 乙女の祈りよ さあ開けゴマ! 目と目 合わせたら それだけで 俯いてしまう恋だから 今 そっと 手と手つないで 渡るハートの橋 毛布にもぐって 寝返り打つたび 近づく唇 キスの未来形 それから それから (せめて 今夜だけ) 夢を見させて (どうぞ 今夜だけ) 小さな決心 AH- いつかは ちゃんとね言えるわ 乙女の祈りよ さあ開けゴマ! (きっと 明日も) 夢を見させて (きっと 明日も) 2人の続きを (きっと 明日も) 夢で伝えて (きっと 明日も) 私の I LOVE YOU! 歌: 作詞:村山辰浩 作曲:村山辰浩 三年前の秋の日の 雨降り出した夕暮れ時 小さな黄色いスニーカー はじける声のあなたでした 同じ田舎の懐かしさと 風景が見えてきたこと 今でも昨日のことのよに あの偶然を思い出します 雨は僕らをそのままでいさせるように 長く長く降り続いた あなたがそばにいるだけで 僕は優しくなれるのです いつしか 雨は恋に変わって 濡れた心 そっと包み込む 僕のそよ風 あれは去年の春の日の 子犬もうたたね昼下がり 買ってすぐの黄色いカーテン ゆるやかな陽にゆれています いつの間にか寝息をたてる あなたがとても愛しくて 今でも昨日のことのよに あの陽だまりを思いだします 恋は僕らをそのままでいさせるように 長く長く時を止めた あなたがそばにいるだけで 僕は強くもなれるのです いつしか 恋は愛に変わって このぬくもりを ずっと守りたい 僕は誓うよ あなたがそばにいるだけで 僕は光輝くのです いつしか愛は誓いに変わって その左手に そっと 陽だまりを 僕は贈るよ 50年後の冬の日に こたつで二人お茶を飲む 黄色くなってるあなたの手 食べすぎだよと笑いあいます…. 連れて行ってよ 破れかけた あの日の地図で 傾き始めた この胸のシーソー ときめきが 重いね 腕の中 瞳を閉じて キスを 待ってた そして今は 君が僕の宝物だと 強く抱いて そっとささやいた 背の高さだけ 大きくなった 私のピーターパン そう そう そう そう そう ネバーランドへ GO! 」 「・・・・・・・・・」 ・・なでなで・・ 「ごほうびって ことね。

君のそばにいる/谷村新司の歌詞

君が君らしく君でいる限り 君は君らしい君にもなれるし 僕は僕なりの僕を演じることで 僕の僕らしい僕を見つけることが出来る 当たり前のことを当たり前のように 感じてしまう毎日だけど それでも僕は僕らしくいられる場所を探しだして 君の側に少しでも近づけるように 太陽と月と星みたいに輝ける事ができる僕を 君に見せられるまで探すし 君は君の明るさで君の周りを照らす事で 君のそばにいる人たちも元気にさせる 僕も君みたいに振舞うことができるように 目を閉じて探しているけど それでもなかなか見つけることは難しいよ 君の見ているものが僕にも見えるようになれば 僕の探し物は見つかるのかも知れないけれど それが見える人と見えない人がいるとしたら 今の僕には見えない人だと思うよ。 ・ ・ ・ ・ 「んー・・・手が・・んーーーあと もーちょい なのにー!く・・・ぐぐぐ・・・」 「・・・・・・」 お昼御飯の後・・シンジが夕飯の買い物に出掛けた最中の事。 「・・・・・・・・・」 「・・・・・」 「・・・・・・・・・・・・・・」 「・・・・・・・・・」 あたりを 沈黙が 支配する。

あー君のそばにいるよ あー君のそばにいる あー君のそばにいるよ 僕がいる めざめてから 眠りにつくまで 君のことを 思いつづけてる 季節は変わるけれど 時は流れるけれど 君のほほえみだけは 色あせない 夜明けに消えても 星達の ぬくもりまでは 消せない あー君のそばにいるよ あー君のそばにいる あー君のそばにいるよ 僕がいる 雨の日には 僕は雨になる 風の日には 僕は風になる 季節は変わるけれど 時は流れるけれど 君がふりかえる時 そこにいるよ 100年過ぎても 星達の かがやきだけは 消せない あー君のそばにいるよ あー君のそばにいる あー君のそばにいるよ 僕がいる あー君のそばにいるよ あー君のそばにいる あー君のそばにいるよ 僕がいる あー君のそばにいるよ あー君のそばにいる あー君のそばにいるよ 僕がいる. 「んー・・・あと 残ってる部屋といえば・・この リビングと台所とお風呂場とトイレくらいなもんねー・・」 「 どうしましょうか、ミサトさん・・」 「んー・・」 「 どーすんのよ!ミサト!」 「んー・・」 「・・・あの・・・・」 「・・・なに? レイ・・」 「わたし・・・部屋・・いりません・・」 「・・・え・・・綾波・・・」 「やだ、何いってんのよ!・・・・レイ 、気にしなくていいのよ、今 いい案を考えるから!」 「・・・・・・・」 「やっぱ アスカの部屋に レイも一緒に住むってのがベストな気もするんだけど、」 「い・や・よ!」 「 って わがまま 言うしー・・・ あたしの部屋でもいいんだけどー・・」 「あの 乱雑な部屋には もう座る場所すらないじゃないですか・・」 「ってな 指摘も もっともなのよねー・・・」 「やっぱ シンジが ベランダで・・」 「・・アスカ・・」 「 んじゃー やっぱ あれっきゃ ないわね!」 「 え?・・・なんですか?」 「なになに?なんか いい考えあるの?」 「 レイ?・・」 「・・・はい・・・」 「 シンジ君の部屋を 使いなさい」 「・・・はい・・」 「え・・・ミサトさん・・・じゃあ 僕は 何処に行けば・・」 「?・・・別に? 何処にもいかなくていいわよ、」 「え?」 「 つ・ま・り!シンジ君の部屋に レイとシンちゃんが 一緒に住むってことよ」 「・・・・・・」 「・・・・・・・・・」 「・・」 「な・・・な・・・ 何いってんのよ!あんたは!」 「なによー・・アスカが怒ることないじゃない・・」 「 ミ・・ミサトさん・・冗談はやめてくださいよ!」 「冗談じゃないわよー、 だって それしか もう 無いじゃない、それとも?シンちゃんは ベランダに暮らしたいの?」 「 そ・・・そんな~・・」 「 レイは それで 問題ないわよね? シンちゃんと一緒で・・」 「! ・・・あ・・・ は・・・・・ はい・・・」 蚊の鳴くような レイの返事 「問題ありまくりよ! 14歳の男女が同じ部屋に住むなんて!」 「 あら~~? んじゃあ 14歳の男女が 同じ部屋で毎晩寝てるのは 問題無いの?」 「 なっ!!」 「はは・・・ そう言えば そうだね・・アスカ・・」 「なに 呑気なこといってんのよバカ!あんたは ファーストと同じ部屋でもいいってーの!」 テーブルに身を乗り出して シンジを指さし 怒鳴るアスカ。 。

君 と いる と なんか 安心 で そば に いる だけ で 落ち着く ん だ 歌詞

。 。

。 。

スガシカオ アシンメトリー 歌詞

。 。

6
。 。

君 と いる と なんか 安心 で そば に いる だけ で 落ち着く ん だ 歌詞

。 。 。

16

君 と いる と なんか 安心 で そば に いる だけ で 落ち着く ん だ 歌詞

12