十字架 の ろくに ん ネタバレ。 十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

「騒いだら殺しちゃうよぉ・・・」 ハァハァと興奮した様子の大男はそう言いながら千鶴の服を引き裂いていきます・・・ 恐怖で何もできない千鶴でしたが、目の前の男が突然蹴飛ばされ転がっていきました! 千鶴を助けてくれたのは漆間でした! 漆間は不審者を簡単に締め上げると気絶させ、千鶴にシャツを着せてこう約束させます。

12
思わず息を呑んだ千鶴を見て、右代は昨日の覗きはこいつだ!と確信しました! そして、アレを見られたら殺すしかないといい突然ナイフを振り上げてきたのです! 第9話 ホテル303のネタバレ 漆間は祖父に死体処理の準備をしてほしいと頼んでいました。 。

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

「できるな、僕、人殺しができる」 漆間は血がついた手を空に掲げながら、そうつぶやくのでした・・・ 第3話 一途な想いのネタバレ 家に帰った漆間は祖父と料理をしながらある約束について話していました。 十字架のろくにん35話京ちゃぁん!!のネタバレ 漆間によって両手両足を拘束され、滑車のようなものでぐるぐると引っ張られていく円・・・ 彼の足は足元に固く結び付けられ、腕は滑車にひっぱられていきます・・・ 引き伸ばし台 ラックという名前の拷問器具なのだと説明する漆間に円は、ただ恐怖をむき出しにして目を見開きました。 十字架のろくにん 2巻のあらすじ・ネタバレ 第5話 一人目 裸にされ天井から両手を鎖で吊るされた千光寺は何をされるんだ?と不安の面もちです。

3
十字架のろくにん44話女装のネタバレ 「杉崎さん」 そう話しかけた漆間は、完璧な女装姿でアンナに近づいていました! 同じ学校の女性用の制服を身にまとい、メガネとおかっぱのウィッグを被った漆間・・・ 完全な女装姿ではありましたが、どこからボロがでるかはわかりません! (どうしよう、勢いで女装してきちゃったけど・・・) 漆間は内心冷や汗をだらだらとかきながらも、それでもアンナに言葉を続けます。 ちょうど父親を迎えに車ででかけていた母親と弟の話を京はすると、あの峠道は事故りそうな場所だよねといいだしたのです! ・・・ちょうど峠道にさしかかった漆間の車・・・ それを見つめていた京はそばにいた仲間、円を躊躇なく崖から突き落としました! 突然子供が飛び出してきたことで漆間の母親は慌ててハンドルを切り・・・峠から転がり落ちていきます・・・! 京は無言で落下していった車へと近づくと、扉を開けて怖がる弟を反応がなくなるまで石で殴りつけ、そして車に火をつけました・・・ ・・・残された漆間に待っていたのは、両親の死と弟が植物状態となってしまったという現実です。

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

十字架のろくにん1巻のネタバレ 第1話 実験体Aの変革のネタバレ 小学生だった漆間は毎日のように5人のクラスメイト達からいじめられていました・・・ 自転車で体当りされ、柔道の技をかけられ、エアガンで撃たれ、殴られ蹴られ・・・ 泣きながらやめてと頼む漆間に、このいじめグループのリーダーである京は濁った瞳をむけると、彼の首を限界までしめて死ぬ直前まで追い詰めました。

4
その液体をモロにかぶってしまった円はゲホゲホと咳き込みました・・・ 「これから悪魔祓いをする」 漆間はそう宣告した後、勢いよく滑車を回しだします! カラカラというロープが巻き上がっていく音とともに円の体は上へ上へと引き伸ばされていきます! 激しい痛みに絶叫する円・・・こんな絶望的な状況でも彼は心の拠り所だった京に助けを求めました・・・ ぺき、ぺき・・・と音を立て、次第に円の関節はゆっくりとはずれていきます・・・ 「これもサムキンと同じ拷問だ、悪魔祓いをするために開発された」 漆間はそういうと、お前にも京という悪魔が取り憑いているんだといってきかせました。 漆間はその日の帰り、千光寺に小学生の頃のイジメの事を問いただします・・・すると・・・ 「すみません!何度も謝ろうって!思ってたんだけど!でも怖かったんだ!」 涙を流しながら謝る千光寺に漆間は、こいつは改心したのか!?とショックを受けたのですが・・・ 「今ですよ」 突然豹変した彼はそうつげ、その瞬間漆間の背後から千鶴がタックルをしかけてきました! そのまま石で殴りつけられた漆間は意識を失い、気がつくと町外れの廃墟の中に、椅子にくくりつけられていたのです・・・ 目覚めた漆間は、隣で縛られ泣いている千鶴をみつけます。

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

逆上した千光寺は漆間の首をしめはじめましたが、その瞬間漆間はなぜか自由になっていた両腕で千光寺を投げ飛ばしました! 漆間は千光寺がスイッチを手放す瞬間を待っていたのです! 「僕はね、68個ある関節を自在に動かせるんだよ」 そういって腕をゴキゴキと動かした漆間は、千光寺の首を絞め意識を失わせたのでした・・・ ・・・それからしばらくして、気を失っていた千光寺は目覚めます。 女装までしてアンナに近づいたというのに、得られた情報は大した事のないもの・・・ また調べ直しかと思いながらカラオケ店をあとにした漆間は、そこで信じられないものを目にしました! なんと、そこには久我と腕を組んで仲よさげにあるくアンナの姿があったのです! 「!?」 漆間は2人をじっと見つめます・・・. 「オレはこの戦いを楽しむ!京ちゃんのように!」 そう言って高笑いをしたヒロは、漆間の逆鱗にふれる発言をしてしまいます・・・ 「そしてお前を殺してやる!お前の家族みたいに!」 家族・・・その言葉を聞いた瞬間、漆間は激しい殺意をヒロにむかってはなちます! その瞬間ゾッとして後ずさろうとするヒロでしたが、漆間は我を忘れヒロにむかって手を伸ばそうとしました。 (オレもしかして、ここで死ぬ?) (あれ?死ぬ?) 自分は壊す側の人間だったはず、怪獣側だったはずなのに、こんなところで壊す側の人間に壊されるのか・・・? 円は混乱します・・・ そんな彼に、淡々と漆間はこれから行う拷問内容を説明していました。

16
「おじいちゃん!」 漆間はすぐに扉の中へと入ろうとしましたが、火の勢いが強すぎてとても中には入れそうにありません・・・ 中に祖父がいたとしたら無事ではすまないでしょう・・・ 必死に家の中へと入ろうとする漆間でしたが、突然自宅の壁を突き破るようにして祖父が飛び出してきました! 特殊部隊上がりの祖父であれば、この程度の火事はへっちゃらだろう・・・ こうやって脱出してきたのだからきっと大丈夫・・・ そんな安堵の気持ちが漆間の中に広がりましたが、助けようと祖父にかけよってすぐ、漆間は祖父の異変に気が付きます。

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

。 。 。

13
。 。

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

。 。 。

十字架のろくにん【3巻ネタバレ】三人目のターゲットは最悪の鬼畜野郎…卑劣過ぎる男に胸糞!

。 。

16