オグロ コンニャク ウオ。 オホーツク海, ベーリング海およびその近接海域から得られたクサウオ科の1新種と4稀種

アクアマリンふくしまは深海魚の宝庫!:深海魚・深海生物の見られるおすすめ水族館①

海・生命の進化 生体3種類 オウムガイ スポッテッドラットフィッシュ ヌタウナギ 親潮アイスボックス 生体31種類 標本2種類 アカゲンゲ アカドンコ アバチャン イヌゴチ イバラガニモドキ ウラナイカジカ オオグチボヤ オグロコンニャクウオ オシロイイバラモエビ キチジ クリオネ コオリカジカ ゴカクエゾイバラガニ コブシカジカ ザラビクニン ダイオウキジンエビ タマコンニャクウオ タラバガニ ダルマコンニャクウオ ツノモチダコ ツヤモロトゲエビ ニュウドウカジカ ハゴロモコンニャクウオ ヒメコンニャクウオ ベッコウタマガイ ベニオオグモ モロドケアカエビ ヤイトゲンゲ ヨコスジクロゲンゲ ラウスツノナガモエビ ラウスブドウエビ 標本2種類 ビクニン ガラス海綿 大陸棚から深海へ 生体23種類 標本1種類 生体 エビスダイ オオエンコウガニ オオグソクムシ キアンコウ ケガニ コツノガニ ゴトウホンヤドカリ スミレダコ ズワイガニ ダーリアイソギンチャク ダイコクサギフエ タカアシガニ テナガオオホモラ テングトクビレ ナガツカ ナヌカザメの卵 ニセナメトクビレ ハシキンメ ボタンえび ホテイウオ マルアオメエソ ミズダコ ヤナギダコ 標本:ラブカの卵 シーラカンスの世界 標本2種類 アフリカシーラカンス インドネシアシーラカンス この情報は、訪問時に数えたもので、現在見られるかどうかはわかりません。 写真掲載済み アカネズミ アオダイショウ ユーラシアカワウソ ギヤマンクラゲ ダイオウウニ アメリカカブトガニ テラマチオキナエビス ミドリシャミセンガイ ヒガシナメクジウオ クロヌタウナギ スポッテッドラットフィッシュ シロチョウザメ アリゲーターガー ネオケラトドゥス・フォルステリィ オオサンショウウオ ネコザメ ニッコウイワナ ヤマメ アカハライモリ コイ ナマズ モツゴ アメリカザリガニ タイリクバラタナゴ ニゴイ ウグイ オイカワ スナゴカマツカ イトヨ(太平洋系陸封型) ミナミメダカ シナイモツゴ ギンブナ ヤリタナゴ チリメンカワニナ キタノアカヒレタビラ ゼニタナゴ ボラ ビリンゴ(婚姻色) ビリンゴ ユビナガホンヤドカリ ユビナガスジエビ カズナギ シロギス ヨウジウオ ネズミゴチ アメフラシ サビハゼ サンゴタツ アオタナゴ ハタタテヌメリ シロメバル チゴダラ チダイ クロダイ クロソイ ミドリイソギンチャク ケヤリムシ イソギンポ クラカケアザラシ ゴマフアザラシ トド エトピリカ ウミガラス スナヤツメ南方種 ニホンウナギ タネカワハゼ アカボウズハゼ(オス) オニヌマエビ スマトラオオヒラタクワガタ コーカサスオオカブト オオクチユゴイ クラウンローチ ダトニオイデス・プルケール ファイヤースパイニーイール レッドフィンバルブ アジアアロワナ オニボラ ミナミトビハゼ スネナガエビ ナミハゼ ミツボシゴマハゼ コモチサヨリ サツキハゼ ヤエヤママングローブシジミ セスジタカサゴイシモチ ノボリハゼ テッポウウオ ヤエヤマノコギリハゼ オイランハゼ ケショウハゼ クマノコハゼ スザクサクラエビ オトヒメエビ キイロサンゴハゼ ヘ コアユ インドカエルウオ ヒレフリサンカクハゼ トゲチョウチョウウオ フエヤッコダイ フウライチョウチョウウオ ヒレナガハギ ツマリテングハギ ミヤコテングハギ ミナミハタタテダイ ナンヨウハギ メガネモチノウオ ロクセンヤッコ キンメモドキ ハナゴイ スミレナガハナダイ(雌) スミレナガハナダイ(雄) ニセゴイシウツボ アオヒトデ ホンソメワケベラ チンアナゴ ツキチョウチョウウオ ミゾレチョウチョウウオ ホシダカラ ムチカラマツ カミクラゲ オグロコンニャクウオ(幼魚) オグロコンニャクウオ ハダカカメガイ ラウスブドウエビ ベニオオウミグモ キタモエビモドキ キタイバラガニ シラユキモロトゲエビ シレトコモロトゲエビ オシロイイバラモエビ ダイオウキジンエビ ラウスツノナガモエビ ナメダンゴ ウラナイカジカ クマガイウオ コオリカジカ ウケクチコオリカジカ オオカミウオ アツモリウオ トクビレ オグロコンニャクウオ キチジ フサギンポ ヤナギノマイ オニカジカ ケムシカジカ ヤイトゲンゲ スミツキメダマウオ ヤギシリカジカ ハコダテギンポ タマコンニャクウオ アバチャン ベニズワイガニ ヨコスジクロゲンゲ シロブチヘビゲンゲ ナガガジ コブシカジカ ベッコウタマガイの一種 ホテイウオ(幼魚) タケギンポ ボウズイカ タラバガニ イバラガニモドキ コブダイ マトウダイ マボヤ エゾイソアイナメ オキタナゴ チカ カラスエイ マイワシ メバチ カツオ ギンカガミ サンマ ミズダコ キタミズクラゲ ヒゲウミシダ キアンコウ タカアシガニ サンゴノフトヒモ ズワイガニ ヤナギダコ ケガニ コブシカジカ ユメカサゴ イガグリホンヤドカリ ヤマトコブシカジカ スミレダコ テラオボタンエビ ボタンエビ ゴトウヤドカリ オオグソクムシ ダーリアイソギンチャク コンペイトウ ガンコ エンコウガニ デバスズメダイ フェネック ピラニアナッテリー サカサナマズ グッピー プラティ ミズクラゲ ニシキエビ ソメンヤドカリ アメリカウミザリガニ トラフカラッパ ヤマトカラッパ オニダルマオコゼ オオモンカエルアンコウ マダコ ポットベリーシーホース ホウセキキントキ ミノカサゴ ミナミハタンボ ワカウツボ ウミウ メキシコサラマンダー レッサースローリス マダガスカルオオゴキブリ グリーンパイソン ゼブラオーロラ 鳥海和金(ちょうかいわきん) 庄内金魚(しょうないきんぎょ) キラキラ いわきフラッコ ブリストル朱文金 桜東錦(さくらあずまにしき) 桜錦(さくらにしき) 江戸錦(えどにしき) ジャンボ獅子頭(じゃんぼししがしら) 隼人錦(はやとにしき) 短尾珍珠鱗(ピンポンパール) キャリコ琉金(きゃりこりゅうきん) 蝶尾(ちょうび) 柳出目金(やなぎでめきん) 写真未掲載 アズマヒキガエル オオコノハズク アムールチョウザメ ロングノーズガー スポッテッドガー マツモムシ ゲンゴロウ ミズカマキリ クロゲンゴロウ オオミズスマシ シマゲンゴロウ コシマゲンゴロウ マルガタゲンゴロウ ヒメゲンゴロウ ヌカエビ カワニナ タモロコ アブラハヤ タナゴ ギバチ シマヨシノボリ ホトケドジョウ ヒガシシマドジョウ トウキョウダルマガエル カネヒラ トウヨシノボリ マルタニシ スジエビ アシナガスジエビ ニホンスナモグリ ウリタエビシャコ タケギンポ スジハゼ アミメハギ クサフグ ツノモエビ ヒラコブシ オホーツクホンヤドカリ アラメ ショウサイフグ イセエビ アカバギンナンソウ キツネメバル アイナメ クジメ エゾハリイカ アオウミウシ シロウミウシ ヒダベリイソギンチャク ケアシホンヤドカリ アカザラガイ エゾアワビ アカオビシマハゼ ヨロイイソギンチャク ナベカ アゴハゼ イダテンカジカ ホンヤドカリ イシダタミ ウメボシイソギンチャク ミナミテナガエビ ナンヨウボウズハゼ(オス・メス) ジャノメイシガメ タメトモハゼ タネカワハゼ オニテナガエビ マレーハコガメ ゴシキタメトモハゼ パールグラミー ウツボカズラの仲間 キバウミニナ ヒナハゼ インコハゼ カニノテムシロガイ ベニシオマネキ サザナミフグ スジモヨウフグ ヒメシオマネキ ナミダカワウツボ アミメカワヨウジ ハゴロモハゼ マツゲハゼ アマミイシモチ ホソスジマンジュウイシモチ カスミハゼ ハスジマハゼ ネオンテンジクダイ イボヤギ ヒレシャコガイ クダゴンベ クサビライシ属の一種 ウミキノコ属の一種 ミズタマサンゴ ツツミウミヅタ トゲトサカ属の一種 チョウハン ニセフウライチョウチョウウオ スダレチョウチョウウオ カスミチョウチョウウオ チョウチョウウオ シマハタタテダイ ケラハナダイ ミカドチョウチョウウオ ウスモモテンジクダイ アオスジテンジクダイ スミツキアトヒキテンジクダイ イトマンクロユリハゼ スカシテンジクダイ ハナビラダカラ リュウキュウミゾヤギ サザナミハゼ スジハナダイ オドリカラマツ アカシマシラヒゲエビ バイカナマコ ソリハシコモンエビ マガキガイ オコゼカジカ クロコオリカジカ ニジカジカ ギスカカジカ シモフリカジカ ハナブサギンポ ガジ アキギンポ イヌゴチ コマイ アカゲンゲ クロガジ カンテンナマコ カイメンホンヤドカリ ウミタナゴ リュウグウハゼ ホッカイエビ ニシン ハガツオ コシナガ キハダ カタクチイワシ オキナマコ ハシキンメ エビスダイ ヤナギムシガレイ ボウズギンポ マダラ ゴカクヒトデ キタクシノハクモヒトデ マンジュウイシモチ ハナビラクマノミ シライトイソギンチャク ギンガハゼ アオリイカ ハタゴイソギンチャク リュウキュウスガモ カクレクマノミ ウシガエル デンキナマズ イセエビ カノコイセエビ シマイセエビ セミエビ ウツボ ナミマツカサ マダイ イシダイ タカノハダイ カワハギ ムシロガイ 楊貴妃 幹之 スイホウガン チョウテンガン 玉黄金(たまこがね) 花房(はなふさ) 大阪蘭鋳(おおさからんちゅう) 蘭鋳(らんちゅう) 黒蘭鋳(くろらんちゅう) 黒出目金(くろでめきん) 出目金(でめきん) 琉金(りゅうきん). 藤倉克則・奥谷喬司・丸山正編著 『潜水調査船が観た深海生物 - 深海生物研究の現在』 2008年 外部リンク [ ]• Farrell 『Deep-Sea Fishes』 Academic Press 1997年• 本種は, 粛が犬歯状で後方へそりかえっていること, 鯉孔が胸鰭まで達しないこと, 胸鰭の最上鰭条が主上顎骨後端より下方に位置すること, 胸鰭条数が26-31本であること, 腹膜が淡色七あること, また胃が黒いことなどで, 他種と区別される、オホーツクコンニャクウオ 新称 C. 「イオンモールいわき 小名浜 ( おなはま )」バス 停 ( てい ) 下車 ( げしゃ )、 徒歩 ( とほ ) 約 ( やく )5 分 ( ふん ) 休館日 ( きゅうかんび ) 年 ( ねん ) 中 ( じゅう ) 無休 ( むきゅう ) 開館時間 ( かいかんじかん ) 午前 ( ごぜん )9 時 ( じ )~ 午後 ( ごご )5 時半 ( じはん ) ( 夏期 ( かき )・ 冬期 ( とうき )・ 繁忙 ( はんぼう ) 期 ( き )は 変 ( か )わります). 参考文献 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

分類 [ ] クサウオ科にはNelson(2006)の体系において29属334種が認められている一方 、には31属364種(2亜種を含む)が記載される。

オグロ コンニャク ウオ

。 。 。

10

オグロクロユリハゼ

。 。 。

19
。 。

オグロ コンニャク ウオ

。 。

13

アクアマリンふくしまは深海魚の宝庫!:深海魚・深海生物の見られるおすすめ水族館①

。 。

。 。

オグロクロユリハゼ

。 。

17

大人も楽しめる!深海魚・深海生物がいる水族館11選!新種&貴重&不思議が満載!

。 。 。

6
。 。

オホーツク海, ベーリング海およびその近接海域から得られたクサウオ科の1新種と4稀種

。 。 。

14
。 。

素人が作ったお魚図鑑|カサゴ目クサウオ科

。 。 。

。 。

オグロクロユリハゼ

。 。 。

19

カニから産まれる…アイビクニン!日本初確認!|アクアマリンふくしま

。 。 。

10
。 。