五輪 日本 メダル。 【東京五輪】「五輪史上最も不公平な大会」で日本メダル量産、公平性欠如しまくりの追い風吹く|日刊ゲンダイDIGITAL

五輪メダル候補の日本選手 なぜ早々に敗退? なぜ調整に失敗?

:マラソン 金 2004 アテネ [ ]• :マラソン 銅 1968 メキシコシティー [ ]• :マラソン 銅 2000 シドニー [ ]• : 銅 2020 東京 [ ]• (): 出場せず 新体操 [ ]• シングルスカル: 敗者復活戦敗退(7分32秒53) セーリング [ ] コーチ: コーチ:• : 銅 2016 リオデジャネイロ [ ]• 男子: 10位 バレーボール [ ] 男子 [ ] ヘッドコーチ: コーチ: アシスタントコーチ:• 0) ボクシング [ ] 監督: コーチ:斎藤義信• 2 km個人ロード・レース: 40位(2時間40分12秒) ハンドボール [ ] 監督: コーチ:• 夏のオリンピックの日本のメダル数の推移 回数 年 場所 金 銀 銅 第1回 1896年 アテネ(ギリシャ) 日本は不参加 第2回 1900年 パリ(フランス) 日本は不参加 第3回 1904年 セントルイス(アメリカ) 日本は不参加 第4回 1908年 ロンドン(イギリス) 日本は不参加 第5回 1912年 ストックホルム(スウェーデン) 0 0 0 第6回 1916年 ベルリン(ドイツ) 中止 第7回 1920年 アントワープ(ベルギー) 0 2 0 第8回 1924年 パリ(フランス) 0 0 1 第9回 1928年 アムステルダム(オランダ) 2 2 1 第10回 1932年 ロサンゼルス(アメリカ) 7 7 4 第11回 1936年 ベルリン(ドイツ) 6 4 8 第12回 1940年 ヘルシンキ(フィンランド) 中止 第13回 1944年 ロンドン(イギリス) 中止 第14回 1948年 ロンドン(イギリス) 日本は不参加 第15回 1952年 ヘルシンキ(フィンランド) 1 6 2 第16回 1956年 メルボルン(オーストラリア) 4 10 5 第17回 1960年 ローマ(イタリア) 4 7 7 第18回 1964年 東京(日本) 16 5 8 第19回 1968年 メキシコシティー(メキシコ) 11 7 7 第20回 1972年 ミュンヘン(西ドイツ) 13 8 8 第21回 1976年 モントリオール(カナダ) 9 6 10 第22回 1980年 モスクワ(ソ連) 日本は不参加 第23回 1984年 ロサンゼルス(アメリカ) 10 8 14 第24回 1988年 ソウル(韓国) 4 3 7 第25回 1992年 バルセロナ(スペイン) 3 8 11 第26回 1996年 アトランタ(アメリカ) 3 6 5 第27回 2000年 シドニー(オーストラリア) 5 8 5 第28回 2004年 アテネ(ギリシャ) 16 9 12 第29回 2008年 ペキン(中国) 9 6 10 第30回 2012年 ロンドン(イギリス) 7 14 17 第31回 2016年 リオデジャネイロ(ブラジル) 12 8 21 第32回 2020年 東京(日本) これから! 中止の箇所は世界大戦の影響等です。 (): 出場せず 馬術 [ ] コーチ:•。

5
フリースタイル100 kg級: 5位 柔道 [ ] 監督: コーチ: コーチ:• (): 出場せず 体操 [ ] 監督: 男子コーチ: 女子コーチ: 女子チームリーダー: 新体操コーチ: ピアニスト:石崎弘子 体操競技 [ ]• ウエルター級: 2回戦敗退 フェンシング [ ] 監督: コーチ:藤沢義彦• 障害飛越団体: 11位 本部 [ ]• 女子フルーレ団体: 8位 アーチェリー [ ] 監督: コーチ:• ・(シンクロナイズドスイミング・デュエット) 陸上競技 [ ] 「」も参照 監督: コーチ: コーチ: コーチ: コーチ:• :マラソン 銀 1992 バルセロナ [ ]• 人員: 選手 231人、役員 77人 主将:、旗手:• 回数 年 場所 金 銀 銅 第1回 1924年 シャモニー・モンブラン(フランス) 日本は不参加 第2回 1928年 サンモリッツ(スイス) 0 0 0 第3回 1932年 レークプラシッド(アメリカ) 0 0 0 第4回 1936年 ガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ) 0 0 0 第5回 1948年 サンモリッツ(スイス) 日本は不参加 第6回 1952年 オスロ(ノルウェー) 0 0 0 第7回 1956年 コルチナ・ダンペッツオ(イタリア) 0 1 0 第8回 1960年 スコーバレー(アメリカ) 0 0 0 第9回 1964年 インスブルック(オーストリア) 0 0 0 第10回 1968年 グルノーブル(フランス) 0 0 0 第11回 1972年 札幌(日本) 1 1 1 第12回 1976年 インスブルック(オーストリア) 0 0 0 第13回 1980年 レークプラシッド(アメリカ) 0 1 0 第14回 1984年 サラエボ(ユーゴスラビア) 0 1 0 第15回 1988年 カルガリー(カナダ) 0 0 1 第16回 1992年 アルベールビル(フランス) 1 2 4 第17回 1994年 リレハンメル(ノルウェー) 1 2 2 第18回 1998年 長野(日本) 5 1 4 第19回 2002年 ソルトレークシティー(アメリカ) 0 1 1 第20回 2006年 トリノ(イタリア) 1 0 0 第21回 2010年 バンクーバー(カナダ) 0 3 2 第22回 2014年 ソチ(ロシア) 1 4 3 第23回 2018年 ピョンチャン(韓国) スポンサーリンク 日本の五輪のメダル数の推移から考察 さて次に、このデータを基にしていくつかのシーズンに分類します。

五輪「日本大躍進」報道のウソ、日本がメダル量産国になれない理由

。 。 。

オリンピックの陸上競技・日本人メダリスト一覧

。 。 。

14
。 。

五輪メダル候補の日本選手 なぜ早々に敗退? なぜ調整に失敗?

。 。

2

東京五輪、日本は金メダル31個!?データ専門会社が導き出した最多11個の金メダル予想の種目とは? (2019年5月11日)

19
。 。

日本の歴代夏冬五輪獲得メダル数一覧、東京五輪で最多記録更新は?|【SPAIA】スパイア

6

東京2020で史上最多58個のメダル獲得―金は27個 : 日本の夏の五輪メダル数

。 。

18
。 。

コロナ禍の東京五輪閉幕 日本、メダル58個―リオ上回り最多〔五輪〕:時事ドットコム

。 。 。

4
。 。

コロナ禍の東京五輪閉幕 日本、メダル58個―リオ上回り最多〔五輪〕:時事ドットコム

。 。

4

1964年東京オリンピックのメダル受賞数一覧

。 。

8
。 。