ウェルニッケ 脳症。 ウェルニッケ脳症とは

ウェルニッケ脳症

症状の現れ方 脳内の非常に特異的な場所( 乳頭体 にゅうとうたい 、中脳水道周囲、 視床 ししょう など、)が病変の好発部位となります。 また妊娠 悪阻 おそ ()で食事ができなくなって長期に点滴治療を受けたところ、点滴中にB 1が入っていなかったために発症した例などの、医療過誤によるものも報告されています。 慢性期になると、 見当識 けんとうしき 障害、健忘、 記銘力 きめいりょく 障害など、いわゆる物忘れの症状が主体となります。

10
眼球運動障害は 外直筋麻痺 がいちょくきんまひ (外方に眼を動かせない)による 内 ないしゃし の形をとることが多く、 瞳孔 どうこう の異常などを起こすはまれです。 。

1.記憶障害

。 。

ウェルニッケ脳症

。 。

ウェルニッケ脳症|脳・神経・筋の病気|分類から調べる|病気を調べる|病気解説2600項目|根拠にもとづく医療情報の提供|家庭の医学 大全科

。 。 。

4
。 。

1.記憶障害

。 。

11

1.記憶障害

。 。 。

10

ウェルニッケ脳症とは

。 。 。

2