更年期 障害。 54歳、更年期障害のホルモン療法で感じたこと。「老化」を受け入れたら自由に

【更年期コラム】更年期で眠い!眠気の原因と改善策3つ

更年期障害の症状例 血管運動神経症状 顔の火照り、ホットフラッシュ、異常発汗、動悸、眩暈、 精神神経症状 情緒不安、イライラ、不安感、抑うつ、不眠、頭重感 その他の症状• 後山尚久、 心身医学 48巻 2008 12号 p. 高橋晴人、佐藤征嗣、 ファルマシア 49巻 2013 5号 p. 就寝・起床時間を一定にする:身体の体内時計を整える 太陽の光を浴びる:メラトニンの分泌を抑え、夜に分泌を増やす作用 適度な運動:身体的なストレスの解消 寝る前のリラックスタイム:副交感神経を優位に睡眠の質を高める 寝酒をしない:実は寝つきが悪くなる原因、途中で目が覚めてしまうこともあるので注意 寝る前の携帯やテレビに注意:寝る前の強い光は、脳を活性化してしまい、不眠の原因に繋がります。 神経症、うつ病、統合失調症などの精神疾患との鑑別には、心理テストの Cornell medicalindex()健康調査表や Self-rating Depression Scale()などが使用されるが 、これら精神疾患と更年期障害は合併することもあり精神科専門医との共同診療がしばしば必要とされる。 詳細は「」を参照 心理療法 [ ] 精神科医や心療内科専門医の協力下に、、なども行われる。

更年期障害セルフチェック 白土先生よりご提供:昭和大学病院産婦人科で使われている健康調査票(日本人女性の更年期症状評価表 日産婦誌2001 昭和大学病院産婦人科の健康調査の項目(診察時に使用) ・顔や上半身がほてる(あつくなる) ・汗をかきやすい ・夜、なかなか寝つかれない ・夜眠っても眼を覚ましやすい ・興奮しやすく、イライラすることが多い ・いつも不安感がある ・ささいな事が気になる ・くよくよし、憂うつなことが多い ・無気力で、疲れやすい ・眼が疲れる ・物事が覚えにくかったり、物忘れが多い ・がする ・胸がドキドキする ・胸がしめつけられる ・頭が重かったり、がよくする ・肩や首がこる ・背中や腰が痛む ・手足の節々(関節)の痛みがある ・腰や手足が冷える ・手足(指)がしびれる ・最近、音に敏感である 上記の票は、実際に昭和大学病院の更年期外来で使っている健康調査票 (注)です。

更年期障害の症状と原因|更年期障害・更年期の悩みのことなら更年期ラボ

抑うつ症状が強い場合は 選択的セロトニン再取り込み阻害薬 や セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬 が第一選択となる。 小林和裕、「」 埼玉医科大学雑誌 2003年 30巻 1号 p. 診断 [ ] 更年期障害の評価には患者自身の症状を点数化した Kupperman(クッパーマン)更年期指数が世界的に使用されていたが 、点数化の手法に問題があり 、2014年現在では使用されなくなっている。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日本女性の更年期症状発現の割合 更年期障害の発現因子 更年期障害の発現には、加齢やエストロゲンの欠乏といった身体的ストレスに加えて、性格などから由来する心理的因子、仕事や家族関係 家庭環境 などに起因する社会的因子が重なって関与します。

ホルモン補充療法 [ ] 閉経前後に体内で不足してきた女性ホルモン(エストロゲン)を、飲み薬(経口剤)や貼り薬()として補充する HRT が行われる。

「更年期うつ」の妻をたった1ヵ月で救い出した夫の行動

田中哲二、 産婦人科の進歩 54巻 2002 6号 p. 初期 気の不調(気虚・気滞) 憂鬱やイライラなどの精神不安 顔が赤くなる、ほてり、のぼせなどの熱感 急な発汗(ホットフラッシュ)、頻尿など 中期 血の不調(血虚・血瘀) 動悸・息切れ、手足の冷え、手足の脱力感やしびれ、 不眠、焦燥感や不安感、高血圧、頭痛、頭重 月経の乱れなど 後期 水の不調(津虚・水滞) 悪心、嘔吐、めまい、耳鳴りなど いま症状が出ていなくても、加齢と共にこれから症状が出る可能性は大いにあります。 。 。

。 。

更年期障害の症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

。 。

12
。 。

健やかな毎日のための更年期障害ガイド|原因・症状・対策法からセルフチェックまで

。 。 。

13
。 。

54歳、更年期障害のホルモン療法で感じたこと。「老化」を受け入れたら自由に

。 。 。

11
。 。