遺伝 的 アルゴリズム えっち。 えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

遺伝的アルゴリズムで画像を生成

赤=1111 1111 0000 0000 0000 0000 緑=0000 0000 1111 1111 0000 0000 青=0000 0000 0000 0000 1111 1111 すなわち、赤を変化すると適応関数によって差が大きくて、青を変化するより不適応になってしまう。

6
迷走するおっぱい (3200世代~3290世代頃) 3233世代 3236世代 3285世代 その後迷走が続き、もう片方のおっぱいができたと思えば位置が悪く消滅する。 ハエそっくりな模様を持つモンウスギヌカギバ Macrocilix maia from Wikipedia "Macrocilix maia". 4000世代 5000世代 6000世代 7000世代 8000世代 9000世代 10000世代 8000世代頃には上肢も獲得され、完全な人体が完成する。

遺伝的アルゴリズムで画像を生成

図1 遺伝子の暗号化 説 色体1 3 三角 ポリゴンの種類 1. 0 高さ 4 z軸 0. 0 点C x,y 10 z軸 0. おっぱい形成期 (2600世代~2800世代頃) 2693世代 2739世代 2600世代を過ぎた頃からおっぱいの原型が現れ始める。 。 3588世代 3659世代 そして美女へ… (3700世代頃~) 3500世代以降には 頭部が復活し、それを契機に再び人体の形成に向かう。

。 。

えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

8
。 。

えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

。 。 。

。 。

えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

6
。 。

えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

15

えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

。 。 。

遺伝的アルゴリズムで画像を生成

。 。 。

。 。

遺伝的アルゴリズムで画像を生成

8
。 。

えっち画像の進化を生物学の視点で考察してみる試み|不埒ンチャク|note

。 。 。

20