じゃがいも 牛肉。 牛肉とじゃがいものみそ煮 byほりえさちこさんの料理レシピ

レシピ

『もしかあの女は遠からず死ぬるのじゃアあるまいか』という一念が 電 ( いなずま )のように僕の心中最も暗き底に 閃 ( ひらめ )いたと思うと僕は思わず 躍 ( おど )り上がりました。 「イヤお恥しいことだが僕は御存知の 女気 ( おんなけ )のない通り詩人気は全くなかった、『権利義務』で一貫して了った、どうだろう僕は余程俗骨が発達してるとみえる!」と綿貫は頭を 撫 ( なで )てみた。

17
それで僕も色々と想像を描いていたので、それを恋人と語るのが何よりの 楽 ( たのしみ )でした、矢張上村君の 亜米利加 ( アメリカ )風の家は僕も大判の洋紙へ鉛筆で 図取 ( ずどり )までしました。 尤 ( もっと )も僕と最初から理想を一にしている友人、今は 矢張 ( やっぱり )僕と同じ会社へ出ているがね、それと二人で開墾事業に取掛ったのだ、そら、竹内君知っておるだろう 梶原 ( かじわら )信太郎のことサ……」 「ウン梶原君が!? あれが 矢張 ( やっぱり )馬鈴薯だったのか、今じゃア豚のように 肥 ( ふと )ってるじゃアないか」と竹内も驚いたようである。

【きょうの料理】黄金比で「牛肉とじゃがいもの煮物」大原千鶴の10分煮物

ところが又先方は 甘 ( うま )いことを話して聞かすんです。 彼は 最早 ( もう ) 余程 ( よほど )酔っていた。

ハッハッハッハッハッハッハッハッ」 「人に驚かして 貰 ( もら )えば しゃっくりが止るそうだが、何も平気で居て牛肉が 喰 ( く )えるのに好んで 喫驚 ( びっくり )したいというのも 物数奇 ( ものずき )だねハハハハ」と綿貫はその太い腹をかかえた。 もし僕の願が叶わないで以て、大哲学者になったなら僕は自分を冷笑し自分の 顔 ( つら )に『 偽 ( いつわり )』の一字を 烙印 ( らくいん )します」 「何だね、早く言いたまえその願というやつを!」と松木はもどかしそうに言った。

【きょうの料理】黄金比で「牛肉とじゃがいもの煮物」大原千鶴の10分煮物

どうか 少女 ( むすめ )を今一度僕の手に返したい。

……要領を得ないたア何だ! 大に要領を得ているじゃアないか、君等は牛肉党なんだ、牛肉主義なんだ、僕のは牛肉が最初から嗜きなんだ、主義でも ヘチマでもない!」 「大に賛成ですなア」と 静 ( しずか )に 沈重 ( おちつ )いた声で言った者がある。 諸君は牛肉と 馬鈴薯 ( いも )とどっちが 可 ( い )い?」 「牛肉が可いねエ!」と松木は又た眠むそうな声で真面目に言った。

【きょうの料理】黄金比で「牛肉とじゃがいもの煮物」大原千鶴の10分煮物

「それでは 全 ( まる )で小説ですが、幸に小説にはなりませんでした。 「堕落? 堕落たア高い処から低い処へ落ちたことだろう、僕は 幸 ( さいわい )にして最初から高い処に居ないからそんな 外見 ( みっとも )ないことはしないんだ! 君なんかは主義で馬鈴薯を喰ったのだ、 嗜 ( す )きで喰ったのじゃアない、だから牛肉に 餓 ( う )えたのだ、僕なんかは嗜きで牛肉を喰うのだ、だから最初から、餓えぬ代り今だってがつがつしない、……」 「一向要領を得ない!」と上村が叫けんだ。 「イヤそれは 嘘言 ( うそ )だ、上村君にもし相手があったら北海道の土を 踏 ( ふま )ぬ先に変節していただろうと思う、女と言う 奴 ( やつ )が到底馬鈴薯主義を実行し 得 ( う )るもんじゃアない。

2
……アア 疲労 ( くたびれ )た! しかし最後に一 言 ( ごん )しますがね、僕は人間を二種に区別したい、 曰 ( いわ )く驚く人、曰く平気な人……」 「僕は 何方 ( どちら )へ属するのだろう!」と松木は笑いながら問うた。 「これを」と 出 ( いだ )した名刺には五号活字で岡本 誠夫 ( せいふ )としてあるばかり、何の肩書もない。

レシピ

「何も不思議は無いサ、その頃はウラ若いんだからね、岡本君はお 幾歳 ( いくつ )かしらんが、僕が同志社を出たのは二十二でした。

4
掲載ページ 料理 レシピ 動画のクラシル 材料 じゃがいも、牛こま切れ肉、塩、コショウ、ナツメッグ、固形ビーフスープの素、水 コメント 牛肉のうまみが、じわじわとじゃがいもにしみ込みます。

【「金麦」と合うお惣菜】ホクホクの食感がたまらない☆「北海道産じゃがいも牛肉コロッケ」|北海道エリアキャンペーン・イベント情報|サントリー

「それでも勇気を鼓して近づいてみると女でした、無論その顔は見えないが、路にぬぎ捨てある下駄を見ると年若の女ということが分る……僕は一切夢中で 紅葉館 ( こうようかん )の方から山内へ下りると 突当 ( つきあたり )にあるあの交番まで 駈 ( か )けつけてその由を告げました……」 「その女が君の恋していた 少女 ( むすめ )であったというのですかね」と近藤は冷ややかに言た。

16
「宇宙の不思議を知りたいという願ではない、不思議なる宇宙を驚きたいという願です!」 「 愈々 ( いよいよ )以て 謎 ( なぞ )のようだ!」と今度は井山がその顔をつるりと 撫 ( な )でた。 「イヤ僕も 喫驚 ( びっくり )したいと言うけれど、矢張り単にそう言うだけですよハハハハ」 「 唯 ( た )だ言うだけかアハハハハ」 「唯だ言うだけのことか、ヒヒヒヒ」 「そうか! 唯だお願い申してみる位なんですねハッハッハッハッ」 「矢張り道楽でさアハッハッハハッ」と岡本は 一所 ( いっしょ )に笑ったが、近藤は岡本の顔に言う可からざる苦痛の色を見て取った。

レシピ

これを 嘲 ( あざけ )るのはその心霊の 麻痺 ( まひ )を白状するのである。 「 其先 ( さき )を僕が言おうか、こうでしょう、 最後 ( おしまい )にその 少女 ( むすめ )が 欠伸 ( あくび )一つして、それで神聖なる恋が 最後 ( おしまい )になった、そうでしょう?」と近藤も 何故 ( なぜ )か真面目で言った。

「オルムスの大会で王侯の威武に屈しなかったルーテルの 胆 ( きも )は 喰 ( く )いたく思わない、彼が十九歳の時学友アレキシスの雷死を 眼前 ( まのあたり )に 視 ( み )て死そのものの秘義に驚いたその心こそ僕の欲するところであります。 元来 ( いったい )この倶楽部は夜分人の集っていることは少ないので、ストーブの煙は 平常 ( いつ )も昼間ばかり立ちのぼっているのである。

【きょうの料理】黄金比で「牛肉とじゃがいもの煮物」大原千鶴の10分煮物

僕は折り折り郊外を散歩しますが、この頃の冬の空晴れて、遠く地平線の上に国境をめぐる連山の雪を 戴 ( いただ )いているのを見ると、直ぐ僕の血は波立ちます。 しかし僕の悲痛は恋の相手の 亡 ( なく )なったが為の悲痛である。

然しそれは女が欠伸を 噛殺 ( かみころ )してその日を送っているに過ぎない、どうです君はそう思いませんか?」 「そうかも知れません、然し僕のは幸にその欠伸までに達しませんでした、先を聴いて下さい。 「その夜、 門口 ( かどぐち )まで送り、母なる人が 一寸 ( ちょっ )と上って茶を飲めと勧めたを辞し自宅へと帰路に 就 ( つ )きましたが、或 難 ( むずかし )い 謎 ( なぞ )をかけられ、それを解くと自分の運命の悲痛が 悉 ( ことごと )く 了解 ( わか )りでもするといったような心持がして、決して 比喩 ( ひゆ )じゃアない、確にそういう心持がして、気になってならない。

牛肉のじゃがいも巻き焼き by石原洋子さんの料理レシピ

「それから北の方へ防風林を一 区劃 ( くかく )、なるべくは林を多く取って置くことにしました。 驚きましたねエ、僕は頭から 冷水 ( ひやみず )をかけられたように感じて、 其所 ( そこ )に突立って了いました。

1
「そうです、それで僕の 総 ( すべ )ての希望が悉く水の 泡 ( あわ )となって了いました」と岡本の言葉が未だ終らぬうち近藤は左の如く言った、それが 全 ( まる )で演説口調、 「イヤどうも面白い 恋愛談 ( ラブだん )を聴かされ我等一同感謝の至に 堪 ( た )えません、さりながらです、僕は岡本君の為めにその恋人の死を祝します、祝すというが不穏当ならば喜びます、ひそかに喜びます、 寧 ( むし )ろ喜びます、 却 ( かえっ )て喜びます、もしもその 少女 ( むすめ )にして死ななんだならばです、その結果の悲惨なる、必ず死の悲惨に増すものが有ったに違いないと信ずる」 とまでは 頗 ( すこぶ )る真面目であったが、自分でも少し 可笑 ( おか )しくなって来たか急に調子を変え、声を低うし 笑味 ( えみ )を含ませて、 「何となれば、女は 欠伸 ( あくび )をしますから…… 凡 ( およ )そ欠伸に数種ある、その中 尤 ( もっと )も悲むべく憎くむ 可 ( べ )きの欠伸が二種ある、一は生命に 倦 ( う )みたる欠伸、一は恋愛に倦みたる欠伸、生命に倦みたる欠伸は男子の特色、恋愛に倦みたる欠伸は 女子 ( にょし )の天性、一は最も悲しむべく、一は尤も憎むべきものである」 と少し真面目な口調に返り、 「 則 ( すなわ )ち 女子 ( にょし )は生命に倦むということは殆どない、年若い女が時々そんな様子を見せることがある、然しそれは恋に渇しているより生ずる変態たるに過ぎない、 幸 ( さいわい )にしてその恋を得る、その後幾年月かは至極楽しそうだ、真に楽しそうだ、恐らく 楽 ( たのしみ )という字の全意義はかかる 女子 ( にょし )の境遇に 於 ( おい )て尽されているだろう。 復活して僕の面前で僕を売っても 宜 ( よろ )しい。