キング オブ タイム。 ここが凄いキングオブタイム!特徴からおすすめ理由まで徹底解説

KING OF TIME(キングオブタイム)で勤怠管理をする4つのメリット

KING OF TIME(キングオブタイム)とは? 「KING OF TIME(キングオブタイム)」は株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供元のクラウド型勤怠管理システムです。 メリット ・携帯電話(フィーチャーフォン)でも打刻ができる ・管理者が何人も作れて管理がしやすい(全権管理者ではなく一般管理者の作成) ・海外展開されているため海外支店やグローバルで使える ・英語版のサポートページもある ・オンラインデモで無料体験できる ・ショールームがある(業界初) とくに凄いのが勤怠管理システム業界の中で、始めてショールームを導入して、お客様との接点も作っていること。

勤怠管理KING OF TIME キングオブタイム の運営会社概要 ではここで、勤怠管理KING OF TIMEの運営会社をみていきましょう。

KING OF TIME(キングオブタイム)|財務・会計ソフトなら弥生

そもそもKING OF TIME(キングオブタイム)とは? 「KING OF TIME(キングオブタイム)」とは、勤怠管理を中心としたクラウドサービスの開発を行っている株式会社ヒューマンテクノロジーズが提供する、クラウド型の勤怠管理システムです。 利用前 利用後 毎回タイムカードの購入コストがかかる 格安な利用料のみで済む タイムカードやデータの管理コストが高い システムで一括管理でき管理コストが安い データを探すのに苦労する システム上ですぐ見つけられる 制限の開放 今までの勤怠管理は、特定の場所・タイミングが必要で、あまり柔軟な環境ではありませんでした。 チャットに入る=「出社」みたいな感覚です💡 在宅派遣スタッフも同様です🌸 勤怠管理KING OF TIME キングオブタイム について、おさらい 今回の記事では、勤怠管理KING OF TIMEの機能や、利用料金、導入事例といった具体的なことをご説明しました。

。 キングオブタイム(KING OF TIME)の評判と実態【2021最新】 勤怠管理システム「KING OF TIME」(キングオブタイム)は東京都港区に本社を置くヒューマンテクノロジーズが運営しているサービスです。

ここが凄いキングオブタイム!特徴からおすすめ理由まで徹底解説

徹底調査でわかった「KING OF TIME」(キングオブタイム)を使うべき人・会社 ここまで「KING OF TIME」(キングオブタイム)のメリット、デメリットを見てきましたが、このツールを使うべきはどんな人・会社なのでしょうか?理想的な利用者像の特徴をお伝えします。 ・従業員情報の申請(管理者が入力する必要なし) ・従業員情報の変更 ・マイナンバー対応 ・給料明細の発行(別途給与システムからデータを取り込む必要あり) ・権限管理 ・データのインポート、エクスポート など、各種人事に関わるデータを管理することができます。

KING OF TIME(キングオブタイム)の機能を紹介 「KING OF TIME(キングオブタイム)」には、次のような機能が搭載されています。 利用前 利用後 オフィスへの出社が必須 インターネットに繋がればどこでも打刻できる タイムカードが集まる月末月初が忙しい 最新データが保たれているため時期は関係ない 集計しないと全データが分からない リアルタイムに情報が確認できる 法改正 自社で内製した勤怠管理システム、または自社サーバーに入れるオンプレミス型の勤怠システムを購入している場合、働き方に関する法改正が発生した際には、改めてシステムを更新し直す必要があります。

勤怠管理システムKING OF TIME(キングオブタイム)の使い方や機能、メリットを解説!

勤怠管理KING OF TIME キングオブタイム のデメリット 勤怠管理KING OF TIMEは、導入にあたってのデメリットは見当たりません。

11
利用前 利用後 複数名でダブルチェック システムチェックのみ 入力ミスが発生しやすい システム補助で入力ミスが少ない 修正箇所を一人ひとりへ伝達 システムエラーで入力不備を予防 打刻漏れを一人ひとりへ伝達 システムで一斉通知(メール) 紙やエクセル管理だと最新データが分からなくなる システムで常に最新情報が保てる 残業の推移が分からない システムですぐに分かる タイムカードは本人以外でも打刻ができる 本人性を保った中で打刻ができるシステム アナログな伝達だと休暇情報が伝わっていない場合もある 休暇情報の管理ができ日数も簡単にカウント コスト・維持費 タイムカードに関して言えば、本体・紙・インクなど、管理コストがずっとかかり続け、そこにタイムカードの置き場所が加われば、コストは増すばかり。 勤怠管理KING OF TIME キングオブタイム の評判 ここからは、勤怠管理KING OF TIMEを導入した企業や、勤怠管理業務に携わっているビジネスパーソンの声を拾ってみます。

KING OF TIME(キングオブタイム)で勤怠管理をする4つのメリット

KING OF TIME(キングオブタイム)の機能 出典: キングオブタイムは、会社内の勤務ルールを反映した勤怠システムの構築が可能です。 デメリット ・問い合わせは管理者(admin)のみが可能 ・オペレーターへの相談は予約制 ・パソコンやスマートフォンがなければ使えない ・PCでの打刻だとクリックにより重複登録しやすいので訂正申請が必要な場合も ・テレワーク時に退勤していたとしても作業を続けていれば本当の勤怠は分からない これらのデメリット、実は他の勤怠管理システムでも言えることなので、キングオブタイムさんだけのデメリットではないものも多い。

勤怠管理KING OF TIME キングオブタイム の料金プラン では、勤怠管理KING OF TIMEの料金についてもご説明しましょう。

勤怠管理システム KING OF TIME(キングオブタイム)とは?導入メリットや流れについて解説!|株式会社ONE(オーエヌイー)

勤怠管理システム KING OF TIME(キングオブタイム)とは?導入メリットや流れについて解説!|株式会社ONE(オーエヌイー)

。 。